人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

9月24日、越後駒ヶ岳-写真編-

 
f0138096_8474941.jpg

                         奥只見湖
 
f0138096_8482682.jpg

                         荒沢岳?
 
f0138096_8491244.jpg

                         駒ヶ岳頂上部
 
f0138096_8495038.jpg

                         頂上直下の小屋
 
f0138096_8592720.jpg

                         小屋直下の登山者
 
f0138096_8503486.jpg

                         越後駒ヶ岳頂上
 
f0138096_8511116.jpg

                         駒ヶ岳で見た花
 
f0138096_8515137.jpg

                         同上
by tarumae-yama | 2008-09-25 09:07 | 日本100名山 | Comments(4)

9月24日、越後駒ヶ岳

 波が高かったので船酔いをして、新潟に入港するまでの19時間半、トドかセイウチのようにベッドに伏せていた。

 今朝6時過ぎに上陸後、高速道路を使って越後駒ヶ岳に登った。
 さすが100名山、佐賀や奈良ナンバー等地元以外の車が多く止まっていた。
 例によって家内を車内に残し、8時38分に枝折峠の登山口からスタート。
 GPSによると15.75kmもあったが、休憩を含め登りに3時間8分、下りは2時間22分と思いの外順調に歩くことが出来た。
 天気も視界もまあまあだった。

 ただ、数え切れないほどのアップダウンがあり、帰りは疲れもあってなかなかしんどかった。
 それに、今朝まで雨が残っていたようで、鞍部ではドロドロ状態、尾根は滑りやすくなっていて気を遣った。

 温泉はアヒル副隊長こと名古屋のOさんご推薦の駒ノ湯山荘で汗を流した。
 日本の秘湯を守る会会員の所だけあってなかなか得難い雰囲気で楽しかった。

 明日は妙高と火打岳を登る予定だったが、予報が良くないので山梨まで移動して2,3日停滞することになりそうだ。

 まだ身体が揺れている感じで、山で撮った写真をブログ用に選別する作業はしんどいため後日まとめてアップしたい。
by tarumae-yama | 2008-09-24 20:42 | 日本100名山 | Comments(6)

9月23日、フェリー乗船

 寒冷前線が通過したようで雨がどうやら上がった。
 しかし、風が強まり波が高くなってきたような気がする。
 船に弱い私は、乗船前から身体が揺れているような感じがしている。
 
f0138096_933279.jpg

                 小樽港にて、乗船予定のらいらっく
  
f0138096_9343095.jpg

                       ターミナル内
 
f0138096_9353369.jpg

                       ターミナル内にてブログのアップ中
by tarumae-yama | 2008-09-23 09:50 | | Comments(0)

出発の前日

 退職後に本州の山巡りの旅を始めて4度目の出発がいよいよ明朝となった。
 約ひと月の車中泊だからそれなりの準備に追われた。

 3度の経験から、本州の交通事情等に少しは明るくなった気がする。
 ただ、登山の方は、前にも書いたが、日帰りにはきつい山を幾つも残してしまった。
 とりあえず、登る予定の山の情報収集と地図は印刷してファイルした。
 
 しかし、前日になっても登る順番を決めかねている。
 天気にも左右されるので、新潟に到着した24日に高速道路を使ってでも越後駒ヶ岳か雨飾山に登ろうか、それとも当日はゆっくり国道を走って25日に妙高と火打岳をピストンしようか、とインターネットで見る予想天気図と道路地図を前に迷いは尽きない。
 
f0138096_11461443.jpg

今回は体力的な不安を感じ、今まで飲んだことのないアミノバイタルやゼリータイプのカロリーメイト等で背中を押してもらおうと、一昨日ドラッグストアで大量に購入してきた。 
 
by tarumae-yama | 2008-09-22 11:56 | | Comments(6)

CANON PIXUS MP630

 年賀状の発売を前に、メーカーから毎年秋恒例のプリンターの新機種が発売される。
 今私が使っているのはキャノンのMP600で、これはスキャナーやコピー機能が付いた複合機だが、高級機ほどのインク数ではないのに印刷性能等が良く、価格も2万円程だったからなかなかのコストパフォーマンス、と満足している。

 昨年秋、後継機のMP610が発売になった時、印刷性能には向上が見られないとの書き込みがあったから更新しないで使っている。

 今回発売されるMP620は、有線や無線LAN機能を付けたネットワークプリンターが売りのようだが、両面印刷には対応していないから、MP610の実質的な後継機種は、同時発売されるMP630と言えそうだ。

