<   2016年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

恵庭岳、9月2日

スタート時点では砂防ダムから恵庭岳の頂上岩塔がクッキリ見えていたのだが、第1見晴台、第2見晴台へと高度を上げて行くにつれ雲が増えてきた。
風もなく蒸し暑い中、汗だくで登ったと言うのに、頂上岩塔からは眼下の支笏湖は全く見えず、対岸の風不死岳や樽前山も同様であった。

下山して湖岸道路を走っているとき、支笏湖も上記の山もしっかり全容を見せていたから、恵庭岳の頂上付近にまとわりついていた雲のせいでに眺望が得られなかったようだ。

今日は、本州からの登山者2,3組とすれ違った。
台風の大雨の影響でシャトルバスが運休し、幌尻岳に登れなかったと言う転進組など、はるばる奈良や京都からやって来たというのにお気の毒なことであった。

台風10号による倒木は、第1見晴台のすぐ上の登山道脇のものが最後で、そこから先は全く以前と変わらない。
そして、4日にまた恵庭岳に登ったSさんからのメールに、多分3日に千歳山岳会の有志が処理したと思われる倒木の写真が添えられていた。
この処置のお陰で、台風襲来以前と殆ど変わらずに登山道を歩けるのではないかと思う。
f0138096_1501374.jpg

奥にSさん
f0138096_1503597.jpg

第1見晴台にて、シラタマノキを入れて奥に頂上岩塔
f0138096_1504360.jpg

同上、支笏湖が霞んでいるが何とか全体は見える
f0138096_1505113.jpg

頂上岩塔のロープ近くの亀裂。ここにデベソ岩があった。この岩もそう遠くないうちに崩落するのだろう
f0138096_1505824.jpg

中央左に見える岩塔が、隊長Oさんが案内してくれるというジャンダルムなのか?
f0138096_151531.jpg

このロープ場を通過して頂上に立てるのは、そろそろ時間の問題と思う
f0138096_1511273.jpg

Sさんの目の前の部分も年々崩れ落ちて細くなっている
f0138096_1511925.jpg

ルンゼの辺り、奥にオコタンペ湖
f0138096_1512611.jpg

f0138096_1513313.jpg

頂上岩塔からの落石が危険なため、ゆっくり景色を楽しんでいる余裕はない
f0138096_1514851.jpg

f0138096_1515762.jpg

f0138096_152474.jpg

奈良と京都からやって来たという二組のご夫婦。6合目辺りで昼食中。右からの3人は(高校生時代?の)同級生だそうだ。シャトルバスが運休し幌尻岳に登れず、恵庭岳に転進したとのこと
f0138096_152121.jpg

砂防ダムの所で追いついた若者グループは北大の2年生でアメフト部に所属と。5人中4人は道外出身者らしい。
砂防ダム辺りでルートが分からずに30分ほどうろついたそうだ。手前の女性の登山靴は、祖母からもらった古いもので底が剥がれたと。左から2番目の若者は枝に鼻をぶっつけて出血したらしい。せっかくの美形が・・・。皆さん明るくてとても楽しそうな雰囲気だった。我々にお薦めの山を聞いてくるなど物怖じしないところも良かった
f0138096_1522763.jpg

頂上でガスの切れるのを待っているうちにウツラウツラしている?私。 9月2日Sさん撮影
f0138096_1523496.jpg

f0138096_1524185.jpg

上の2枚は、前日に倒木処理がされたのだろう。9月4日Sさん撮影

by tarumae-yama | 2016-09-05 07:21 | 北海道100名山 | Comments(4)

羊蹄山、8月27日-同行者からの写真-

遅くなったけれど、羊蹄山の同行者から送られて来た写真を紹介して今回の山行報告?を終えようと思う。
f0138096_14271657.jpg

f0138096_14272826.jpg

上2枚はUさんの撮影。私が撮っているのは倶知安測候所の前身である羊蹄山測候所倶知安観測所の跡地。札幌管区気象台のHPによると、太平洋戦争末期に本土決戦が叫ばれ始め、航空気象観測網を充実させるため1944年1月1日に設立されたとある。
私が就職した勤務先の上司は、この山頂の観測所に勤務したことがあると話をしていた
f0138096_14273998.jpg

f0138096_14275072.jpg

f0138096_1427594.jpg

山頂の賑わい
f0138096_1428843.jpg

f0138096_14282250.jpg

f0138096_14283256.jpg

上の6枚はM夫人の撮影

おまけ
f0138096_14284490.jpg

苫小牧のKさんから送られて来た写真。腰のピンクの手ぬぐいは、登りの登山口でタオルを忘れたと言ったとき、一緒した71歳の九州からの男性がプレゼントしてくれた物(^o^)
by tarumae-yama | 2016-09-04 07:55 | 日本100名山 | Comments(6)

羊蹄山、8月27日-その2-

山頂まで想定外に時間がかかり、昼食後そのまま喜茂別コースで下山を考えたのだが、同行者に余力がありそうだし、年に何度もない素晴らしい晴天と眺望だから、お鉢を半周して比羅夫コースの分岐まで行くことに。

