オコタンペ山、2018.12.21

この冬初めてのオコタンペ山に登ってきた。

ヤマレコやヤマップを見ても登ったという記録がなく、積雪が少なくて登れなかった場合は、すぐその場から別な山に転進しようと思いつつ。
だが、隣のイチャンコッペ山より積雪が多かった上に、何と道道から取り付きの急斜面にトレースがあった。

とは言うものの、急斜面の笹に乗った雪は柔らかくて、そのトレースを使ってもスノーシューの足元は頼りなく崩れることが多く、まるで蟻地獄のような辛さだった。

それだけに、私ならジグを切るような急斜面にほぼまっすぐ続いているトレースは驚きだった。
スノーシューの歩幅も広く、まだ雪が全然締まっていなくて足場の脆いこの時期に登る男性(多分)の不屈な精神力と横溢な体力に、私の知っている人だろうかとあれこれ想像した。

だが、そんな男性(多分)のトレースを使っても遅々として進まず、20分程で息が上がってしまった私は、後続のSさんに、見切りをつけて前日に登ったばかりのイチャンコッペ山に転進しようと弱音を吐いた。

結局もう少し頑張ってみようとなり、そこからSさんを先頭にジグを切りながら何とか登り切った。
最初の難関を突破した後は、強風のためにトレースが消えているところが多かったけれど、せいぜい沈んでも膝程度。

出だしのペースからは最悪4時間かかるかもと懸念したのだが、頂上直下の斜面は幸いにも蟻地獄というひどさはなく、ゲートからピークまで2時間半弱だった。

2月、3月の雪が締まっている時期なら1時間半程度の山だから1時間余分にかかったけれど、高齢者の我々にしてはまあまあ上出来だったと思う。
f0138096_13052599.jpg
ゲート前は除雪されていなくて、近くの駐車帯に停めスノーシューを履いてスタート。2日ほど前のスノーシューのトレースが延びていたので、恵庭岳に向かったのかオコタンペ山に向かったのか、後者の山なら嬉しいと思いつつ30分ほど進む
f0138096_13052889.jpg
スノーシューの経験の浅いS村さんに、あえてトレースを使わずまっさらの雪の上を登ってもらった。笹の上に乗った雪の頼りなさを実感したと思う
f0138096_13053201.jpg
最大の難所だが、トレースがあり大助かり
f0138096_13053508.jpg
だが、笹の上の雪はスリップしやすく蟻地獄のよう
f0138096_13053838.jpg
左手に恵庭岳が見えてきた。今日は晴天のはずが予報は大外れ
f0138096_13054354.jpg
雪が舞う中、前方に頂上部が見えてきた
f0138096_13055568.jpg
振り返ると、前日に登ったイチャンコッペ山が見える
f0138096_13060081.jpg
中央右下に氷結したオコタンペ湖が見える。左手に支笏湖とその上に太平洋が薄く輝いている
f0138096_13062434.jpg
頂上直下の斜面にジグを切って。バックに支笏湖
f0138096_13062746.jpg
同上
f0138096_13063056.jpg
下からソロの男性が現れた。我々のトレースを使っているのだろうけれど見ているととても速いペース
f0138096_13063362.jpg
直後に到着したソロの男性に撮ってもらう。バックに恵庭岳
f0138096_13063672.jpg
ソロの男性は千歳のIさん。恵庭岳の遭難事故に何度も出動していると。2年前の7月に江別の女性が遭難し、2ヶ月後に白骨遺体で見つかったけれど、その時も幾度となく自主的に捜索していたらしい
f0138096_13063936.jpg
この春には二つあった頂上標識が見当たらない。近くの木の高いところにこの標識があった
f0138096_13064409.jpg
漁岳方面に一寸進んだビューポイントからハート型のオコタンペ湖。雪が降っていてぼんやりしている
f0138096_13071513.jpg
前日に続き、Sさんから自家製の干し柿をいただく
f0138096_13071998.jpg
昼食後、下山開始
f0138096_13072294.jpg
f0138096_13072426.jpg
f0138096_13072770.jpg
登りで20分もがいて弱音を吐いた地点から下山は、道道まで僅か3分だった
f0138096_13072959.jpg
最後の最後で尻滑りをするS村さん
f0138096_13073176.jpg
無事、下山