 ただ、MP630は27000円程で発売されるから現行機種の時より数千円アップする。
 仕様を見ると、どうやらインクが新しい型番になりその価格は幾分安くなるようだ。

 今まで、メーカーはプリンター本体を安く売ってもインクなどの消耗品で儲けようと考えていたふしがあるが、今では品質の変わらない代替インク(カートリッジ)や詰め替え用インクが発売され、(消耗品での儲けが期待ほどで無くなったから)方針を転換したのかも知れない。

 新機種が発売になることで、現行機種(MP610)が実質15000円以下で購入できるから、抜群にコストパフォーマンスが良くなったMP610を買うか、それともインクが新しくなって印刷がきれいになると噂されている新機種を購入するかで悩む購入者がいるかも知れない。

 何れにしろ、代替品のインクを使ってトラブルが発生した場合、例え保証期間内であってもメーカーの保証は受けられないからその点は気をつけられたい。

 私が購入? それは詰め替え用インクを購入したばかりだから当分考えていない。
 
f0138096_15391060.jpg

 私がプリンターを更新する時はこの機種になるか?    写真はキャノンのHPより
by tarumae-yama | 2008-09-21 15:51 | その他 | Comments(0)

9月20日、札幌岳

 一週間前にイチャンコッペ山に登ったWさんが下山後、次は札幌岳に登りたいと言ったので、2人の都合がついた今日登ってきた。
 今年1月に山スキーで頂上に立ったが、夏山は9年ぶり4度目の札幌岳であった。

 暑からず寒からず無風快晴、これ以上望みようもないという最高の登山日和。
 登りに2時間14分、下りは丁度2時間であった。
 頂上で昼食のおにぎりを食べながら360度のパノラマを堪能。
 正面には端正な羊蹄山がくっきり!
 10日程前にはあの頂上からこちらを眺めていたというのが不思議な気分。
 午前7時22分にスタート、12時半には車で一杯の駐車場に戻った。

 定山渓の「山渓苑」で13時から小一時間のんびりと温泉に浸かったが、この間Wさんと2人だけの貸し切りであった。
 紅葉シーズンの週末というのにロビーも閑散としていて、他人事ながら営業が成り立つのか心配をしてしまう。

 ** 昨年の今頃の山は紅葉が良かったのだが、今年はサッパリ・・・。クリックして昨年のをご覧下さい。
 
f0138096_16395962.jpg

                 登山口の駐車場は車で一杯、下山時撮影
 
f0138096_16401352.jpg

                 1時間4分後、冷水小屋に到着のWさん
 
f0138096_16405166.jpg

                       頂上からの眺望
 
f0138096_1642629.jpg

                       札幌市街
 
f0138096_16422778.jpg

                  9合目辺りから正面に余市岳
 
f0138096_16424342.jpg

                  札幌岳頂上から羊蹄山と左に尻別岳
by tarumae-yama | 2008-09-20 16:48 | 登山 | Comments(2)

パナソニック LUMIX DMC-G1

 オリンパスと共同開発したマイクロフォーサーズ規格によるデジ1カメラを発売する、と先日パナソニックが発表した。
 レンズ交換式ミラーレスというから、8月23日のブログで紹介したオリンパスの新機種予想図のような物かと思っていたが全く違っていた。

 思いの外早い発売(10月31日)だが、高価格なのに今時手ぶれ補正が付いていないし、デザインも一眼レフカメラに似せていて斬新さが無い。
 本体重量が385gと軽量小型を強調しているが、これならオリンパスE-420の方が5g軽い上に価格も半分程度だからずっと魅力的に見える。

 ボディを薄く、かつレンズの口径を小さくできるというのがマイクロフォーサーズ規格の特長であるはずだから、オリンパスの予想図のようなカメラを是非触ってみたい。
 
f0138096_11535619.jpg

女性層をねらっているそうだが、失礼ながら価格や性能、デザインから大ヒットするとは思えない・・・                 G1の写真はパナソニックのHPより
f0138096_1802840.jpg

山ブドウ、以下4枚の写真は何れも19日午後、青葉公園で撮影、カメラはリコーGX100
f0138096_1804623.jpg

f0138096_1805939.jpg

f0138096_1811128.jpg

by tarumae-yama | 2008-09-19 11:58 | 写真 | Comments(2)

ヘッドランプ

 8週間毎の定期健診で市民病院に行ってきた。
 最近、ランニングやソフトテニスで大汗をかいた後、立ちくらみすることが時々ある。
 水分の補給に問題があるのだろうが、降圧剤の影響も考えられる。

