<   2018年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

イチャンコッペ山、2018.12.9

駐車場に到着したとき、登山の準備をしていたのはヤマップのrucolaさんとまあやんさんだった。
まあやんさんは、ヤマップやブログで私がtarumae-yamaだと知っていたようで、イチャンコッペ山は初めてということから一緒することに。

先日の降雪で、山も一気に白くなったけれど、それでも積雪はせいぜい10cmほど。
彼女からスノーシューがいるか聞かれたので、まあ大丈夫だろうと。

登山口でまあやんさんはチェーンスパイク、rucolaさんは4本爪の軽アイゼンを装着し、私はスパイク長靴スタイルで出だしの急登にとりかかった。

結局、頂上まで軽アイゼンで問題ない積雪深だったけれど、それでも今日はもしものためかスノーシューを携行した登山者が多かった。

今日もヤマレコやヤマップをやっているという登山者が複数いて、その中には知人もいたのであれこれ話をした。
極めつきは、下山後の丸駒温泉で秀岳荘のバッグを持って出てきた女性が、何とヤマップのみなみさんだった。

彼女とは、山友のMさんが羊蹄山登頂100回目になるのをお祝いしようと、6月に記念登山会を開催した際、それに参加してくれて以来2度目の出会いだった。

館内の廊下で、風不死岳をソロで登って来たというみなみさんは笑顔を絶やさず、登山を始めるきっかけはアルプスの剣山だという話や、20代の頃はスキューバダイビングに熱中して海外まで行った話、子供さんのスキーの話、最近登った山の話等々尽きることのない感じ。

彼女の湯冷めを心配して区切りの良いところでお別れしたが、30分以上笑い声の絶えない立ち話だった。
f0138096_11195506.jpg
f0138096_11200147.jpg
左から北広島市のHさんご夫妻、まあやんさん、rucolaさん。Hさんは私のブログを見てくれているとのことで、一緒に記念撮影
f0138096_11200380.jpg
f0138096_11200632.jpg
f0138096_11201085.jpg
旧反射板ピークに到着の同行者
f0138096_11201262.jpg
前方にイチャンコッペ山の頂上部
f0138096_11201555.jpg
f0138096_11201814.jpg
f0138096_11203536.jpg
頂上に到着
f0138096_11203835.jpg
ここで記念写真を撮り、私だけ先に下山
f0138096_11204117.jpg
途中でスライドしたのはヤマレコのこず○○○さん?と相方さん。彼からは、「恵庭岳によく登っているね」と
f0138096_11204402.jpg
旧反射板ピークで休憩していたのはヤマップのゆきさん。彼女とは1年ほど前、この山で挨拶をしている
f0138096_11204701.jpg


by tarumae-yama | 2018-12-10 11:30 | 登山 | Comments(2)

最低気温-19.4度、2018.12.9

アメダスによると、今日の千歳の最低気温は-19.4度で、今季最低を記録したそうだ。
この低温のため、我が家の車庫のガラス戸に芸術的な霜の結晶が張り付いていた。

寒さは苦手だが、先週に続いて今日もイチャンコッペ山へ。
途中、千歳川からけあらしというべきか蒸気霧がもうもうと発生していた。

そんな低温だったから、登山口では冬用のアウターを着用して寒さに備えたのだが、無風だったこともあり必要としなかった。
もっとも支笏湖畔のアメダスでは、千歳より10度も高い-9.2度が今日の最低気温だったらしい。

日本最北端の不凍湖といわれる支笏湖のおかげで、千歳より標高が高いにもかかわらず厳しい冷え込みにはならないのだろう。
f0138096_17302861.jpg
車庫のガラス戸の霜を写す。12月9日午前8時頃の撮影
f0138096_17303290.jpg
私が写り込んでしまった
f0138096_17475371.jpg
f0138096_17480032.jpg
上の2枚、イチャンコッペ山の駐車場で一緒になったヤマッパーさんと一緒に登ることになった


by tarumae-yama | 2018-12-09 17:55 | 日々の出来事 | Comments(2)