# by tarumae-yama | 2018-12-24 00:11 | 登山 | Comments(2)

幌平山とイチャンコッペ山、2018.12.20ー同行者からの写真編ー

Sさんとぶるままさんから送られて来た写真をアップしようと思う。

Sさんは風邪の回復が長引いたり法事等があったりで一月ほど山から遠ざかり、体力が落ちたことを不安に感じていた様子。
ぶるままさんも冬山に入って最初の山だから、この時期の装備やウエア等にあれこれ迷っていると言っていた。

そんなこともあり、スノーシュー一つあればよい手軽なイチャンコッペ山を選択したのだが、もう一つ幌平山を登ってもまだまだ余裕たっぷりだったのは、さすがSさんとぶるままさんだと感じた。
f0138096_12102809.jpg
f0138096_12103016.jpg
f0138096_12103499.jpg
f0138096_12103775.jpg
f0138096_12104068.jpg
鏡餅?の作成中
f0138096_12104479.jpg
上の6枚は、Sさんの撮影
f0138096_12123829.jpg
f0138096_12124160.jpg
f0138096_12124399.jpg
f0138096_12124600.jpg
f0138096_12124905.jpg
f0138096_12125120.jpg
f0138096_12125450.jpg
上の7枚は、ぶるままさんの撮影


# by tarumae-yama | 2018-12-23 07:47 | 登山 | Comments(0)

幌平山とイチャンコッペ山、2018.12.20ーイチャンコッペ山編ー

我々が幌平山に登っている間に、イチャンコッペ山に向かう登山者がいるかと思っていたけれど、分岐まで下りてきても、そこから先に新たなトレースはなかった。

まあ、分岐から旧反射板ピークへの登りまでは大した積雪ではなく、この間はつぼ足でも良いくらい。
だが、旧反射板ピーク手前からは吹き溜まりなどもあり、イチャンコッペ山の頂上まではスノーシューがなければかなりしんどい思いをしたと思う。
我々は、柔らかく時には膝まで沈む雪のために先頭を交代しながら頂上に向かった。

結局、この日二つのピークに立ち下山するまでの間、誰一人として会うことがなかった。

幌平山の頂上からイチャンコッペ山の頂上まで1時間33分。昼食後イチャンコッペ山から登山口まで1時間27分だった。
f0138096_17532746.jpg
この急斜面を登ると旧反射板ピークが見えてくる
f0138096_17533080.jpg
前方に旧反射板ピーク。先頭を交代しながら
f0138096_17533380.jpg
恵庭岳の右手の漁岳や空沼岳方面は雪が降っている様子
f0138096_17533632.jpg
f0138096_17533908.jpg
旧反射板ピーク直下から振り返って
f0138096_17534284.jpg
イチャンコッペ山頂上に到着
f0138096_17534641.jpg
f0138096_17535293.jpg
f0138096_17540945.jpg
恵庭岳を前方に眺めながら下山開始
f0138096_17541260.jpg
中央付近に紋別岳
f0138096_17541566.jpg
f0138096_17541804.jpg
f0138096_17542175.jpg
無事、下山

# by tarumae-yama | 2018-12-22 07:33 | 登山 | Comments(0)

幌平山とイチャンコッペ山、2018.12.20ー幌平山編ー

冬型の気圧配置の時、支笏湖周辺の山では朝の晴天は当てにならないことが多い。
今朝のイチャンコッペ山駐車場の上空も、青空が広がっていたものの漁岳や空沼岳方面には雪雲がビッシリと連なっている様子。

