恵庭岳、2018.6.3

恵庭岳でサンカヨウやヒダカエンレイソウを見たいという知人の希望があり、花に詳しいSさんと下見登山に行ってきた。
だが、これらの花は第2見晴台周辺にあるのに、今日は頭痛と視野が霞むため、だましだまし登ったのだが、第1見晴台まで何時もの倍の3時間もかかり、この先はとても登れないと判断した。
山でこれほどひどい体調不良は初めてのことで、この後羊蹄山の計画があるのだが、すっかり自信喪失してしまった。

やっとたどり着いた第1見晴台で、岩に横たわり安静にしていても、このまま失神するのではと恐怖だった。
道中ずっとSさんには心配と迷惑をかけていたため、ここから下山することにした。

それにしても、今年の恵庭岳は鹿に食べられでもしたのか、シラネアオイもツバメオモトもサンカヨウも例年よりずっと少なくて、Sさんと今年の花はどうしたのだろうかという話になった。

先週に続き、またも恵庭岳で知人に二人三人と会ってビックリだった。
下山はゆっくり2時間かけて何とか駐車場までたどり着いたが、さすがに温泉に入るのは怖くてそのまま帰宅した。
f0138096_18155549.jpg
恵庭岳でSさんも私も何度かお会いしている苫小牧のIさんとバッタリ。凄い健脚の女性で、今日は第2見晴台まで1時間25分とのこと。2年前の8月、羊蹄山喜茂別コースでお会いしたときは頂上まで2時間15分だったと。前回は昨年9月、ニセコのイワオヌプリの駐車場でお会いしてる
f0138096_18170109.jpg
Iさんの直後に挨拶した女性は、何と私が漁岳で骨折した前日の今年3月10日、同じ漁岳から滑落した女性だった。
山友のzeropo7さんが目撃し、サングラスやポールを回収しながら介抱したことが記憶に新しい。↓


その時鎖骨を折り、頭も何針か縫ったと。ようやくザックを担いでも肩の痛みがなくなったらしい。この女性もIさんに負けず劣らずの健脚で、やはり第2見晴台まで同じようなタイムだったらしい。更にビックリなのは、下山後風不死岳の北尾根を登ると
f0138096_18172582.jpg
下山専用コースの所でソロの男性とスライド。ヤマレコでお馴染みのkearashi57さんだった。昨年の1月、紋別岳でご挨拶をしている。今日は私のブログを参考に西峰まで行ってきたと
f0138096_18172963.jpg
今回は第1見晴台で撤退。霞んでいる上に大粒の雨が降ってきて下山のタイミングだった
f0138096_18174183.jpg
第1見晴台で、イワヒゲを入れて奥に頂上岩塔
f0138096_18174451.jpg
同上、崖にイワヒゲの塊が2,3カ所見える
f0138096_18174615.jpg
ムラサキヤシオツツジ?
f0138096_18174936.jpg
Sさんを入れて
f0138096_18175644.jpg
下り専用コースで我々に追いついたのは、ヤマップの大やまさんご夫妻。東京から栗山町へ町おこし隊員として移住し、将来この町でメロン農家として自立するそうだ
f0138096_18175918.jpg
シラネアオイ
f0138096_18180587.jpg
ツバメオモト
f0138096_18180889.jpg
サンカヨウ
f0138096_18182555.jpg
タニウツギ
f0138096_18182843.jpg
ミヤマキスミレ?と奥にミヤマハンショウズル
f0138096_18183189.jpg
第1見晴台で苦しさに耐える私。Sさんから送られてきた写真

# by tarumae-yama | 2018-06-04 07:43 | 北海道100名山 | Comments(8)

ニセコアンヌプリ、2018.6.1

五色温泉に向かう倶知安ニセコ線は、濃霧で路肩が判然としないほど視界が悪くて緊張した。
8時半までに全員集合したものの、この濃霧のためビジターセンター内で天気の回復待ちを余儀なくされた。

この視界の悪さにソロの女性が先行したものの、登山口が分からずうろうろしていたが、結局我々のトレースを見つけて後に続いた。

出だしこそ残雪があって登山道を覆っていたけれど、すぐに夏道が現れた。
だが、地元のM夫妻の話では、今年の雪解けは遅れているそうだ。
そのせいで、登山中にタケノコが採れることを楽しみにしていたものの、見つけたのは行者ニンニクが少々だけだった。