紋別岳、2018.12.6

想定以上に雲が多く雪もちらついたけれど、風がなくて穏やかな紋別岳を一人で登って来た。
昨年より少ないものの、今年も支笏湖周辺の山をメインに随分と登った。
数えてみると、今日で山行日数が120日、丁度150山目に当たる紋別岳だった。

登山ポストからうっすらと雪があったものの、頂上でもせいぜい2,3cmだったので、スパイク長靴のピンの摩耗や曲がりを懸念して路肩の落ち葉の上を選んで歩いた。

それにしても、山の積雪が少なく、幌平山やオコタンペ山など年内に登れるだろうか。
昨年は12月4日にオコタンペ山に登っているけれど、この年は異常に早かったのかも知れない。↓

この日は、ソロの男性ばかり3名とスライドしたのみで、保全道路の全長4849mの途中2800m辺りで千歳のKさんとしばしお話をした後、そこからの登りは下山も含め私が独占した贅沢な紋別岳だった。

なお、Kさんとのことは明日にでも記事にしようと思う。
f0138096_20191145.jpg
アンテナ塔のある頂上部
f0138096_20191669.jpg
千歳市のKさん。5年前、恵庭岳の遭難事故の時に出動したとのこと
f0138096_20192084.jpg
恵庭岳と右端にオコタンペ山。まだまだ登れる積雪状態ではなさそう
f0138096_20192357.jpg
この笹が埋まると、尾根沿いに幌平山やイチャンコッペ山まで歩けるのだが
f0138096_20192762.jpg
積雪はせいぜい2,3cmほど。下りは滑るけれどスニーカーでもOK
f0138096_20193066.jpg
頂上から、支笏湖の奥に樽前山と風不死岳
f0138096_20195805.jpg
f0138096_20200161.jpg
保全道路(登山道)
f0138096_20200464.jpg
風不死岳をアップで。3日前にこの頂上に立ったばかり
f0138096_20200739.jpg
樽前山をアップで。左端に登山道が白く見える
f0138096_20201050.jpg

by tarumae-yama | 2018-12-08 07:54 | 登山 | Comments(0)

解決したかも

テスト投稿

パソコンに詳しい山友のアドバイスを得たり、ネットで調べたりしてとりあえず何とか投稿出来るようにはなった。
ブラウザを変えてやってみた結果だが、まだまだ解決の道は遠そうだ。

Cookieの設定を色々やっているうちに投稿画面が出るようになったけれど、しかし中々動作が安定しない。

図書館から借りて来た本の返却期日が迫っているのに、今日はいきなり積雪が15cmにもなり、雪かき作業も待っている。
今は一日が30時間あれば良いとつくづく思う。

今日の北海道新聞の朝刊に、今読んでいる本の著者が大きく紹介されていた。
新聞で取り上げられていた「極夜行」は、北極圏を犬と橇を引いて歩く冒険記だが、わざわざ太陽の出ない時期を選び、なおかつ新月の月明かりさえ期待できない真の闇の日数を含む80日間の行動記録(デポ地に食料や燃料等を運ぶための2年間の準備期間を除く)。

ブリザードで命綱とも言える六分儀を失い、地図(それも等高線の間隔が100mという粗い25万分の1)と磁石を頼りに行動する様は、ハラハラどきどきもの。

その本が、「本屋大賞 ノンフィクション本大賞」を受賞したとのこと。
著者は芦別市出身の道産子というのが嬉しい。
f0138096_17130738.jpg
f0138096_17131062.jpg
上の写真は、2018年12月7日の北海道新聞の朝刊を撮影。下の写真はまだ三分の一強しか読んでいないけれど、想像を絶する世界が描かれていてワクワクするものがある


by tarumae-yama | 2018-12-07 17:21 | 日々の出来事 | Comments(2)