今年の3月7日に登ったぶるままさんにとって初めて幌平山は、生憎の荒天で頂上からの眺望がなかった。

当初は、イチャンコッペ山を先に登って戻りの途中で幌平山に登頂する考えだった。
だが、その時には雪雲の襲来でまたも幌平山からの眺望が得られないことを懸念し、先に幌平山に取り付くことにした。

結果的にこの選択は正解だった。
ぶるままさんは2度目にして幌平山からの眺望を得ることが出来たのだから。

登山ポストから幌平山頂上まで、スノーシューの装着時間を含め1時間15分。
f0138096_23063184.jpg
f0138096_23063587.jpg
f0138096_23063907.jpg
f0138096_23064237.jpg
ぶるままさんと私は分岐にザックをデポし、カメラだけ持って北東尾根を登る
f0138096_23064652.jpg
f0138096_23065047.jpg
f0138096_23065385.jpg
f0138096_23065615.jpg
f0138096_23071832.jpg
f0138096_23072171.jpg
f0138096_23072408.jpg
f0138096_23072720.jpg
f0138096_23073068.jpg
f0138096_23073560.jpg
f0138096_23073917.jpg
f0138096_23074499.jpg
恵庭岳は雪が少なめに見えるから、第1見晴台までならアイゼンだけで登れるかも


# by tarumae-yama | 2018-12-21 07:38 | 登山 | Comments(2)

幌平山とイチャンコッペ山、2018.12.20ー速報版ー

長引いていた風邪がようやく完治しほぼ一月ぶりの山だというSさんと、これまた塩谷丸山以来一月以上ご無沙汰していたぶるままさんとの3人で、幌平山とイチャンコッペ山に登ってきた。

2日前に私は幌平山にスパイク長靴で登ったばかりだが、その後20cm以上積雪が増していたために、分岐から全員スノーシューを履いて頂上に立ち、そこからイチャンコッペ山までもスノーシューを装着したまま登った。

つぼ足で登れないこともないとは思うものの、幌平山の北東尾根と旧反射板ピークの下は吹き溜まっていたので難儀すると思うし、旧反射板ピークから先イチャンコッペ山頂上への稜線歩きも、膝上まで埋まりそうに感じた。
なので、スノーシューを使った方が楽だと思う。

とりあえず、速報版として写真を13枚載せた。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17462964.jpg
スノーシューをザックに、分岐まではつぼ足で
f0138096_17463376.jpg
幌平山の北東尾根上から、バックに旧反射板ピーク
f0138096_17463783.jpg
f0138096_17464040.jpg
中央に恵庭岳。年内にポロピナイコースで登りたいと思っているのだが、果たして
f0138096_17464394.jpg
幌平山の頂上標識の下でぶるままさんとSさん
f0138096_17464780.jpg
分岐まで下りたところで、Sさんから自家製の干し柿をいただく。甘くて最高!
f0138096_17465001.jpg
f0138096_17465390.jpg
恵庭岳と右に登ったばかりの幌平山
f0138096_17471795.jpg
旧反射板ピークの直下。吹き溜まっていて、先頭のぶるままさんは一寸しんどかった様子
f0138096_17472021.jpg
恵庭岳と手前に幌平山の北東尾根が見える
f0138096_17472313.jpg
イチャンコッペ山の頂上までもう2,3分
f0138096_17472672.jpg
ウサギの足跡。奥の風不死岳と樽前山は雪雲に包まれた
f0138096_17472921.jpg
鏡餅を作って一足早く正月気分

# by tarumae-yama | 2018-12-20 18:02 | 登山 | Comments(0)

指揮者にまつわる本

以前、ブログの文章が素晴らしいと、夕霧さんのことを紹介したことがある。
そして、彼女が記事で紹介していた有吉佐和子氏の「女二人のニューギニア」という本を、私が図書館から借りて来たとも何日か前に書いた。

その本をまだ半分しか読んでいないのは、併行して読んでいた池井戸潤氏の「七つの会議」が面白くてやめられなかったからなのだが、読了し、ようやく「女二人のニューギニア」にまた手を着けようとしたところ、図書館から電話があった。

