人気ブログランキング |

<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

7月11日、イワブクロウ満開の樽前山

なかなかスカッと晴れた日がなく6月29日の夕張岳以降山に登っていない。
14日に札幌の友人夫婦と千歳の友人の家族を樽前山に誘っているので、曇りの天気ではあったが午後からタルマエソウ(イワブクロウ)の咲き具合を調べに出かけてきた。

さすが日曜日の樽前山、登山口に到着したのは14時過ぎであったが、7合目の駐車場から溢れた車が路肩に止まっていただけでなく、(7合目の駐車場の)空くのが待ちきれない登山者の車が5合目のゲート前にも2,3台止まっていて驚いた。

お目当てのタルマエソウ、今年は当たり年のようで登山道の両側に沢山咲いていた。
丁度今が満開の状況だが、友人達と登る14日ならまだ充分楽しむことが出来そうだ。
f0138096_18304843.jpg

登山道脇に咲くタルマエソウ、今日はファミリー登山が多かった
f0138096_18305925.jpg

ドームをバックにタルマエソウ
f0138096_18311163.jpg

タルマエソウのかたまり
f0138096_18312612.jpg

イワキキョウ
f0138096_18314567.jpg

シラタマノキ
f0138096_20543338.jpg

ガスの稜線歩き、東京からのDご夫妻
f0138096_183214.jpg

東山のピークから一緒に下山した東京のDご夫妻、マルバシモツケを撮影中のご主人
by tarumae-yama | 2010-07-11 18:37 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(2)

2回目のハスカップ狩り

昨日、友人がハスカップ狩りが初めてという知人を案内してS君の畑に行くというので、我々夫婦も合流した。
5日にS君の畑で採ったばかりだが、我が家で消費する量には全然足りなかったので、もう1,2度行かなければならないと思っていた。

10時前に畑で合流したOご夫妻やT夫人とは私達夫婦も顔見知りであるが、ハスカップ狩りで一緒したのは当然初めてである。
S君の指導宜しく、見ていると初めてにしては上手に収穫していた。

それにしても昨日のハスカップは、よりによって殆どの木の実がなかなか採りづらく、ちょっと手に力が入ると実がつぶれて指が真っ赤になってしまう。
そんな訳で思うように収穫出来ず、友人達ご一行は13時頃引き上げていったが、私達夫婦は昼食抜きで15時近くまで頑張って5kg少々採るのがやっとだった。

まあ、それでも何とかハスカップ酒を作る分は確保出来た。
あとは我が家のハスカップだが、せめて5,6kg採れないものかと思っている。
f0138096_15342395.jpg

ピーク時、2,3分おきに着陸進入する旅客機がすぐ頭上を飛ぶS君のハスカップ畑
f0138096_1534382.jpg

通路の左側がハスカップ畑で右がブルーベリー畑
f0138096_15353183.jpg

ハスカップの作況は良くないが、今年のブルーベリーはこのまま行くと豊作だという
f0138096_15354840.jpg

S君夫婦を中心に友人の家族と知人ご一行様のお茶タイム、家内も
f0138096_1536162.jpg

一昨日、我が家の庭のハスカップの実、この後初収穫
f0138096_15361320.jpg

一昨日、1.8kgの初収穫、我が家の実は形も大きさもバラバラ
by tarumae-yama | 2010-07-10 15:48 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

LUMIX DMC-GF1CとリコーGX200

今まで(今も)使っていたリコーGX200はコンデジとしては少々大きく重い。
しかし、広角が24mmと言う画角は登山では重宝していたし、1cmまで接近できるクローズアップは花の接写に効果的であった。
今回購入したLUMIX DMC-GF1Cは、(35mm判換算で)40mmの単焦点レンズだから登山には少々使いづらい点があるものの、お散歩カメラとしては十分な画質とコンパクトさを兼ね備えたデジ一カメラだと思う。
f0138096_17252061.jpg

リコーGX200より一回りか二回り大きくなったがそれでも何とかポケットに入りそうだ??
f0138096_17253521.jpg

パンケーキレンズといえどもレンズ収納型のコンパクトデジカメと比べるとさすがに厚みがある
by tarumae-yama | 2010-07-09 17:31 | 写真 | Trackback | Comments(2)

