人気ブログランキング |

リベンジ叶った漁岳、2020.1.7

1月3日に登った漁岳は風雪とラッセルに苦しめられたけれど、今回は天気に恵まれた上、週末に何組かのパーティーと、前日の月曜日に知人のまっきぃ夫妻が登ったらしく、彼らのトレースが使えたこともあって頂上まで順調だった。

念のためスコップは用意したけれど、positive51さんも持って来たと聞き、私のそれは車内に残した。
それにしても、3日に登った時よりピンクテープがやたら増えていて驚いた。

懸念した1175mピークから頂上までのラッセルは、せいぜい足首程度で、それなりにスノーシューは沈むけれど、スコップの出番は全くなかった。

この間のトレースは殆ど消えていたものの、注意深く見るとスノーシューとスノーバスケットの痕跡が僅かに浮き出ていた。
その痕跡に乗ることで、我々はゲートから3時間6分後に頂上到着。
前回は4時間16分もかかったから、ラッセルなしは本当に有難かった。

無風の頂上で昼食中、後続者があるかもと目を皿のようにして探したけれど、結局この日の漁岳は我々3人の貸し切りだった。

下山中に雲が増えてきたこともあり、カメラを取り出す機会は少なく、その分下りは1時間43分とこれまた順調だった。
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_20075746.jpg

ゲート前で、positive51さんとMさん。Mさんとは初対面と思っていたのだが、2年ほど前に多峰古峰山で話をしているとMさんに言われた(^^;)
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16210729.jpg
虫に食われた笹を前景に
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16211000.jpg
恵庭岳と支笏湖
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16211436.jpg
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16211772.jpg
真っ白な小漁山に見とれる
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16212107.jpg
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16212325.jpg
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16223254.jpg
奥に漁岳の頂上部
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16225060.jpg
コル近くから小漁山
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16225276.jpg
1175mピークのMさん。2度目の漁岳だそうだが、前回は悪天で視界がなかったらしく、今回はとても嬉しそうだった
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16225666.jpg
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16233549.jpg
positive51さんのザックにスコップ。使わずに済んだ
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16234000.jpg
コル付近はスノーシューでもこの程度は沈む。大した距離でもないので苦にならず
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16234375.jpg
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16234750.jpg
飛行機雲を入れて
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16235049.jpg
前回のようなラッセル地獄がないので順調に登れた
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16241330.jpg
頂上の同行者
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16241630.jpg
頂上から、小漁山
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16241905.jpg
つららと奥に支笏湖
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16242293.jpg
オコタンペ山への分岐標識を入れて
 リベンジ叶った漁岳、2020.1.7_f0138096_16242504.jpg
無事、下山

# by tarumae-yama | 2020-01-10 07:51 | 北海道100名山 | Comments(2)

風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー

5日に風不死岳を一緒したSさん、U越君から送られてきた写真を紹介しようと思う。
普段は、届いた写真に手を加えることは全くないのだが、今回は明るさを補正した。
天気が良いと周りが雪で白いため、どうしても露光不足になりがち。

私は殆どオートモードで撮影しているけれど、そんな時は2,3枚露出を変えて撮ることにしている。
もっとも、オートブランケット機能を使えば撮影枚数は増えるものの、露出に気を遣わなくて済むとは思う。
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17552044.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17552510.jpg
倒木の所でアイゼンを装着
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17552803.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17553131.jpg
頂上で、南幌町のSさんとお互いの孫の話など
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17553493.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17553771.jpg
上の6枚は、Sさんの撮影
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17580596.jpg
下山して来たpositive51さんを挟んで。顔が分かるほど明るさを補正すると、色味が大きく変わるのでこの程度に抑えた
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17580932.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17581324.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17581888.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17582229.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17583082.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17583579.jpg
風不死岳、2020.1.5ー同行者からの写真ー_f0138096_17583961.jpg
上の8枚は、U越君の撮影

# by tarumae-yama | 2020-01-09 06:34 | 北海道100名山 | Comments(2)

リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー

2日前、風不死岳の登山口駐車場でバッタリだったpositive51さんから、7日に漁岳に登りませんかと誘われた。

1月3日に漁岳に登った時は、風雪と深いラッセルに苦しめられのだが、今日は素晴らしい青空と眺望だった。そして、ノーラッセルだった。
何より北風が強まるこの厳冬期、風不死岳ならともかく、漁岳の頂上で無風だったことが驚き。
おかげで、珍しく持参したカップ麺をゆっくり味わうことが出来、大満足だった。