これも夕霧さんがブログで紹介していた、写真の本を貸し出せると。
かなり厚さのある本が一度に2冊、何時もは予約した本が入るとメールでの連絡なのだが、この2冊の本は、道立図書館と札幌市西岡図書館から取り寄せた物だから、取り扱いに気をつけることと返却期日を守るよう口頭で伝えたかったらしい。

図書館で受け取るとき、確かに一冊には「汚損あり、取扱注意」の紙が添付されていた。
丁寧に扱って2冊を期日までに返せとのことだから、またまた「女二人のニューギニア」は後回しになりそうだ。

夕霧さんは、指揮者にまつわる本を紹介していた中で、カール・ベームは楽員からケチと思われていたと。
カール・ベームは昔から好きな指揮者で、レコードが擦り切れるほど聴いたこともあり、これらの本をぜひ読んでみたいと思った。

妻とは共通の友人の紹介で、昭和50年の2月に初めて会い、僅か2ヶ月の交際で婚約し、6月には結婚式を挙げた。
結婚が決まって結納を入れた4月6日の夜、札幌の厚生年金会館へウィーンフィルの演奏会に行った。
偶然、妻もそのコンサートのチケットを買っていたことを演奏会の直前まで知らなかったから、席は遠く離れていた。

その時来日した指揮者カール・ベームは、東京では指揮をしたのだが、札幌でタクトを振ったのは33歳のリッカルド・ムーティだった。
イタリア人の若きムーティは、愁いを含んで叙情的なブラームスの交響曲を、南国の太陽を思わせるようなただただ明るく演奏し、聴衆の度肝を抜いた(と思う)。