LUMIX DMC-G1KとGF1C

昨年暮れにG1Kを買ってから、野鳥用に望遠レンズとGF1Cで大変評判の良い単焦点レンズを欲しいと思っていた。
望遠レンズについてはどうやら10月に発売になるようだが、単焦点レンズについては2月の記事で電池もG1Kと共通だからGF1Cを買った方がずっとお買得だと書いた。

先日、キタムラカメラネットショップを見て、下取りを利用することでそのGF1Cが「価格.com」の最安値以下になると知った。
下取りは、壊れたカメラやレンズでも製造番号が付いていれば何でも良いらしいのだが、私に不要品はなかった。たまたま友人がもう使わないという古いビデオカメラを提供してくれ、そんな訳で予想外に早くGF1C(単焦点レンズ)を手にすることが出来た。

入手したGF1CはG1Kのようにファインダーはないものの、その分コンパクトになって機動性が増したし、ハイビジョン動画が撮れるようにもなった。
どちらもマイクロフォーサーズマウントだから状況に応じレンズの組合せを変えることが出来る。
f0138096_1349931.jpg

標準ズーム付きのG1(左)と20mm単焦点レンズのGF1C
f0138096_13492226.jpg

レンズを取り替えてみた。どちらにもプロテクトフイルターを付けている
by tarumae-yama | 2010-07-08 14:00 | 写真 | Trackback | Comments(2)

マイスキーのコンサート

結婚35周年記念イベントの「富良野・美瑛の丘日帰りドライブ」に続く第2弾(第3弾はない?)は、11月下旬の音楽鑑賞会
家内が大ファンであるミッシャ・マイスキーがやって来るというので札幌へ聴きに行く。
バックはマイスキーの母国からラトビア国立交響楽団。
指揮者は、これまたファンであり今日本で一番チケットが入手困難だと言われる西本智実

ネットの先行予約抽選でゲット、先日そのチケットが送られてきたが、入場料は嬉しい事に家内がへそくり?から出してくれた。

曲目は、ドヴォルザークのチェロ協奏曲チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」ショスタコーヴィチの交響曲「第5番」と言うものだが、チケットが発売されているのに未決定というのは解せない話だと思う。

どちらも超有名曲だが、家内はショスタコーヴィチの曲であるようひたすら念じている。
f0138096_12452519.jpg

写真はサモンプロモーションのHPより
by tarumae-yama | 2010-07-07 12:49 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

GF1CとGX200の画の比較

昨日、パナソニックのLUMIX DMC-GF1Cを入手したので、以前から使っているリコーGX200と花のクローズアップ写真で早速比べてみた。
さすが撮像素子が大きい分、前者の方がボケの具合が大きい。
どちらもクローズアップモードで撮影したが、予想外にGX200が明るく写っていた。
ただ、GF1Cの方が深みがあり、実際のマーガレットに近いように見える。

だが、GX200も中々の健闘ぶりだしこのカメラは1cmまで近づけるのが大きな魅力だ。
f0138096_1252153.jpg

パナソニックLUMIX DMC-GF1Cで撮影、これ以上花に近づけないがボケ具合が大きい
f0138096_12521475.jpg

リコーGX200で撮影、1cmまで接近できるのでもっとアップになる
f0138096_20193152.jpg

f0138096_20194278.jpg

f0138096_20195413.jpg

上の3枚は5日午後からLUMIX DMC-GF1Cを持って青葉公園で撮影、全てクローズアップモード
by tarumae-yama | 2010-07-06 13:00 | 写真 | Trackback | Comments(2)

ハスカップ狩り

友人の家族と一緒に午前中、これまた友人の経営するハスカップ畑に実を採りに行って来た。
今年はやはり春先の低温が影響しているのか、収穫を始めたのは昨日からとのこと。
実の成りも平年作以下らしく、肥料代や人件費代等が上がっているのにと嘆きが入った。

我が家の庭のハスカップも今年は出来がパッとせず、昨年は6月28日に初収穫したのだが、今年はもうしばらくかかりそうだ。
f0138096_175014100.jpg

ハスカップの実を摘む友人家族
f0138096_17502955.jpg

友人のS君の畑で採ってきた実、3時間程で約3kg
by tarumae-yama | 2010-07-05 17:55 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

カリフラワーをゲット

私のブログにリンクしている「F-KANNO’s blog」さんのもともとのHP「ファームかんの」さんで、今カウンタープレゼントをやっている。
平成22年度の1回目に偶然私がゲットしてカリフラワー1箱を贈られることになった。