 本州の山中で眩暈は避けたいから、医師にお願いしたところ、毎朝飲んでいる2種類の降圧剤の一つを旅行期間中だけ止めてもらうことが出来た。
 
 昨夜は、ヘッドランプを点けて青葉公園を歩いてみた。
 ザックと杖を持って一応山登りの雰囲気で。
 真っ暗だから誰にも会わないと思ったが、デート中の高校生を驚かせてしまったようだ。

 小一時間歩いた結果、足元ばかり照らしていると標識を見逃す恐れがあるし、動物も怖い(夜に出くわす人間はもっと怖い?)!
 そんな訳で、往復10時間を超える山の時は、日の出前にライトを点けて出発し、暗くなる前にぜひとも下山しようと思う。
 
f0138096_15554418.jpg

          Black Diamond製LEDのヘッドランプは何とか使えそう
by tarumae-yama | 2008-09-18 16:04 | アウトドア | Comments(2)

「温泉博士」

 昨日、風不死岳と樽前山から下山後、支笏湖休暇村の温泉で汗を流した。
 以前に紹介した雑誌「HO」では半額だが、「温泉博士」を見せると無料で入浴できたから有り難い。

 「温泉博士」は、春に旅行中、本州の道の駅で教えてもらった雑誌だが、西日本の温泉しか利用できなかった。当然、北海道では使えない。
 先日来道した名古屋のOさんは情報通で、この本が全国の温泉で利用できるようになったこと、インターネットで注文すると近くの「セブンイレブン」で受け取れること等を教えてくれた。

 休暇村の温泉はこの15日から追加になったばかりのせいか、フロントに雑誌を掲示したにもかかわらず700円の入浴料を請求された。
 休暇村のページを開いて説明したところ、”確認します”とフロントマン。
 1,2分後、すんなりと温泉に入ることが出来、ホッとした。
 
f0138096_118573.jpg

春に利用した「温泉博士」(左)と来週本州へ持参する「温泉博士」、値上がりしたが全国の127湯でひと月間使える
 
f0138096_1191650.jpg

隔月発行の「自遊人」も、26日発売の11月号で昨年5月号以来となる温泉パスポートが付録になるそうだからとても嬉しい。こちらは多分半年間有効   写真は「自遊人」のHPより
by tarumae-yama | 2008-09-17 11:31 | 温泉 | Comments(2)

9月16日、風不死岳と樽前山西山ピーク

 6月に本州の百名山を毎日のように登っていた頃より、体重が4,5kg増えてしまった。
 4リットルのペットボトルをザックに入れると良く判るのだが、相当な重さになる。
 その分がそっくり贅肉(脂肪)となってしまった。
 トウキビの食べ過ぎ?と甘いお菓子持参の来客が多かったから、当然の帰結である。

 一週間後には4度目の本州山巡りの旅に出かける。
 今回も家内を登山口に待たせて登るから日帰りの山ばかり13,4座を考えているのだが、往復10時間を超えるようなハードな山を多く残してしまった。
 10月も中旬になると日の出から日の入りまで使える時間は11時間余り(15日の長野市の例)となるから、何としても減量とトレーニングを重ねなければ日没でビバークという事態になりかねない。

 そんな訳で、今日は風不死岳と樽前山西山ピークをぐるりと回ってきた。
 8月18日に目眩で風不死岳の中腹から引き返しているからリベンジも兼ねて。
 最近は風不死岳を北尾根コースからばかり登っているので、樽前山の7合目登山口からの登頂は数年ぶりのことである。体重が増えた分なかなかしんどく大汗をかいた。

 山行記録
 樽前山7合目登山口から風不死岳頂上まで1時間42分
 風不死岳頂上から樽前山西山ピークまで1時間30分
 西山ピークから樽前山7合目登山口まで47分
 
f0138096_16542675.jpg

                 無人の風不死岳頂上から樽前山
 
f0138096_16545332.jpg

           岩の崩落で今は登山禁止となっている苔の洞門コース
 
f0138096_1655980.jpg

                 西山の途中から風不死岳と支笏湖
 
f0138096_16554893.jpg

                       西山ピーク
 
f0138096_1656417.jpg

                 噴煙を上げるドームと右に東山ピーク
 
f0138096_16562882.jpg

                     登山者と中央に東山
 
f0138096_16564583.jpg

                ドームと手前に硫黄で黄色くなった噴気口
 
f0138096_16565849.jpg

               7合目登山口付近で見たエゾオヤマリンドウ
by tarumae-yama | 2008-09-16 17:10 | 登山 | Comments(0)