まあ、楽員に嫌われていたカール・ベームの指揮による演奏をやはり聴いてみたかったとは思う。

何だか、まとまりのない話になった(^^;)
f0138096_15543856.jpg
2018年12月19日の撮影

# by tarumae-yama | 2018-12-20 07:43 | 音楽 | Comments(0)

幌平山、2018.12.18

10月25日に登った時は、さすがに雪がなくて最後まで笹漕ぎに汗したけれど、今回はやっと雪山らしくなった。
前回の幌平山↓


とはいえ、まだ笹が埋まっていないからさすがに直登は難しかった。
なので、イチャンコッペ山と幌平山の分岐点から北東尾根に取り憑いた、もとい、取り付いた。

だが、雪が降っていたこととメガネが汗で曇っていて鹿道を見つけられず、笹に掴まりながら場所によっては膝上ラッセルになって大汗をかいた。

まあ、その間10分くらいで、尾根に乗ってしまえば、後は週末に登った人がいたらしく、そのトレースと鹿の足跡をたどって頂上まで15分ほどですんなり到着。

雪のために眺望は大してなかったけれど、それでも間欠的に青空が覗いて恵庭岳も支笏湖も不鮮明ながら見られた。

5日ぶりの山だが、多少天気が悪くても自然の中に身を置くことで得られる開放感は、やはり何物にも代えがたいと思う。

登山ポストから頂上まで55分、下りは35分

久しぶりに持って行ったキャノンのコンデジ、サイズや画質の設定が変わっていたのに気がつかず、お粗末な写真になってしまった(^^;)
f0138096_17315960.jpg
湖岸道路から、恵庭岳が雪雲に飲み込まれつつある
f0138096_17320278.jpg
一方、風不死岳や樽前山はスッキリと晴れている。右側に雪雲が見えるけれど
f0138096_17320502.jpg
11時半にスタートしたときは、駐車場に山岳救助隊員を乗せてきた消防車とワゴン車があったのみ。下山して来た右の男性Mさんは、支笏湖でカヌーの店を経営していると。冬は登山のガイドをしているのか。隣の男性は東京から来たお客さんらしい。悪天のためか途中で引き返したそうだ
f0138096_17320822.jpg
幌平山のトラバース地点から。中央上に頂上部が見えるが、斜面の笹が埋まっていないので直登はまだ無理だろう。今日はスパイク長靴で丁度良かった
f0138096_17321289.jpg
中央から右折するとイチャンコッペ山へ、左折すると幌平山への北東尾根
f0138096_17321603.jpg
北東尾根の取り付き地点。すぐ左に踏み跡があったのに気がつかず、時には膝上ラッセル。だが、スノーシューでは爪が笹に引っかかって難儀するかも
f0138096_17321959.jpg
尾根の取り付きから25分ほどで頂上
f0138096_17322491.jpg
無人の頂上で(写真の妻と)一緒に昼食
f0138096_17323888.jpg
恵庭岳が雪雲の切れ間から姿を現した
f0138096_17324150.jpg
下山時、自分の踏み跡を使って。尾根に乗ってしまえば笹漕ぎはない
f0138096_17324599.jpg
支笏湖と奥に風不死岳がうっすらと見える。中央下にイチャンコッペ山に向かう登山道があるから、この辺りからショートカット出来る。腰まで埋まっても下りなので
f0138096_17325156.jpg
中央付近に旧反射板ピーク
f0138096_17325492.jpg
中央左手に紋別岳が見えるのだが、雪雲の中
f0138096_17325783.jpg
13時頃登って来たソロの男性。右手にピッケルを持って山男ぶりが様になっていた。胆振東部地震の復興支援で静岡から来たというYさん。一週間の滞在にわざわざ静岡から山装備持参で出張に来ることが凄いと思う。よほど山好きなのだろう


# by tarumae-yama | 2018-12-19 07:25 | 登山 | Comments(0)

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH

数日前の記事で、パナソニックのLUMIX DC-G9Lに関心があると書いた。
そのカメラに付属しているのがタイトルのレンズで、メーカーのオンラインショップでは税込み108000円。

実は、清水寺から飛び降りる決心でこの高額レンズを購入し、G8に着けて登山で愛用していた。
だが、先日山でその動作が不安定になった。
見るとマウント部の木ねじが錆びつき折れていたが、せいぜい2,3万円の修理代と予想していたのに、何と108000円の見積。

要するに修理をしないで新品を買えと言うことらしい。
「価格.com」の最安値では8万円で買えるというのに。

画質は落ちるけれど、パナソニックの同じ12ー60mのレンズが4万円少々で買えるから、それを購入するか迷う。
だが、タイミング良く(?)、ライカのレンズには1万円のキャッシュバックが付いている。
実質7万円で買えるから、クリスマスプレゼントとして注文しようかと思う。
自腹だけれど(^^;)

自分の不注意に恥を忍んで書けば、このライカのレンズは以前にも一度山で壊し高額な修理代を払ってユニット一式を交換している。
やはり木ねじが折れたのだが、防塵防滴仕様のレンズなのに、マウント部から雨滴や汗などが浸入して木ねじが錆びたための強度劣化もあると思う。

八つ当たり的に言えば、パナソニックのカメラやレンズは、オリンパスより個人的にはずっと使いやすいとは思うものの、防塵防滴の性能はオリンパスよりかなり落ちると感じている。
(オリンパスのカメラも使っていたから、その実感として)

今回の驚愕な見積額を見て、(防塵防滴性能に対し)過信は禁物と肝に銘じた。
f0138096_11115147.jpg


パナソニックから発売されている標準ズームレンズ、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH。 写真は「価格.com」のHPより借用


# by tarumae-yama | 2018-12-18 07:51 | 写真 | Comments(0)

「バイブルアワー」、2018.12.16

山友のgenesis1_1さんから、教会でケーキバイキングをご馳走するから「バイブルアワー」に来ませんかと。
早めに来てくれたら、昼食にカレーを提供するとも。
カレーにも甘い物にも目がない私は、二つ返事で札幌まで車を飛ばした。

まあこれは半分事実だが、本当のところ不具合の起きているパソコンを持って行き、genesis1_1さんが紹介するというPCに詳しい信者の方に「バイブルアワー」の終了後、その不具合を診てもらうことになっていた。