花も寂しい状況だった。
カタクリの花こそ終わっていたものの、ノウゴウイチゴやヒメイチゲ、コキンバイ、ムラサキヤシオツツジ、山桜等を少々見たのみ。
ただ、南峰まで足を延ばしたのだが、その稜線はキバナシャクナゲのお花畑だった。
この花が好きだというブログ読者のピータンままさんに見せたいと思った程、なかなかの群落で見頃を迎えていた。

道警の山岳救助隊を除けば、我々が南峰にいる間に二組3名の登山者がやってきて早々に下山して行ったのみの、静かな平日のニセコアンヌプリだった。

山行記録
駐車場08:59→アンヌプリ頂上10:31~10:38→南峰10:52~11:25→アンヌプリ頂上11:35~12:00(昼食)→駐車場13:08
f0138096_21201279.jpg
30分ほど天気回復待ちで遅れて駐車場をスタート
f0138096_21201818.jpg
ノウゴウイチゴ
f0138096_21202233.jpg
ツツジを入れて同行者
f0138096_21202513.jpg
Mさんが蛇を捕まえた。撮影の後放免
f0138096_21202821.jpg
我々の直後に神戸からやってきたというソロの女性が頂上に到着
f0138096_15523845.jpg

その女性、Kさんに撮ってもらう
f0138096_21203617.jpg
南峰のM夫人と後ろにぶるままさん。バックにアンヌプリの頂上
f0138096_21203968.jpg
南峰の頂上周辺はキバナシャクナゲのお花畑
f0138096_21210182.jpg
神戸のKさんも一緒に
f0138096_21210621.jpg
2度目のアンヌプリ頂上。バックに南峰
f0138096_21211110.jpg
ちゃっかり(?)Kさんは、山岳救助隊の独身隊員の隣で記念写真に納まっている
f0138096_21211538.jpg
下山開始
f0138096_21212116.jpg
前方にチセヌプリや目国内岳などのニセコ連峰
f0138096_21212470.jpg
終わりかけのカタクリの花
f0138096_21215580.jpg
すっかり晴れたニセコアンヌプリの頂上部
f0138096_21215940.jpg
f0138096_21220251.jpg
無事、下山

# by tarumae-yama | 2018-06-03 06:48 | 北海道100名山 | Comments(0)

ニセコアンヌプリと三島さんの芝ざくら庭園、2018.6.1ー速報版ー

M夫人の実家近くにある三島さん宅の芝桜が満開になったとのことで、ニセコアンヌプリ登山を兼ね芝桜を楽しんできた。

噂には聞いていた三島さんの芝ざくら庭園だが、80歳を過ぎた三島さんが一人で管理しているという庭園の広さと素晴らしさにただただ感動!

羊蹄山をバックにロケーションも素晴らしいのだが、芝桜で作った羊蹄山も中々素敵だった。

何年も前に観た滝上町や東藻琴村の芝桜は、圧倒されるスケール感だった。
三島さんの芝桜は面積こそ劣るものの、手作り感満載の上によく手入れされていて、本当に期待以上だった。
丁度満開のタイミングの良さもあり、山の同行者も口々に感嘆の声を上げていた。

とりあえず、速報版としては写真を多めにアップした。
山報告は明日にでも。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22445324.jpg
バックに南峰
f0138096_22445923.jpg
羊蹄山をバックに南峰頂上、ここはキバナシャクナゲが沢山あって丁度見頃だった
f0138096_22450357.jpg
f0138096_22450677.jpg
ぶるままさん(左)とM夫人
f0138096_22451087.jpg
ニセコアンヌプリの頂上で昼食中、道警の山岳救助隊の隊員が訓練?のためにやってきた
f0138096_22451499.jpg
コキンバイを入れて
f0138096_22451895.jpg
左上にニセコアンヌプリ、中央上に南峰。同行者の後ろに道警の山岳救助隊
f0138096_22452161.jpg
f0138096_22453896.jpg
f0138096_22454122.jpg
f0138096_22454511.jpg
f0138096_22454853.jpg
f0138096_22455179.jpg
パナソニックのデジイチが故障したため、今回の写真はオリンパスの防水カメラTG-850で撮影