結果的にお鉢を回って大正解だった。
我々は思いがけずエゾオヤマリンドウの群落を目の当たりにしたし、心に沁みるほど真っ赤な実のついたナナカマドを見ることが出来た。
そんな光景に感動して驚くほど沢山の写真を撮り、また山頂に戻った。

さすがに疲れのせいか急斜面の下山では何度かスリップして尻餅をついたりしたものの、18時前無事登山口に到着。
実に11時間を超える山行になったけれど、たっぷりと堪能した羊蹄山に我々は大満足だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10481792.jpg

苫小牧のKさん達と一緒に
f0138096_10482686.jpg

遠くに洞爺湖
f0138096_1048439.jpg

中央付近に尻別岳
f0138096_10485287.jpg

頂上から、カップルを
f0138096_1049163.jpg

イワギキョウを入れて奥に頂上
f0138096_1049867.jpg

京極コースでKさんと友人が下山して行く
f0138096_10491523.jpg

上の写真の岩(左端のピーク)に立つ同行者
f0138096_10492350.jpg

左端に日本海
f0138096_10493148.jpg

f0138096_10493991.jpg

ニセコアンヌプリ
f0138096_1049466.jpg

f0138096_10495489.jpg

エゾオヤマリンドウ
f0138096_1050190.jpg

同上
f0138096_105010100.jpg

ナナカマドを撮影中のM夫人
f0138096_10501849.jpg

中央付近に山小屋
f0138096_10502589.jpg

奥に頂上標識のある山頂
f0138096_1050347.jpg

18時前、無事下山
by tarumae-yama | 2016-09-03 11:04 | 日本100名山 | Comments(0)

恵庭岳、9月2日-速報版-

今日も恵庭岳登山道の倒木処理に登るというSさんに同行した。
一応私も鋸を持って枝切りの真似事をしたけれど、Sさんの作業量とは比較にならなかった。

昨年10月の倒木被害を思えば、今回の台風10号の影響は小さいとの印象を持ったものの、それでも迂回路の数カ所で倒木に煩わされる。
そして、この新たな倒木で進路を遮られるためテープが追加されたが、それにもかかわらず、下山時の4合目半辺りで道迷いを起こすのではと不安を覚える所があった。

Sさんの話では、昨日下山中の登山者が、私の懸念しているところでやはりコースを外れ、後ろを歩いていたSさんから呼び止められたらしい。
そんな訳だから、この週末恵庭岳に向かう登山者は、絶えず前方のテープを確認しつつ進んで欲しいと思う。

とりあえず、速報版として写真を4枚アップした。
f0138096_15422897.jpg

崩壊の進み具合を見たくて久しぶりに頂上岩塔に立ったけれど、ロープ場の岩の亀裂状況を見ればもう登りたくない
f0138096_15424563.jpg

雲が多く、オコタンペ湖はエメラルドグリーンとは言えない。それに大雨の影響で少し濁っているようだ
f0138096_15431752.jpg

ナタで枝払い作業中のSさん
f0138096_15432611.jpg

倒木の上に足場を作っている
by tarumae-yama | 2016-09-02 15:56 | 北海道100名山 | Comments(2)

台風10号による恵庭岳の倒木、9月1日

9月1日に恵庭岳に登ったSさんから写真付きのメールが届いた。
それによると、新たに5ヶ所ほどで倒木しているそうだ。
偶然、隊長Oさんも同じ日に恵庭岳に登っていて、倒木の所にテープを付け(倒木を回り込むときに道迷いしないようにし)ていたとメールに書かれていた。

明日またSさんは恵庭岳に登って倒木の処理をすると言う。
隊長Oさんといい、登山者のためにここまで献身的になれることを、私も少しは見習わなくてはと思う。
f0138096_15355834.jpg

f0138096_15361041.jpg

f0138096_15362046.jpg

f0138096_15362921.jpg

f0138096_15363849.jpg

f0138096_15364920.jpg

f0138096_15365955.jpg

7枚の写真は、9月1日Sさんが撮影したものをメールで送って頂いたもの。ブログに載せる事はSさんの了解済み。写真に写っているテープは隊長Oさんが付けたもの?
by tarumae-yama | 2016-09-02 06:25 | 北海道100名山 | Comments(0)

林部智史「あいたい」

湊かなえの「山女日記」は中々面白い。

ここ2,3年、TVは殆どニュースしか視ないので、最近の歌手など全くといってよいほど知らない。
昨夜、たまたまTVを点けたまま「山女日記」を読んでいたところ、「あいたい~♪」という歌声がいきなり心に飛び込んできた。
何と胸に沁みる声質と歌詞(とメロディー)なのだろう、読書を止めTVの画面を食い入るように視た。

毎日朝晩、仏壇の妻の写真に向かって「もう一度逢いたい」と言っているのだけれど、いままで夢にさえ出てくれない。
林部智史の「あいたい」を聴かせたなら、その気になってくれるだろうか。


歌詞付きの動画も
f0138096_11362747.jpg

タイトルとは関係のない写真だが、台風10号の接近で千歳は一昨日の深夜かなりの強風だった。翌朝、車庫前にドングリの実が幾つも落ちていた。今年は豊作で熊が街まで下りて来なければ良いのだがと思う
by tarumae-yama | 2016-09-01 07:07 | 音楽 | Comments(0)