記事を書けない

エキサイトにログインできないため記事を投稿出来ません。解決まで時間がかるかも知れません。
昨夜からパソコンに向かって苦闘しています。
この記事はスマホから投稿しています。


by tarumae-yama | 2018-12-07 09:06 | 日々の出来事 | Comments(2)

風不死岳北尾根、2018.12.3ー同行者からの写真ー

先日風不死岳をご一緒したH原さん、Kさんから送られてきた写真を紹介したい。
ただ、時系列にはなっていないので、戸惑うかも知れない(*_*;

写真の上でクリックすると大きなサイズで観られます。
f0138096_20233163.jpg
f0138096_20233395.jpg
f0138096_20235194.jpg
f0138096_20235480.jpg
f0138096_20235793.jpg
f0138096_20240086.jpg
f0138096_20240376.jpg
f0138096_20240650.jpg
f0138096_20241003.jpg
左に樽前山、その右に登頂した風不死岳
f0138096_20241446.jpg
f0138096_20244571.jpg
f0138096_20244825.jpg
f0138096_20245043.jpg
f0138096_20245416.jpg
f0138096_20251296.jpg
f0138096_20251530.jpg
上の16枚は、H原さんの撮影
f0138096_20273353.jpg
f0138096_20273506.jpg
f0138096_20274091.jpg
上の3枚は、Kさんの撮影

by tarumae-yama | 2018-12-06 07:19 | 北海道100名山 | Comments(0)

3年日記

3年日記帳を買ってきた。
毎回ブログで3年日記を買ったと書いているはずなので、前回の記事から3年があっという間に経ったことに驚く。

今まで20年近く同じ高橋書店の15番という日記帳を使い続けているけれど、近年は「今日は特になし」と書くたった一行の日が多くなった。

それなのに、この15番の日記帳はA4サイズに迫るほど大きく、一見豪華なので4000円を超えるほど高い。
たった一行なら余りにも無駄だから、今回は安くて小さなサイズに切り替えた。

妻は2年前の1月に入院したので、2016年に始まる3年日記帳は、出だしからずっと妻の体調などについて書いていた。
そして僅か33日で逝ってしまったのだが、2017年と2018年の元旦からスタートするその日記帳は、妻について書かれているのが目に入って辛かった。

まあ、楽しいことも多かったから、前年や前々年の同じ日にそんなことがあったと懐かしむ気持ちも少なからずあったけれど。

2019年(の1月1日)より始まる新しい日記帳には心機一転、「今日は特になし」と書く日が少なければ良いと思う。
そして、2021年の大晦日まで元気で続けられれば何よりだとも思う。
f0138096_15043139.jpg
グァム島への新婚旅行にも大判の日記帳を持参して、新妻に呆れられたことが今では懐かしい


by tarumae-yama | 2018-12-05 07:48 | その他 | Comments(0)

風不死岳北尾根、2018.12.3

S村さんが、この冬山シーズンに合わせアイゼンを購入したと聞き、風不死岳を北尾根から登ろうとお誘いした。
同行者はH原さんとKさん。

私はこのコースで1週間前に芽室町のKさんと登っている。↓


その時と登山道の状況は殆ど変わっていないので、だから山報告は省略しようと思う。

今日は晴天に恵まれ、羊蹄山もよく見えた。
ただ、昨日のイチャンコッペ山の疲れが残っていてペースが全く上がらず、1週間前は2時間を切ってピークに立てたのに、今回は登りも下りもそれぞれ20分も余分にかかってしまった。

