人気ブログランキング |

<   2009年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

摩周湖一周

 先日、HYML(北海道山メーリングリスト)に摩周湖の外輪山を1泊2日でぐるり歩くという会員のメールが流れた。
 私も、昨年ピリカヌプリを挑戦したときに同行してくれたA君から、支笏湖の外輪山を繋ぎませんか?と言われていたので、同じような考えを持つ人がいるものだと興味を持った。

 たまたま摩周湖の空撮写真を持っていたのでどのように歩くのか写真上でたどってみたが、摩周岳の切れ落ちる崖の上を歩いたなら凄すぎる。

 仕事柄航空関係者と接する機会が多く、彼らがヘリや小型機から撮影した写真を頂くことが何度かあった。
 摩周湖の写真を載せるついで?にそれらの中から数枚アップした。
 
f0138096_1232226.jpg

             摩周湖と右側に切れ落ちた摩周岳、中央奥は斜里岳
 
f0138096_1234237.jpg

       風力発電塔と海に浮かぶ真っ白な利尻山、この風景が大好きだ
 
f0138096_124142.jpg

          利尻島は利尻山そのもの?、この島で1年半生活した
 
f0138096_1242069.jpg

        利尻山のアップ、この山は北海道銘菓「白い恋人」の写真になっている
 
f0138096_1244896.jpg

                  樽前山(左)と風不死岳
 
f0138096_1251641.jpg

   知床の連山とオホーツク海の流氷、太平洋側にも流れている、中央奥左手に国後島
 
f0138096_1253486.jpg

                  知床の山並みとオホーツク海の流氷
 



 
by tarumae-yama | 2009-03-11 12:23 | アウトドア | Comments(2)

ホームベーカリー

 昨日、埼玉から兄が高校時代のクラス会に参加のため来道した。
 早朝便だったから我が家で一緒に家内が作ったパンで朝食を摂った。

 このパンは、家内が20数年ぶりに2台目となるホームベーカリーを更新して作ったもの。
 今時のホームベーカリーは、構造は基本的に不変と思うが、音は静かになったし時間も短くなった。
 これ1台で餅も作れるというから技術の進化は本当に素晴らしい。
 
 道産の小麦粉「はるゆたか」とホームベーカリーのおかげで、ホカホカモチモチしたパンを毎朝食べられるようになった。
 
f0138096_12503339.jpg

                 今では餅も作れるホームベーカリー
 
f0138096_1251539.jpg

                    一斤の食パンが作られる
 
f0138096_12512766.jpg

                 レーズンやハムなどを入れたプチパン
 
f0138096_12514378.jpg

                   マーマレードのジャムも手作り
 
by tarumae-yama | 2009-03-10 13:17 | 食べ物 | Comments(2)

ピリカヌプリ

 私のエキサイトブログでは個人を特定することは出来ないけれど、毎日のアクセス数やリンク元URLを知ることが出来る。
 その他「検索ワードランキング」項目で、毎月の10位までのランキングを知ることも出来る。
 それによると、今月ランキングのトップは「ピリカヌプリ」の7回で、いままで一度も顔を出したことのないワードだった。
 ちなみに第2位は、「生まれる前から不眠症」の4回、3位が「エゾリス」で、第10位が「オコタンペ山」の2回となっている(8日現在)。

 この「ピリカヌプリ」は日高山脈にある山で、登山道がないから残雪期に登ることになる。
 以前にも書いたが、北海道新聞社が選定した北海道100名山の一つで、有名な「山と渓谷」社が選定した北海道100名山には入っていない。
 この2つの100名山を全て登ろうとすると118山になるのだが、私は昨年3月、「北見富士」に登って117山となり、「ピリカヌプリ」を残すだけになっていた。

 しかし昨年4月5日、1泊での「ピリカヌプリ」の挑戦は、前日の降雪に遅々として進まず、時間切れで遙か手前のトヨニ岳から引き返した。

 この山は、暖かく天気が安定するGW頃に2泊3日をかけて登られることが多いようだ。
 昨年は記録的な少雪で、GWには雪がなく登頂を断念したパーティーが随分あったらしい。

 今年挑戦するパーティー等が、そろそろ情報集めに検索し、私のブログにヒットしたということなのであろう。

 私自身の再挑戦はと言えば、家内と4月の上旬から四国・九州まで一月間出かける予定だから、今年はあり得ない。
 最も、ナイフリッジの稜線を重荷を担いで進むのは、かなり危険と昨春で知り腰が引けているから、来年以降もあり得ないと思う。
 
f0138096_13243383.jpg

 昨年4月5日、ピリカヌプリを挑戦したとき撮影したもので細尾根を進む同行者のA君を写す
by tarumae-yama | 2009-03-09 13:30 | 登山 | Comments(2)