とりあえず、速報版として9枚、それに早々と送ってくれたpositive51さんからの写真も4枚併せてアップしようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18073317.jpg
正面に目指す漁岳
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18073602.jpg
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18073973.jpg
スノーシューではギリギリの斜度。奥に小漁山

リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18074318.jpg
頂上から、真ん中に白いオコタンペ湖、その上に支笏湖と左に恵庭岳
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18074552.jpg
4日前、ラッセル地獄だった所だが、今日はラッセルなし
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18074838.jpg
羊蹄山は見えなかったけれど、無風の頂上でくつろぐ同行者
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18075257.jpg
今日の昼食とおやつ
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18075585.jpg
小漁山を眺めながら熱々のラーメンは美味しかった。positive51さん撮影
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18075810.jpg
滑落しないよう神経を集中させて下山中のMさん
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18083037.jpg
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18083314.jpg
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18083636.jpg
樹氷が奇麗
リベンジ叶った漁岳、2020.1.7ー速報版ー_f0138096_18083931.jpg
Mさんの撮影。上の4枚は、positive51さんから送られて来た写真

# by tarumae-yama | 2020-01-08 00:44 | 北海道100名山 | Comments(4)

風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー

少し遅くなったけれど、漁岳を一緒したSさんとU越君から送られて来た写真を紹介したい。
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20392223.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20392595.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20392704.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20393073.jpg
山側の雪の深さが分かると思う。スコップがなければどれだけの時間がかかったやら
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20393359.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20393769.jpg
スコップ作業を見つめるU越さん
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20394100.jpg

風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20394677.jpg
スコップで雪壁を崩しても斜度があるから、スノーシューで踏み固め、足場を作りつつ
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20395381.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20395827.jpg
とりあえず、私は頂上標識の雪を取り除いた
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20401405.jpg
無事下山。上の11枚は、Sさんの撮影
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20452406.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20452921.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20453392.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20453673.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20454089.jpg
風雪の漁岳、2020.1.3ー同行者からの写真ー_f0138096_20454397.jpg
上の6枚は、U越君の撮影

# by tarumae-yama | 2020-01-07 06:39 | 北海道100名山 | Comments(0)

風不死岳、2020.1.5

新年最初の山の漁岳は、悪天と大変なラッセルの試練を受けたけれど、2座目の風不死岳は晴天と眺望に恵まれた。
そして、漁岳とは支笏湖を挟んで直線距離で僅か15kmしかないのに、依然風不死岳の積雪の少なさには驚く。

positive51さんは、つぼ足で5合目まで大丈夫と言っていたけれど、我々は2合目からアイゼンを使った。
確かに積雪は少なく斜度さえ緩ければつぼ足でOKだが、2合目でアウターを脱いだついでにアイゼンを装着。

一部吹き溜まった所があったけれど、先行者が崩してくれたようで頂上まで快適だった。
9合目辺りでは雪煙が舞うほどの強風で身体が硬直したけれど、頂上は期待通り無風に近く、日差しのおかげで温かった。

ロープは全て露出していたから、下りでピッケルを使わなくても危険と感じることはなかった。

今回はスローペースで、登りに2時間17分、下りは1時間25分ほど。
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16482464.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16482631.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16483022.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16483307.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16483795.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16484174.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16484323.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16484599.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16490163.jpg
頂上からジャンプして同行者に撮影してもらおうとしているTさん
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16490563.jpg
下山時の同行者。先に下山して行った南幌町のSさんやNさんには最後まで追いつけず
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16490872.jpg
風不死岳、2020.1.5_f0138096_16491183.jpg
今日の恵庭岳は頂上岩塔までクッキリだった。奥の漁岳は時々雪雲に見舞われたらしい