実は、このカウンタープレゼントに関してかんのさんのブログのコメントに、「我が家では(食べ慣れていないので)カリフラワーは苦手です」と余計な一言を入れてしまった。
額に汗して美味しい作物を作ろうと大変なご苦労をされているのに、何とも心ないコメントだと気がつき、まだ返事が無い事に安堵しコメントそのものを削除した。

ところが、ブログのコメントはかんのさんの携帯電話に転送されることになっていると知らされ赤面の思いであった。
先月、かんのさんの広大な畑で見たあのカリフラワーを今心待ちしている。
f0138096_1155321.jpg

22111とカウンターが一致した記念?写真、2回目は何とメロン! 外れた方は自費で注文を。写真の上でクリックすると見やすくなります
f0138096_1604887.jpg

f0138096_16135.jpg

トンボの写真は、7月4日午後自宅近くの公園で撮影
by tarumae-yama | 2010-07-04 11:26 | 食べ物 | Trackback | Comments(2)

「NEX-3」、「NEX-5」のファームウェアアップグレード

ソニーのデジ一眼カメラ「NEX-5」が売り出されて今日で丁度一ヶ月が経った。
随分人気があり、品薄になっていると昨日の記事に書いた。
しかし、電池の持ちの悪いことが購入者のクチコミに幾つも載っているのでカタログを見てみた。

このクラスで最小・最軽量のボディである「NEX-5」が、当然バッテリーも小型で撮影可能枚数が少ないものと思っていたが、カタログの公称値では「NEX-3」ともども330枚、ボディサイズの大きいオリンパス・ペン Lite E-PL1の方が、一番小さな2.7インチの液晶を使っているにも拘わらず意外なことに290枚と少なかった。
因みに、パナソニックLUMIX DMC-GF1Cは、パンケーキ使用時380枚、標準ズームレンズ使用時で350枚であった。

オリンパスの購入者から可能撮影枚数に関して苦情のクチコミが少ないのに、40枚も多いソニーが不満たらたらなのはどうしてかと思っていたが、どうやら電源を切った後も消費電力が多いらしい。
この点に関してはソニーも把握していたらしく、早々?とファームウエアのバージョンアップの対処がなされた。
電池の問題だけでなく、幾つかの不具合や機能の向上も図られたらしい。

さんざんソニーのカメラの事を書いておきながら、私はパナソニックのGF1Cをキャッシュバックキャンペーンの切れる今月25日までに購入したい。

標題とは無関係に庭の花を
f0138096_14531984.jpg

f0138096_14533180.jpg

7月3日、パナソニックLUMIX DMC-G1Kで撮影
by tarumae-yama | 2010-07-03 14:58 | 写真 | Trackback | Comments(2)

コンデジ一カメラの人気

コンパクトデジカメタイプの一眼カメラが売れているそうだ。
6月に発売されたソニーのNEX-5やNEX-3はボディーカラーによっては品薄だという。

1年ほど前にオリンパスからペン E-P1が売り出されたとき、デザインは気に入ったが、(電子)ファインダーがない上に高額だからヒットすることはないと思っていた。
ところが、現在デジタル一眼(レフタイプも含む)カメラで一番売れているのは、「価格.com」によると、パナソニックLUMIX DMC-GF1Cである。
その上、NEX-5D ダブルレンズキットが3位、オリンパス・ペン Lite E-PL1 レンズキットが8位とコンデジタイプがベストテンの中に3機種も入っている人気ぶり。

確かに先月中富良野の富田ファームで、若い女性が二人このタイプのカメラで花を撮影しているのを見たから、実際良く売れているのだろう。

私も時々レストラン等で撮った料理の写真をアップするが、大きな一眼レフカメラでは店の人も何事かと思うだろうし、こちらも何となく落ち着かない。
その点、コンデジ一カメラは敷居が低く気楽に撮れる。
また、コンデジカメラの画質に満足できない、或いはデジ一眼レフカメラまでの画質や機能を求めない人達には、機種が増え価格も安くなってきたコンデジタイプのデジ一カメラが魅力的な物に映るのだろうと思う。
f0138096_11454280.jpg

オリンパス・ペン Lite E-PL1 ダブルズームキット、写真は「価格.com」のHPより
by tarumae-yama | 2010-07-02 11:57 | 写真 | Trackback | Comments(6)