# by tarumae-yama | 2018-06-02 00:36 | 北海道100名山 | Comments(2)

伊達紋別岳、2018.5.29

8日前の5月21日にも伊達紋別岳に登っているのだが、その時はなかった(気がつかなかった?)花にチシマフウロ、ミヤマオダマキ、ハクサンチドリやスズランなどがある。

ミヤマアズマギクがピークを迎えようとしていて、シラネアオイはまだまだ主役の座を保っていた。

そんな花々が目当てなのだろう、平日なのに駐車場は混んでいた。
私たちが頂上で昼食中に、札幌から18名もの団体さんがやってきたから、彼らに場所を譲って早々に下山した。

山行記録
登山ポストから頂上まで1時間49分。下山に1時間36分(途中、ヤマップの月夜さんとあれこれおしゃべりをしたので、登りと大差ない)。
f0138096_22193326.jpg
f0138096_22193613.jpg
f0138096_22194011.jpg
f0138096_22194321.jpg
f0138096_22194516.jpg
f0138096_22194997.jpg
f0138096_22195346.jpg
f0138096_22195633.jpg
伊達紋別岳頂上の上に昆布岳
f0138096_22201209.jpg
f0138096_22201600.jpg
f0138096_22202122.jpg
f0138096_22202439.jpg
f0138096_22202897.jpg
f0138096_22203251.jpg
羊蹄山と左にニセコ連峰
f0138096_22204874.jpg
f0138096_22205166.jpg
内浦湾が海霧に覆われている。その奥に駒ヶ岳が見える
f0138096_22211378.jpg
f0138096_22211790.jpg
f0138096_22211957.jpg
f0138096_22212421.jpg
f0138096_22212825.jpg
f0138096_22213100.jpg
f0138096_22213517.jpg
下山後は壮瞥町の「ゆーあいの家」へ。源泉掛け流し(シャンプー等は持参、420円)の良い温泉だった。出来たばかりの頃妻と来たことがある。60歳以上の町民は無料とのことだったから、定年後に移住を考えたことがある。今は無料ではなく、65歳以上の町民は130円らしい


# by tarumae-yama | 2018-06-01 00:57 | 登山 | Comments(0)

八幡平(岩手県、秋田県)

2007年秋の100名山巡りの旅は、9月25日に苫小牧港を出航し10月19日に入港したから、実質23日間と春の遠征より短かった。

9月26日の朝秋田港に到着し、その足で妻と八幡平に登った。↓


9年ぶりの八幡平で前回の記憶は殆ど残っていないけれど、その時は大阪のKご夫妻も一緒だったから、妻はK夫人とおしゃべりをしながら登頂したことなどを懐かしく想い出しながら歩いたのかも知れない。
f0138096_15071986.jpg
正面に岩手山
f0138096_15072326.jpg
f0138096_15072543.jpg
f0138096_15072860.jpg
f0138096_15073272.jpg
f0138096_15073583.jpg
f0138096_15073996.jpg
八幡平頂上。上の7枚は、2007年9月26日の撮影


# by tarumae-yama | 2018-06-01 00:19 | 日本100名山 | Comments(0)

樽前山、2018.5.30

当初の予定より早まり、5月30日の朝5合目のゲートが開放され、7合目の駐車場まで直接車で行けるようになった。

早速、樽前山に花の撮影に出かけたのだが、11時前に到着するとすでに24台の車が停まっていた。
これからの週末、駐車場の混雑ぶりが目に浮かぶようだ。

今日は、お花畑コースから外輪山に登り、東山を経由して下山した。
途中、前回撮影した場所以外でストライプ入りのコメバツガザクラを見つけようとしたのだが、事前の情報の所では見つけることが出来なかった。

今、樽前山の花は、コメバツガザクラが最盛期を迎えており、お花畑コースではウコンウツギとイワヒゲが沢山咲いていた。
エゾイソツツジは2分咲き程度で、見頃まであと10日はかかるかも知れない。