# by tarumae-yama | 2020-01-06 18:18 | 北海道100名山 | Comments(0)

沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5

一月ほど前の12月9日に登った風不死岳でも沢山の出会いがあったけれど、今回も多くの出会いがあった。
厳冬期にもかかわらず、元気に山を続けている様子に接し、私も頑張ろうという気持ちになれたのが嬉しかった。
そんな山友や知人達を今日は紹介したい。
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16175048.jpg
駐車場に到着直後、早々と下山して来たのはヤマレコのpositive51さん(左)。7年前、positive51さんを残雪期の白老岳に誘い、スノーシューを貸した記憶があるけれど、これほど山にのめり込むとは当時想像も出来なかった。右は白老山岳会のNさん。昨年の9月ホロホロ山の頂上でお会いしている。林道で追いつかれてそこからNさんと頂上まで一緒した。なお、Nさんはpositive51さんの山友であり、山の師匠でもあるらしい。そして、7年前のこの日、白老岳で南幌町のSさんにバッタリしているから何ともビックリだ
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16175707.jpg
Nさんと一緒に登っていると、追いついたソロの男性は南幌町のSさん(左から2人目)だった。彼とは支笏湖周辺の山でよく会うけれど、2ヶ月ほど前この風不死岳で下山中の彼とスライドしている。相変わらずの健脚ぶりで我々を追い越してあっと言う間に消えた。なお、左端のU越君もSさんとは面識がある
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16180089.jpg
頂上で昼食中にやってきたカップルの女性Tさんとは昨年の7月?富良野岳でお会いしている
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16180349.jpg
我々が下山中、頂上直下でスライドした女性Mさんとは、2018年6月、山友Mさんの羊蹄山100回登頂記念の時にお会いしている
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16181419.jpg
頂上直下から樽前山。この山にも何名か登っている様子
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16181754.jpg
Nさんを真ん中に頂上で記念撮影。後ろに恵庭岳
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16182181.jpg
樽前山をバックにNさんと、我々と同時に到着したソロの男性にも入ってもらった
沢山の出会いがあった風不死岳、2020.1.5_f0138096_16182422.jpg
Sさんを入れて、日を受け青空をバックに樹氷が奇麗


# by tarumae-yama | 2020-01-06 07:44 | 北海道100名山 | Comments(8)

風雪の漁岳、2020.1.3

今回リーダー役のU越君は、1週間ほど前の12月29日に単独で漁岳に登っている。
頂上部はやはり深雪のラッセルになったとのことだが、今回は新雪が更に20cm以上積もっていると。
彼は前回3時間半で頂上に立ったそうだが、今回はラッセルが深く我々は4時間16分もかかってしまった。

出だしから全員スノーシューを履いた。
前日のものと思われる単独者のスノーシューの跡に新雪が乗っていて、林道や尾根の取り付きにも薄らとトレースがあったけれど、風の吹き抜けるところではそのトレースが消えていた。

頂上手前の1175mピークをトラバースするときにはノントレースで、そのコルから漁岳までの高度差160mほどはラッセルがきつく、それまで10分ごとに先頭を交代していたのだが、体力的にも精神的にもしんどくて7分くらいで交代した。

前回、U越君は頂上直下の急斜面を四つん這いになってダイレクトに登ったそうだが、雪庇が発達していてそれは適わず、右にトラバースしたものの余りにも雪が深く、二人組のSさんがスコップを取り出して雪壁を崩しつつ、頂上からの南東尾根に乗るまでの僅か10mほどにどれだけの時間を要しただろうか。

それほど大変な思いをしたにもかかわらず、頂上からは隣の小漁山も眼下の支笏湖も全く見ることができなかった。
頂上直下で昼食を摂るという二人組と別れたが、彼らと一緒でなければ登頂できなかったかも知れず、感謝感謝だった。

下山は、僅か2時間も経っていないのに、我々が登りで付けた5人分の立派なトレースが、所々風雪のために吹き消されていた。
まあ、それでもさすがに下山は順調だった。
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13132818.jpg
出だしから20cm以上の積雪。左に薄らと前日のものと思われるスノーシューの跡があった
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13133195.jpg
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13133583.jpg
コルから、頂上は雪雲に隠されている
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13133886.jpg
前方の頂上は見えそうで見えない
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_22462367.jpg

青空が出ると樹氷が奇麗
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13134725.jpg
頂上直下のラッセル
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13140059.jpg
とても登れず、Sさんがスコップを取り出して雪壁を崩しつつ
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13140386.jpg
頂上に到着のSさんとAさん?
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13142976.jpg
風雪のため記念写真撮影後そそくさと下山
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13143229.jpg
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13143511.jpg
頂上直下のSさん
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13143829.jpg
撮影中のU越君
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13144491.jpg
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13144832.jpg
下山中に薄らと白いオコタンペ湖が見えた
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13145188.jpg
正面にこの日初めて見た恵庭岳
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13145407.jpg
支笏湖も何とか見えた
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13150251.jpg
 風雪の漁岳、2020.1.3_f0138096_13150723.jpg
林道のカーブミラーを使った我々の自画像