前日、室蘭岳に登ったというKさんも蓮チャンなのに、サクサク登っていてさすが鍛え方が違うと思った。
f0138096_12562385.jpg
今日アイゼンを初めて装着したというS村さん(左端)。全員駐車場からアイゼンを装着
f0138096_20505082.jpg
f0138096_20505470.jpg
f0138096_20505865.jpg
恵庭岳や左の漁岳、小漁山もクッキリ
f0138096_20510459.jpg
f0138096_20510766.jpg
支笏湖の奥に羊蹄山、左に尻別岳



f0138096_20511020.jpg
余裕のKさん
f0138096_20511329.jpg
f0138096_20511577.jpg
f0138096_20511827.jpg
奥に徳舜瞥岳や白老3山などが見える。手前の多峰古峰山は殆ど雪がない
f0138096_20514074.jpg
f0138096_20514324.jpg
f0138096_20514583.jpg
羊蹄山をアップで
f0138096_20514806.jpg
樽前山は珍しく風がないようで、噴煙がまっすぐ上がっている
f0138096_20515177.jpg
f0138096_20515428.jpg
f0138096_20515739.jpg
白老3山をアップで
f0138096_20520081.jpg
頂上で昼食後、下山開始。奥に紋別岳
f0138096_20520476.jpg
f0138096_20520746.jpg
S村さん、アイゼンの調整が完全ではなかったようで、バランスを崩す場面があったけれど無事下山。12月とは思えないほど暖かくて穏やかな風不死岳だった


by tarumae-yama | 2018-12-04 07:35 | 北海道100名山 | Comments(2)

イチャンコッペ山、2018.12.2

追いついたりスライドした登山者の足元を見ると、私と同じスパイク長靴の男性が一人いたが、後は登山靴が大半で、トレランかそれに近いスタイルの登山者のそれは、専用靴のように見えた。
軽アイゼンを使っている登山者はいなかったと思う。

なので、この山の斜度がきつくなるところでは泥濘状態のために滑りやすく、下山時は大変そうだった。
実際、ハナハナさんのパーティーの一人は下山時に転倒した。

まあ、ヤマレコのkearashi57さんのように、スノーシューもアイゼンも持参した登山者はいたようだが。
スノーシューの出番はないほど積雪は無いに等しかったけれど、今の時期、最低限軽アイゼンは携行したほうが自身の安全のためだと思う、大して重い物でもかさばる物でもないだろうから。

それにしても、今日は風が強かったものの良い天気に恵まれ、10日前のイチャンコッペ山は降雪のために展望が全くなかったから、あの時の同行者にこの光景を見せてあげたかったと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22241760.jpg
f0138096_22242072.jpg
f0138096_22242387.jpg
f0138096_22242504.jpg
f0138096_22242822.jpg
旧反射板ピーク直下のmatu-montさん
f0138096_22243109.jpg
恵庭岳と手前に幌平山。幌平山はほとんど積雪がなく、まだまだ登れそうにない
f0138096_22243477.jpg
恵庭岳の頂上岩頭をアップで。登山口に車が3台停まっていたけれど、この岩頭に立った登山者はいたのだろうか
f0138096_22243732.jpg
この光景を10日前の同行者に見せたかった。初めてのイチャンコッペ山だったから
f0138096_22243946.jpg
午後から用事があるとのことで、この先走りながら登って行ったmatu-montさん。中央上に頂上部
f0138096_22244292.jpg
支笏湖の奥に風不死岳と左に樽前山
f0138096_22250724.jpg
樽前山をアップで。今日は晴天の日曜日だから、ゲートからせっせと歩いて頂上に立った登山者が何名もいることだろう
f0138096_22251038.jpg
頂上標識と奥に恵庭岳
f0138096_22251239.jpg
私の作った雪だるまを撮影する千歳のS夫人。彼女のカメラはソニーの高級ミラーレスα7Ⅱ
f0138096_22251585.jpg
手前に下山者が見える
f0138096_22251850.jpg
中央右に漁岳、左に小漁山。積雪がまだ少なくて年内登るのは無理だろうか
f0138096_22252060.jpg
広角寄りにして左端に恵庭岳
f0138096_22252274.jpg
下山中にすっかり雲が消え、漁岳がクッキリ


by tarumae-yama | 2018-12-03 00:27 | 登山 | Comments(4)