新しい野鳥の餌台

 頂き物の羊羹やカステラの空き箱で作った野鳥の餌台は、先日のエゾリスの重さに耐えかね壊れてしまった。

 以前行ったホームセンターにはとても手の出ない高額な餌台しかなかったのだが、今回格安でデザインも気に入ったものが置いてあった。

 今日取り付けて室内から様子を見ていたが、新しい餌台に警戒することなく、早速ゴジュウカラとミヤマカケスが飛来してきたから一安心。
 
f0138096_12384851.jpg

              デザインと格安なことからホームセンターで購入
 
f0138096_1239546.jpg

              ライラックの木に取り付け中、  家内が室内から撮影
 
f0138096_12392582.jpg

                      取り付け作業完了
 
f0138096_1239401.jpg

                  早速ゴジュウカラがやってきた
 
f0138096_1240517.jpg

             ミヤマカケスは少々窮屈そうにヒマワリの種を食べていた
 
 
 
by tarumae-yama | 2009-03-08 13:01 | その他 | Comments(2)

壊れたスノーシューのその後

 オコタンペ山と七条の滝に続き、5日の漁岳登山中のわずか3回目で、ATLASのスノーシューはアルミパイプと締め具を繋ぐ樹脂製のベースが切れてしまった。

 今までのTUBRS製は、10年近く使ってリベットが2度飛んだだけの丈夫さを誇っていただけに、あまりの耐久性のなさに唖然となった。

 漁岳から下山をしてすぐに注文先のカベラスジャパンサービスディスクに電話を入れた。
 担当者はあれこれ詮索することなく、同じ製品と交換しますと言ってくれた。
 しかし、在庫もこの後アメリカから入荷する予定もないと分かり、結局代金の返却となった。
 50ドルかかった送料もお返ししますとのことであった。

 TUBRSと違い、急斜面をグイグイと登る性能の高さを示してくれただけに何とも残念だ。
 昨日、壊れたスノーシューを返送したが、今年の秋に改めて注文しようと考えている。

 返送前に2つのシューを比べてみたが、樹脂の厚さがATLASは0.5mm以下、一方TUBRSの方は0.6mmはありそうだ(ノギスで計った訳ではないので不精確)。
 パイプとの接続方法も、写真で一目瞭然、後者が耐久性を考えて作っていると思う。
 
f0138096_13111961.jpg

                  赤丸の部分がちぎれてしまった
 
f0138096_13112666.jpg

            TUBRS製はパイプを繋ぐ部分は厚い樹脂を使っている
 
f0138096_13113085.jpg

                   厚さがある上に一体型ではない
 
f0138096_1311465.jpg

     しかし、TUBRSのスノーシューにも亀裂が入っているからいつまで持つか・・・
 
f0138096_13121059.jpg

オコタンペ山で偶然一緒になったN君撮影の私、この急斜面のトラバースは雪崩を誘発するのではないかと気が気ではなかった
by tarumae-yama | 2009-03-07 13:25 | アウトドア | Comments(2)

エゾリス

 ”エゾリスが来ている!”という家内の驚いた声にこちらも驚いた。
 何と、野鳥の餌台にリスが入り込んでいる。
 手作りの小さくお粗末な餌台の中で、大きなエゾリスがヒマワリの種を夢中で食べている。

 デジ一の他にビデオまで持ち出し30分以上も撮影に夢中となった。
 周りの木にはシジュウカラやヤマガラ、シメの他に大きなミヤマカケスも来ていたが、ただ呆然?となすすべなく見ているという感じであった。

 殆ど食べ尽くし悠然と青葉公園?へ帰って行った。
 腹を空かした野鳥のためにヒマワリの種を追加したが、ここに家を建てて21年、庭でエゾリスを見るのは初めての事で、いささか興奮してしまった。
 
f0138096_10483133.jpg

 
f0138096_10485642.jpg

 
f0138096_11301.jpg

 
f0138096_11641.jpg

 
f0138096_11162881.jpg

                    写真はいずれも6日午前9時頃撮影
 
by tarumae-yama | 2009-03-06 11:16 | その他 | Comments(2)

3月5日、漁岳

 体重が増え気味のせいもあり、減量とトレーニングのため少々本格的な山である漁岳に登ってきた。
 下山のコースは先日登ったオコタンペ山を経由して登山口に戻る考えであったが、何と買ったばかりのATLASのスノーシューが登山中に壊れてしまった。

 そんな訳で、漁岳のピストンとなった。
 晴れる予報だったのに、途中から小雪がちらつくあいにくの天気、どこまでもついていない。

 登山口から登りに3時間8分(休憩を含む)、下りはノンストップで1時間46分、GPSによると往復12.7km歩いたことになる。

 オコタンペ湖への分岐ゲート前に3台の車が止まっていて丁度登山の準備をしているパーティーを目にしたが、オコタンペ山か恵庭岳に向かったらしく、結局誰にも会わない静かな山であった。

 そんなこともあるだろうと、デジタルオーディオを持参し、演歌やフォークソング、クラシックなど雑多に録音した音楽を聴きながら黙々と歩いた。

 今回、まだまだ雪が締まっていなくてスノーシューでも埋まったから山スキーの方が良かったかも知れない。
 アイゼンを使うことなくスノーシューで頂上に立ったが、頂上直下の数十メートルはかなり緊張を強いられた。
 今回で8度目の漁岳だが、なかなか侮れない山だと思う。
 