# by tarumae-yama | 2020-01-05 07:28 | 北海道100名山 | Comments(0)

風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー

2020年の山初めは漁岳だった。
予報は外れ、瞬間的には青空が覗いたものの出だしから小雪が舞い、標高を上げるに従い風雪模様となった。

頂上直下の急斜面では腰までの深雪に大苦戦、我々3人では登頂を断念したかも知れない。

林道の途中で追いついた二人組は、昨年11月10日に風不死岳で挨拶を交わした4人パーティーの中のメンバーだったので、そこから一緒に頂上を目指した。
尾根に取り付いてからはラッセルとなり、10分ごとに先頭を交代しつつ何とか風雪の頂上に立った。

天気と眺望は残念だったけれど、2020年の最初の山が途中撤退とならずに済んだのはまあ良かったと思う。

とりあえず、速報版として写真を6枚アップした。
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18115168.jpg
ポロピナイから1月3日のご来光
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18115559.jpg
林道から尾根の取り付きで。林道の途中から二人組と一緒に頂上を目指すことに
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18120075.jpg
10分ごとに先頭を交代しながら
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18120412.jpg
頂上直下。腰から胸くらいまでの深雪に、二人組のSさんがスコップで雪を取り除きながら
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18120823.jpg
4時間以上かかって風雪の頂上に到着。カメラのモードが変わっているのに気づかず
風雪の漁岳、2020.1.3ー速報版ー_f0138096_18121132.jpg
二人組のAさん?の睫毛が凍っているので写真を撮らせてもらった

# by tarumae-yama | 2020-01-04 00:34 | 北海道100名山 | Comments(2)

2019年の山ベスト3

12月30日の記事で、10年ぶりに北アルプスの山を登ったと書いた。
素晴らしい天気と眺望に恵まれ、誘ってくれた上10日以上専属ガイド役だった隊長Oさんには、本当に感謝感謝である。

この10年間、毎年の山ベスト3は殆ど北海道内の山ばかりだった。
2019年は、北アルプスの剱岳、槍ヶ岳、鷲羽岳の3山を挙げたい。
だが、タイトルにはベスト3と書いたものの、この3山に順位は付け難く、あえて順位を付けず日付順に載せた。

そして、4月の下旬に登った野塚岳とオムシャヌプリからの眺望が、北アルプスのそれに負けず劣らず素晴らしかったので、併せて載せたいと思う。

2020年の山行ではどのような景色に出会えるのか、元日の朝をワクワクする気持ちで迎えた。

また今年一年、よろしくお願いいたします。
2019年の山ベスト3_f0138096_21131632.jpg
この写真は、今年の年賀状に使った
2019年の山ベスト3_f0138096_21131983.jpg
2019年の山ベスト3_f0138096_21132173.jpg
正面の奥に剱岳。上の3枚は、9月15日剱岳で撮影
2019年の山ベスト3_f0138096_21175489.jpg
2019年の山ベスト3_f0138096_21180336.jpg
2019年の山ベスト3_f0138096_21180942.jpg
上の3枚は、9月19日槍ヶ岳で撮影
2019年の山ベスト3_f0138096_21181859.jpg
この1枚は、9月20日三俣山荘から槍ヶ岳を撮影
2019年の山ベスト3_f0138096_21221642.jpg
2019年の山ベスト3_f0138096_21222168.jpg
上の2枚は、9月20日鷲羽岳で撮影
2019年の山ベスト3_f0138096_21231704.jpg
中央右上にオムシャヌプリ
2019年の山ベスト3_f0138096_21232054.jpg
上の2枚は、4月28日野塚岳で撮影。U越さんと。 写真の上でクリックすると大きくなります


# by tarumae-yama | 2020-01-01 09:36 | 日本100名山 | Comments(8)

2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー

MIKAKOさんとアスミさんから送られて来た写真を紹介したい。
悪天で、行動中はカメラを取り出す機会がなかったと見え枚数が少ない。
まあそれは私も同じで、晴天時は200枚を超えることが多いのに今回は30枚もなかった。

前日のイチャンコッペ山と幌平山を一緒したkaokaoさんから送られてきた写真の紹介を失念していたので、今回一緒にアップした。
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23561776.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23562065.jpg
上の2枚は、MIKAKOさんの撮影
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23572158.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23572412.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23572788.jpg
上の3枚は、アスミさんの撮影
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23580977.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23581381.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23581705.jpg
スノーシューをデポしようとしているところらしい
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23582042.jpg
 2019年山納めの紋別岳、2019.12.30ー同行者からの写真ー_f0138096_23582464.jpg
上の5枚は、12月29日kaokaoさんの撮影

# by tarumae-yama | 2019-12-31 07:48 | 登山 | Comments(0)