それはハード的なものではなく、私のブログにログイン出来ないだけだから、「エキサイト」側の問題だと判断したのだが、同じ「エキサイト」でブログを開設しているgenesis1_1さんのPCからはログイン出来ると言う。

不具合が発生後、genesis1_1さんから情報を得たり、自分でもネット検索して対処方法を試してみたのだが一部しか解消出来なかった。

それで16日に教会で診てもらうことになっていたのだが、3,4日前に突然すんなりログイン出来る状態に戻っていた。

そんな訳で、教会に行く必要がなくなったけれど、genesis1_1さんや私のために時間を作ってくれた(パソコン)プロの信者の方に直接報告とお礼を伝えたく、出かけたというのが残り半分の真相。

教会では、genesis1_1さんを通して山を何度か一緒したことがあるOさんやみかさんが出迎えてくれ、それぞれご家族の紹介もあったりで一寸緊張。
そう言えば、3人揃って山に登ったのは、もう1年以上前の昨年11月の盤の沢山だった。↓
f0138096_00415992.jpg
f0138096_11514736.jpeg
genesis1_1さんやOさんの娘さんもいる聖歌隊の賛美歌を聴く
f0138096_00420562.jpg
寸劇や牧師さんの説教を聞いた後、みかさん(達?)手作りのケーキなどをいただき久しぶりの再会に話に花が咲いて。左がみかさん、隣りにgenesis1_1さん
f0138096_00420835.jpg
有名店のケーキに匹敵する美味しさだった。皿の一組はOさんの分。二人分食べたかった(^^;)


# by tarumae-yama | 2018-12-17 08:54 | 日々の出来事 | Comments(2)

風不死岳北尾根、2018.12.13ー同行者からの写真ー

ヤマップの有名人のowliverさんが、そのYAMAPに風不死岳をアップしたせいか、昨日の土曜日は沢山のヤマッパーが風不死岳に向かったようだ。
ヤマレコの知人も、ご来光登山で登ったと早々に報告を挙げていた。

そんな彼らが登った前日の金曜日には、山友のizumisawaさんがソロで登り、我々のトレースを使えたので楽に頂上に立てたと、わざわざメールで報せてくれた。

そのizumisawaさんと二人で、4年前の3月、風不死岳に登ったことがある。
8合目から先の急斜面の積雪に、埋まったスノーシューを持ち上げることが出来ず、スコップまで取り出し、雪を崩しながら登った。
だが結局、強風で視界が悪いこともあり、標高940mで撤退した。↓
izumisawaさんからのメールを読んで、そんな厳しい風不死岳を思い出した。

すっかりタイトルとかけ離れたことを書いてしまった。
13日に登った風不死岳の同行者からの写真を紹介し、今回の山報告に区切りをつけたいと思う。
f0138096_22255774.jpg
f0138096_22260069.jpg
雉撃ちではありません!顔拓作成中
f0138096_22260457.jpg
私のデスマスク??
f0138096_22260610.jpg
顔拓作成後、バランスを崩して転落。上の4枚はKさんの撮影

f0138096_22321912.jpg
f0138096_22314530.jpg
f0138096_22323609.jpg
M.Aさんも顔拓作成中
f0138096_22333204.jpg
上の4枚は、owliverさんの撮影
f0138096_22351104.jpg
Kさん
f0138096_22351492.jpg
Mさん
f0138096_22351811.jpg
f0138096_22352054.jpg
頂上で支笏湖をバックに
f0138096_22352322.jpg
f0138096_22352617.jpg
Kさんの全拓?
f0138096_22352948.jpg
転落した私をMさんが引き上げようとしている。誰一人助けようともしないで、笑いながらカメラを向ける非情な同行者(^^;)
f0138096_22353308.jpg
owliverさんも顔拓に挑戦
f0138096_22353679.jpg
頂上から樽前山をバックに。上の9枚はM・Aさんの撮影


# by tarumae-yama | 2018-12-16 07:28 | 北海道100名山 | Comments(6)