今日も知人との出会いが複数あってビックリだった。
f0138096_16084258.jpg
コメバツガザクラは今最盛期
f0138096_16084525.jpg
支笏湖をバックにウコンウツギ
f0138096_16084915.jpg
アパッチ周辺ではイワヒゲが見頃を迎えている
f0138096_16085452.jpg
イワヒゲ
f0138096_16085732.jpg
エゾイソツツジ
f0138096_16090155.jpg
東山をバックにイワヒゲ
f0138096_16091637.jpg
コメバツガザクラ
f0138096_16092023.jpg
イワヒゲ
f0138096_16092320.jpg
オレンジ色のミネヤナギ
f0138096_16173678.jpg

霞んでいて写真では判然としないけれど、オレンジの円内に羊蹄山、緑の円内に尻別岳

f0138096_16093058.jpg
東山頂上
f0138096_16093396.jpg
1週間ほどでコマクサの花が見られるかも
f0138096_16093758.jpg
5月22日に撮影した時と同じストライプ入りのコメバツガザクラ。少しストライプが薄くなったか
f0138096_16102700.jpg
お花畑コースでイワヒゲを撮影してる千歳のWさん。野鳥撮影もセミプロで、支笏湖のビジタセンターで毎年野鳥の写真の展示会を開いている。
Wさんへ、ジムカデの咲いている場所、教えますのでメールか電話を下さい
f0138096_16103080.jpg
同じお花畑コースで千歳のIさんとスライド。風不死岳からの帰りとのこと。今年の3月、オコタンペ山を一緒している
f0138096_16103341.jpg
ハナハナさん。3日前の恵庭岳の第2見晴台でお会いしたばかり
f0138096_16103655.jpg
長々と立ち話をしたため、帰宅後予定があるとのことでトレラン選手のように走って下山(^^;)
f0138096_16103936.jpg
登山ポストまで下山したところ、登山開始時刻を記帳していた山友のgenesis1_1さんとバッタリ。
更に、直接会ってはいないけれど、私がお花畑コースへ歩き出した20分後、東山コース?から下山したぶるままさんが私の車を見つけ、LINEで挨拶してきた


# by tarumae-yama | 2018-05-31 06:54 | 樽前山 | Comments(2)

伊達紋別岳、2018.5.29ー速報版ー

2月下旬のことだが、珍しくまきさんから、雪が解けたら山を一緒して欲しいとのLINEが入った。
それで、今日、未踏だという伊達紋別岳に登ってきた。
同行予定だったSさんが直前になって不参加となったのは残念だが、まきさんと山を一緒するのは実に7ヶ月ぶりのことだ。

花情報だが、8日前に登った時と比べ、シラネアオイはピークを過ぎたという感じをもったものの、まだまだ華やかで見応えがあった。
ミヤマアズマギクやチシマフウロが今見頃を迎えただろうか。
ハクサンチドリやマイズルソウ、ムラサキヤシオツツジ?なども開花していて、伊達紋別岳はいよいよ花のシーズンに入ったようだ。

なお、頂上で地元の人と話をしていて、スズランが咲いていると聞いた。
今までこの時期何度も登っている伊達紋別岳だが、スズランを見たことはなく半信半疑だったのだが、なるほど確かにスズランがあった。
それも想定外に多い株数だった。

とりあえず、速報版として写真を9枚アップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22452279.jpg
f0138096_22452533.jpg
f0138096_22452985.jpg
f0138096_22453186.jpg
左端に伊達紋別岳頂上
f0138096_22453525.jpg
シラネアオイロード。右上に頂上
f0138096_22453850.jpg
頂上で洞爺湖や羊蹄山をバックにまきさん
f0138096_22454116.jpg
f0138096_22454443.jpg
下山中に、何とヤマップの月夜さんとバッタリ。昨年4月、M夫妻と一緒に恵庭岳を案内して以来の再会
f0138096_22454875.jpg
伊達紋別岳で初めて見たスズラン