 そう言えば、3年前の4月にこの山の頂上直下でスリップし、担いでいたスキーを沢まで流した苦い思い出がある。

 同じような写真ばかりだが、クリックすると大きくなります。
 
f0138096_1659297.jpg

                      正面が漁岳頂上
 
f0138096_16593794.jpg

                    恵庭岳と右に支笏湖
 
f0138096_1711193.jpg

                  正面に恵庭岳、その右に風不死岳
 
f0138096_1713611.jpg

 
f0138096_1721379.jpg

              支笏湖の手前に氷と雪に覆われたオコタンペ湖
 
f0138096_1723459.jpg

                 晴れてきた下山時に、白く輝く漁岳
 
f0138096_173172.jpg

    頂上から、遠くに余市岳や無意根山、羊蹄山は裾の部分だけかすかに望めた
 
f0138096_1732848.jpg

             GPSの軌跡、写真の上でクリックすると鮮明になります
by tarumae-yama | 2009-03-05 17:29 | 登山 | Comments(2)

歩くスキー

 3月に入ってさすがに日射しにはどことなく春の気配が感じられるようになった。
 昼の長さも実感できる。

 スポーツセンターに問い合わせるとまだ用具の貸し出しをしているとのことで、昨日昼から家内を誘って青葉公園へ歩くスキーに行ってきた(私は補修してもらったクロカンスキー)。

 家内には数年ぶりの歩くスキーだったが、今年は残雪がたっぷりだから今シーズンもう1,2回楽しめるだろうか。
 
f0138096_1012992.jpg

                 散歩の人もスキーヤーも同じコース
 
f0138096_1015283.jpg

                   家内のスケーティング走法?
 
f0138096_1013454.jpg

  この頃、餌台に群れをなすアトリやシメが来るようになり、朝食時窓越しに楽しんでいる

 
by tarumae-yama | 2009-03-04 10:18 | アウトドア | Comments(2)

デジタルフォトフレーム

 フェリーの予約を済ませたのでいよいよ旅の準備を少しずつ進めていこうと思う。
 「道の駅」も増えているようだから3年ぶりに全国道路地図を購入。
 今回の旅は登山は付け足し?なので、デジ一とコンデジの2台のカメラを持って風景や花を楽しみたい。

 一昨年の退職以来、何度かの旅と昨夏初孫が出来たことで写真が随分と増えた。
 家の中には立てかけるスペースがないほどの額になった。

 どうしたものかと思案中に、デジタルフォトフレームなるものを知った。
 これは、カーナビと同じくらいのサイズの液晶画面を使い、内蔵や挿入式のメモリーにお気に入りの写真を保存表示するもので、メモリーの容量によっては1000枚以上の写真を入れておくことが出来る。
 写真をスライドショーにして見ることも、MP3等に圧縮した音楽を記録しバックグラウンドで流すことも出来る。カレンダーや時計の機能は勿論、高いものはFMラジオも聴けるらしい。

 これで見ると孫の笑顔が次々とフレームの中から現れ、なかなか楽しい。
 息子夫婦にも1台プレゼントしたが、丁度息子も関心を持っていたらしく喜んで受け取った。

 なかなかの優れものだと思うが、私の購入したものは昔のノートPCのように、正面から外れると視認性がひどく悪くなるのが最大の欠点である。
 
f0138096_11465248.jpg

              デジタルフォトフレーム、写真は「Transcend」のHPより
 
f0138096_12243649.jpg

                   家内手作りのゆり根餡で桜餅

 

 
by tarumae-yama | 2009-03-03 12:01 | 写真 | Comments(4)

フェリーの予約とブログアップの通信手段

 今年も4月に一月ほど車中泊で本州へ行こうと計画中なのだが、フェリーの割引を受けるためには一ヶ月前までのインターネット予約が必要だ。
 船の個室がどんどん塞がってきているというのに出発前の雑用もあり、上陸港をどこにするかすら決められず、ここ数日頭を悩ませている。

 もう一つ決めかねていることに、モバイルPCの通信手段がある。
 2年前の出発の折、「日本通信(株)」のbモバイルアワーズという通信方法を使った。
 これは、PHSの電波を利用するコンパクトフラッシュカードと通信料がセットになっているもので、有効期間が600日か通信利用時間150時間のどちらかが先に来た時点で無効になるというもの。

 この2年間春と秋、通算4回の旅にブログのアップのため使ってきたが、約30時間を残して昨年11月に有効期限が切れた。

 相対的に安く上がったが、PHSはエリアが狭い上に速度が遅くて不便を強いられた。
 現在「日本通信」では、ドコモFOMAの電波を使った通信サービスを提供しているから、これを使えばストレスは格段に解消すると思うがコストが随分とかかる。

 コストパフォーマンスが良い他の通信手段がないものか、あと一月の間で見つけなくてはならない。
 
f0138096_12243034.jpg

 2年前の春に購入した「日本通信」のPHSカード(左)とコンパクトフラッシュカードアダプター、 写真は「日本通信」のHPより
 
f0138096_12245128.jpg

                  今朝、庭に飛来したアトリ?を撮影

 
 
 
 
by tarumae-yama | 2009-03-02 12:38 | | Comments(4)