ブログの動画

 ここ数日、ブログの動画で遊んでいる気がする。
 デジカメの動画機能は貧弱だと思うから、現在冬眠状態にあるハイビジョンビデオを使おうと考えた。SDメモリーを使うタイプだからパソコンと親和性もあるだろうし。
 昨日、改めてビデオの取説を開き、更にサイトの動画に関するヘルプを参照に、夜中まであれこれやってみた。
 
 残念ながら、ビデオに記録するファイル形式とサイトで扱うファイル形式が合わないようだ。
 ハイビジョンの美しい画質をブログで披露できるかと思ったのだが・・・。
 ただ、理解不足なだけで、本当は可能なのかも知れない。
 或いは、変換ソフトを使うことでブログにアップすることが出来るかも知れない。

 簡単なのは、サイトで扱うファイルを使っているビデオにする事だろうと、いつもの「価格.com」で調べたら、マッチングがとれ、なおかつ評判の良い機種を見つけた。
 コンパクトなのにバッテリーが長時間使えて画像が良く、静止画の画質も良いそうだ。
 ただ、画角が望遠寄りだから、山では少々不満が残るかも知れない。
 
f0138096_13581413.jpg

           三洋のビデオカメラ HD1000  メーカーのHPより
 
# by tarumae-yama | 2008-01-16 14:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

千歳神社どんど焼き

 今日は千歳神社のどんど焼きがあった。
 寝坊をしたものだから、お汁粉のサービスに預かる事はかなわなかったが、煙を浴びて家族の無病息災を祈ってきた。
 
 写真を撮る隣で、若い妊婦がお腹をさすりながらお祈りしている姿が印象的であった。
 
f0138096_21454964.jpg

 
f0138096_2146018.jpg

                 前日の14日、同じ場所で
 
f0138096_21464315.jpg

    13日、札幌岳冷水小屋の先で急斜面の下りに手こずる私、Uさん撮影
# by tarumae-yama | 2008-01-15 21:51 | その他 | Trackback | Comments(0)

増補版 北海道スノーハイキング

 12日に北海道新聞社からHYML(北海道の山メーリングリスト)の会員が共同執筆した、タイトルの本が出版されたので、早速購入した。
 私もHYMLの会員だが、買うことでしか活動に協力していない存在感の薄い会員である。

 13日に札幌岳へ山スキーに誘われた折り、前日に慌てて同じスタイルで出版された「北海道雪山ガイド」の該当するページで予備知識を仕入れた。
 
 札幌岳から羊蹄山へと足を伸ばした一行のリーダーから昨日メールが届き、同じHYMLのメンバーである事を知り、驚いた。
 Uさんからも、我が家の自家製ハスカップリカーが、羊蹄山の麓のテント内で好評だったと電話があった。
  
f0138096_10521077.jpg

                   私の春山遊びのガイド本

 札幌岳頂上での動画だが、デジカメのマイクが風の強さを拾っている。
 (一昨日の動画は、私の鼻息ばかりで心苦しい。)
 動画が途中で止まったら、スライドバーをマウスでドラッグしてみてください。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-15 11:06 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

1月13日 札幌岳写真編

 
f0138096_11215252.jpg

    8時40分登山口をスタート、10分ほど前に外国人が単独で出発した。
 
f0138096_11234856.jpg

    スタートから1時間40分ほど歩くと目の前に冷水小屋が見えてきた。
 
f0138096_11253876.jpg

     GPSによると頂上までもう300m程、緩やかな登りだが風が強い。
 
f0138096_11271612.jpg

 12時40分、スタートから丁度4時間で強風の頂上に到着。正面奥に恵庭岳が見える。


 頂上直下での動画だが、正面の太陽光のためひどい画像となった。
 
       
                   明日、頂上で撮った最後の動画をアップしたい。
# by tarumae-yama | 2008-01-14 12:51 | アウトドア | Trackback | Comments(2)

1月13日 山スキーで札幌岳に登る。

 先日の記事でお知らせしたとおり、札幌のUさんと所属する山の会のメンバーに案内されて札幌岳(1293m)へ山スキーで行ってきた。
 予報は吹雪くということだったから、とても頂上まで行けないと思っていたが、良い方に外れてくれたお陰で、丁度4時間後に青空の広がる頂上に立つことが出来た。
 しかし、頂上の気温がマイナス16度、風も強かったからとてもゆっくり眺望を楽しむどころではなかった。
 写真を2,3枚撮って、スキーのシールを凍える手で外し、即下山開始。
 この冬はまだ雪が少なくて、滑走のコース取りには苦労した。
 それでも、さすがにスキー、下りは1時間40分ほどで無事登山口に到着。

 この冬初めての本格的な山スキー、それがいきなり中級の札幌岳と言うことで、下りの途中で太ももが何度も攣りそうになった。
 そのうえ、あれこれザックに詰め込んだから、転倒時には自分で起き上がるのがひどく困難であった。

 ともあれ、この厳冬時に1000mを超える山に登れるとは思ってもみなかったから、良い思い出となった。
 Uさんや山の会のメンバーには感謝してもしきれない。
 
f0138096_1851324.jpg

        登山開始前の一行、リーダーの胸には緑色のビーコンが見える。
 
f0138096_1862464.jpg

                 1時間50分後に冷水小屋に到着、休憩中の一行
 
f0138096_1873149.jpg

                  急斜面をトラバース中
 
f0138096_1883856.jpg

                 カシバードで表示してみた。
 
f0138096_1895256.jpg

                 GPSの軌跡をカシミールの地図で表示した。

 付いていくのがやっとで転んでばかりでもあったからとても滑走中の動画は撮れなかった。
 

   残りの写真は明日以降アップしたい。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-13 18:16 | 登山 | Trackback | Comments(0)