# by tarumae-yama | 2018-05-30 00:17 | 登山 | Comments(0)

恵庭岳、2018.5.27

5月12日に恵庭岳に登ったとき、この冬の間に登山道を覆う倒木が増えたと書いた。
今回、その倒木は殆ど処理されていて、関係者の素早い対応に感心した。

第1見晴台までは雪が消えていて歩きやすかったものの、第2見晴台の手前にはまだ残雪があって少々気を遣った。
第2見晴台から先は自己責任になるけれど、やはり本峰の頂上に向かう登山者が何人もいたらしい。
ただ、ルンゼの所に張られている規制のロープを見て、頂上へのルートが分からず、踏み跡に導かれて意図せず西峰に来たという登山者がいたのにはビックリ。

その西峰への踏み跡が随分しっかりしたものになっていた。
個人的には、落石に遭う心配の少ない西峰へ向かう登山者が増えることは良いことだと思う。

本格的な夏山シーズンを迎え、これから晴れた週末は賑やかな恵庭岳になると容易に想像出来るけれど、この山は斜度がある上に登山道には浮き石も多くて決して侮れないと思う。

それなのに、下山専用コースで、支笏湖にドライブに来たついでに登ってみようとなったのか、とても登山に来たとは思えない格好の若いカップルがいた。
晴れた日の樽前山ならいざ知らず、あまりの心許ない様子にさすがに声をかけたけれど、何事もなく下山できただろうか。

とってつけたようだが、1合目から見られるツバメオモトも、6合目辺りに群生しているシラネアオイも、7合目周辺のエンレイソウの群落も見頃にはほど遠く、サンカヨウはまだ堅い蕾状態だった。
これらの花を楽しめるのは、6月に入ってからになりそうだ。
f0138096_13560309.jpg
ムラサキヤシオツツジ
f0138096_13563783.jpg
タチツボスミレ?
f0138096_13563771.jpg
f0138096_13564669.jpg
シラネアオイ
f0138096_13571089.jpg
コヨウラクツツジ?
f0138096_13571332.jpg
イワヒゲ、第1見晴台にて
f0138096_13571543.jpg
エンレイソウ
f0138096_13571880.jpg
第2見晴台の下でヤマップの直樹さんとスライド
f0138096_13572209.jpg
第3見晴台からの支笏湖
f0138096_13573585.jpg
オコタンペ湖と奥に小漁山
f0138096_13575432.jpg
シラネアオイを入れて支笏湖
f0138096_13575716.jpg
奥に本峰の頂上部
f0138096_13580076.jpg
羊蹄山の右にニセコ連峰
f0138096_13580372.jpg
3人とスライドした後、無人の西峰頂上でまったり
f0138096_13580655.jpg
中央に10日ほど前に登った中岳、その右に無意根山
f0138096_13581213.jpg
西峰頂上のコケモモを入れて奥に本峰頂上部

f0138096_18441124.jpg

西峰に取り付く登山者。ヤマップのBATA?さんと名のった
f0138096_13583254.jpg
イワウメ
f0138096_13583582.jpg
ミヤマエンレイソウ
f0138096_13583864.jpg
第2見晴台のイワウメとコメバツガザクラ
f0138096_13584122.jpg
ツバメオモト
f0138096_13585095.jpg
登山口駐車場は満車状態。スタート時に写す


# by tarumae-yama | 2018-05-29 00:36 | 北海道100名山 | Comments(6)

恵庭岳で沢山の出会い、2018.5.27

登山口の駐車場が満車状態だったから、ひょっとして一人くらい知人に会えるかもとは思っていた。
それにしても、第2見晴台と、西峰に向かう途中で顔見知りと何人にもスライドしてビックリだった。

期待の花はまだ少なくて残念だったけれど、知人との会話が弾んで楽しい恵庭岳になったのは嬉しかった。
f0138096_22063971.jpg
左端にさちこさん、その右にハナハナさん。
第2見晴台に到着すると、賑やかなパーティーの主役はハナハナさんだった。彼女とは以前樽前山で挨拶をして知っている上に、まっくさんのブログに何時もコメントを入れているから名前も良く承知していた。さちこさんとは3年前の5月に、恵庭岳の神様のSさん、日高門別のM医師と息子のHiro君達と恵庭岳に一緒に登っている
f0138096_22073710.jpg