イチャンコッペ山で沢山の出会い、2018.12.2

朝からの青空を見て紋別岳に向かったのだが、駐車場には全く雪がなくスパイク長靴だったため、長靴のピンにも舗装道路にもダメージを与えてはいけないと、イチャンコッペ山に転進。

駐車場には10台以上の車が停まっていて賑わっている様子。
入山名簿に記帳し、9時55分にスタート。

出だしはほとんど雪がなくて泥濘状態、その後数センチの雪や氷の上にうっすらと雪が乗っている変化に富んだ登山道だったので、こちらはスパイク長靴が最適だった。

登山口から50分ほど登ったところで、ソロの男性とスライド。
何と、支笏湖周辺の山で何度も会っている南幌町のSさんだった。
最近では、今年の2月25日、丹鳴尾山に向かうゲート前でお会いしている。

その直後に追いつかれたソロの男性と挨拶を交わすと、tarumae-yamaさん?と言われ、ヤマレコでお馴染みのmatu-montさんだった。
最初にお会いしたのは2015年3月14日の漁岳の頂上で、その後相棒のyo-さんとは2,3度会っているけれど、matu-montさんとはそれ以来の再会だろうか。
そこから、旧反射板ピークまで一緒に登り、前日開催されたヤマレコの忘年会の様子など教えてもらった。

そして、matu-montさんと登っていて、旧反射板ピークの下で挨拶を交わした女性3名パーティーの先頭は、苫小牧のハナハナさんだった。
樽前山で何度もお会いしていて、今年の6月28日にもバッタリだったけれど、イチャンコッペ山では初めてと思う。
風邪をひいているとのことだが、それでも相変わらずの笑顔で楽しい雰囲気満載だった。

最後の出会いは、ヤマレコのkearashi57さんだった。
頂上直下で、またもtarumae-yamaさん?と挨拶をされたのだが、今年更新したMSRのスノーシューを披露してくれたり、私が最近登ってきた韓国の山の話などでしばし歓談。
彼とは、昨年の1月8日紋別岳でお会いし、履いていたノースイーグルのスノーシューの話などをした記憶がある。
私のブログをちょくちょく見ているとの話は嬉しかった。

今日のイチャンコッペ山は、ご来光登山ですでに下山した人も含め20名前後の登山者と思われるのだが、その中で4名もの知人とバッタリだったのは本当に驚いた。

蛇足ながら、会ってはいないものの紋別岳の駐車場にも山友の車が停まっていた。
f0138096_17095386.jpg
南幌町のSさん。正面の顔はNGなので後姿を。右上に恵庭岳
f0138096_17101513.jpg
今年2月25日にお会いした時の写真は撮っていないので、これは2016年5月8日、恵庭岳の第2見晴台で撮影した時のもの。中央の後姿がSさん
f0138096_17102659.jpg
旧反射板ピークをバックにヤマレコのmatu-montさん
f0138096_17103505.jpg
2015年3月14日、漁岳頂上で、右端がmatu-montさん、左端が私。私の隣にmatu-montさんの相棒のyo-さん
f0138096_17104894.jpg
旧反射板ピークの下で、女性3名パーティーの先頭がハナハナさん
f0138096_17105708.jpg
2018年6月28日、樽前山でハナハナさんを撮影
f0138096_17110860.jpg
頂上直下で、ヤマレコのkearashi57さん
f0138096_17111437.jpg
2017年1月8日、紋別岳でkearashi57さんを撮影

追加
先ほど、kearashi57さんのヤマレコを見たところ、私と6月に恵庭岳で会っていると書いてあり、そのことを失念していた。
確かに、その時の私のブログでお会いしていると書いてあった。↓



どさくさ(?)に紛れて
f0138096_17212359.jpg
頂上から下山までご一緒した千歳のSさんご夫妻。標識の上の雪だるまは、今日私が作ったもの


by tarumae-yama | 2018-12-02 17:28 | 登山 | Comments(0)