電気ポット

 気象庁のHPによると、今朝の新千歳空港の気温が-14.8度と出ていた。
 このところ真冬日の厳しい寒さが続いている。
 昨日の新聞には、前日の17~18時までの電気使用量が、552.7万キロワットで過去最高を記録したとあった。
 灯油の高騰で、我が家のようにボイラーを電気式にする家庭が増えていくだろうから、北電はこの寒波と原油高を内心喜んでいるに違いない。

 以前の記事で触れたが、家計に優しく地球環境にも優しいという商品の続報である。
 その後、マキタのコードレスクリーナーは、概ね満足して使っている。
 懸念は高価な充電池の寿命だけである。
 
 今回は電気ポットを紹介したい。
 タイガーのだが、とく子さんシリーズで「プレミア」と冠している程の自信作であるらしい。
 保温のための消費電力が10ワットと他機種よりほぼ半減している。
 確かに、高断熱を自慢するだけあって、電源を切っても半日はお茶に使える温度をキープしていた。

 これなら、安い深夜電力で沸かした後、魔法瓶機能で経済的に使えそうだ。
 
f0138096_115384.jpg

             タイガーの自信作? PVS-G300とく子さんプレミア
                                 価格.comのHPより
# by tarumae-yama | 2008-01-12 11:14 | その他 | Trackback | Comments(0)

目出し帽

 先日ブログで紹介したUさんから山スキーのお誘いがあった。
 あの過酷な知床岳の翌日、海別岳に登って以来もう2年近くご無沙汰している。
 所属する山の会のメンバーから同意が得られたので、13日、札幌岳へ行こう、とのこと。
 
 ビーコンは貸してくれるそうだが、個人装備のゴーグルやスパッツ等を納戸から取り出し、点検した。
 利尻島では冬の必需品であった目出し帽が見つからない。どうやら、息子がスノーボードに持って行き、そのままになっているらしい。
 仕方がないから、市内で買ってきた。
 眼の周りしか露出せず首まですっぽりだから、さすがに暖かい。
 山スキーのみではもったいないから、青葉公園の散歩時にも使ってみようと思う。
 
f0138096_17455130.jpg

 散歩の帰り、この格好で郵便局に行ったら間違えられてカラーボールが飛んでくるだろうか?
 
f0138096_1746597.jpg

  2006.4.29 知床岳中腹からバックに国後島の爺々岳(中央左)がくっきりと望める。
 
f0138096_1748111.jpg

                     2006.4.30 海別岳に向かうUさん
 
f0138096_1751047.jpg

                     海別岳の斜面を滑るUさん
 
f0138096_1751443.jpg

                   2006.4.30 下山後海別岳(中央)を写す。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-11 18:06 | アウトドア | Trackback | Comments(0)

宝くじ付き定期預金

 昨日の北海道新聞に、年末ジャンボ宝くじ付き定期預金から1等の当選が出たとあった。
 それによると、H銀行が200万円毎に10枚の連番宝くじを付けて預金者を募ったらしい。
 全国で65本の1等が、北海道では3本出てその内の1本とのことである。
 
 神様は、200万円も預金できるゆとりのある人をわざわざ選んだのかと、300円の当選?券3枚を前にグチが出る、ため息も出る。
 水は低きに金は高きに流れるものなのか?・・・。
 
f0138096_11114593.jpg

 年末の電柱工事は柱を立てたのみだったが、今朝はトランスを乗せたり、高圧電線の延伸工事をしているようだ。停電作業中に記事を書いているから、ノートパソコンのバッテリー切れにヒヤヒヤしている。
# by tarumae-yama | 2008-01-11 11:46 | その他 | Trackback | Comments(0)

千歳川のサケの遡上

 昨夜、電話で姪(ブログに非公開コメントを寄せてくれたモッチャン)と何年ぶりかで楽しく話をした。
 小学校に上がる前の幼い頃、ブランコで泣かせた思い出が鮮明だが、年賀状には大学生を筆頭に3人の母親云々、と書いてあったから年月の速さには驚いてしまう。

 私のブログでも動画を見ることが可能と知り、元の職場のMさんにアドバイスをもらったり、ヘルプを見たりして、挑戦してみた。
 コンパクトデジカメでの動画だから、どの程度の画質で見ることが出来るのか全く判らないが、千歳市内の中心部に架かる千歳橋から、千歳川に今も盛んに遡上するサケを撮影した。
 もうすっかり皮が擦りむけて痛々しい姿になっていたが、何匹も見ることが出来た。
 写真中央のボタンを押して動画を見ていただきたい。
 
# by tarumae-yama | 2008-01-10 17:41 | アウトドア | Trackback | Comments(5)

ベー・チェチョルのCD

 待ちに待ったベー・チェチョルのCDが宅配された。
 
 これがレコードなら、早速、静かに針を落としスクラッチノイズの後、1曲目の「フェデリコの嘆き」が始まった、となるのだろうか?
 しかし、CDでは、朗々としたテノールがいきなり(スピーカーの)コーン紙を振るわせた。

  今日はじっくりとベー・チェチョルのテノールを聴いていたい。
 
f0138096_131426.jpg

                       今朝届いたばかりのCD

 
# by tarumae-yama | 2008-01-10 13:17 | その他 | Trackback | Comments(0)