頂上岩塔をバックに左からヤマップのぶたんたさん。真ん中にアツコさん。ぶたんたさんとは初対面だったのだが、何時も私と山を一緒しているM夫妻が、ぶたんたさんを風不死岳の北尾根にこの冬お誘いしていて、私も一緒するはずだったのだが、ぶたんたさんの都合がつかずお会いすることが出来なかった。彼女はM夫妻のヤマップや私のブログを見ているせいか、一目見てtarumae-yamaさん?と聞いてきた
f0138096_22074663.jpg
千歳のUさん。彼は休みは何時も山に入っているのか、支笏湖周辺の山で随分スライドしている。最近は、昨年11月25日の樽前山や11月19日の紋別岳でも会っている。この日、Uさんは本峰の頂上まで2時間で登ったと。その後西山のピークにも立ったらしい
f0138096_22075403.jpg
南幌町のSさん。彼とも何度も支笏湖周辺の山でスライドしている。2年前の7月は、遠く上ホロカメットク山の避難小屋近くで会ってビックリしたことがある。最近は今年の2月下旬、丹鳴尾山に向かうときに会ってあれこれ話をした
f0138096_22075751.jpg
西峰から下山中のYご夫妻。以前、夫人の美雪さんと愛犬に紋別岳でスライドして写真を撮らせてもらっている。愛犬は1年前に死んだとのこと。ご主人とは初対面だが、私が親しくしてもらっている紋別岳の神様のSさんとは40年来の山友だと聞かされてビックリ。私のブログに度々登場するSさんを見ていて、Sさんとは○藤さんのことか?と。山の世界は本当に狭い
f0138096_22080120.jpg
登場人部とは無関係の写真だが、今年初見のイワウメを前景にオコタンペ湖。2018年5月27日の撮影

# by tarumae-yama | 2018-05-28 07:42 | 北海道100名山 | Comments(4)

樽前山、2018.5.22

今日は晴天の日曜日、樽前山への5合目のゲートはまだ開いていないと思うから、多分その5合目のゲート前の路肩の両側にビッシリと車が停められたことだろう。
そして、早朝からてくてく歩いて樽前山へ向かう登山者が列をなしたのだろうと想像する。

今日の私は、恵庭岳に向かったのだが、8時過ぎの段階で登山口の駐車場には20数台の車が停まっていて満車状態だった。
ヤマレコを見ると、今日はイチャンコッペ山の駐車場も一杯だったらしい。

イチャンコッペ山はともかく、中級レベルの恵庭岳にも20数台分の登山者がいたことから、初心者向けの樽前山には、人気の高い山でもあるし、今日100名を優に超える登山者で一杯だったろうか。

前置きが長くなったけれど、そんな訳で22日に登った樽前山の山報告をこれから上げたところで、とっくに賞味期限切れだろう。
ヤマレコやヤマップに今日の樽前山がこれから沢山アップされると思うから。

ただ、せっかく200枚も撮ったので、せめてその写真だけでも載せたい。
f0138096_17002844.jpg
ミヤマエンレイソウ?
f0138096_17003361.jpg
お花畑コースにはまだ小さな雪渓が残っていた
f0138096_17003944.jpg
コメバツガザクラ
f0138096_17004269.jpg
ミヤマヤナギ
f0138096_17004647.jpg
コメバツガザクラの群生
f0138096_17005016.jpg
イワヒゲ
f0138096_17005443.jpg
f0138096_17005869.jpg
左からオロフレ山、徳舜瞥山とホロホロ山、白老3山
f0138096_17010288.jpg
932m峰頂上、奥に休んでいる登山者
f0138096_17010650.jpg
西山に向かう途中、中央上に932m峰、その右に風不死岳
f0138096_17012755.jpg
よく見かけるコメバツガザクラ
f0138096_17013018.jpg
このコメバツガザクラは白さが際立っていた
f0138096_17013344.jpg
f0138096_17013738.jpg
左端に羊蹄山、右端に恵庭岳
f0138096_17014015.jpg
西山の頂上から、溶岩ドームとその右に東山の頂上
f0138096_17014481.jpg
西山のコケモモはまだ蕾
f0138096_17014719.jpg
苫小牧山岳救助隊の人たちがコース整備をしていた

# by tarumae-yama | 2018-05-27 17:17 | 樽前山 | Comments(0)