人気ブログランキング |

<   2008年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ブルーインパルス

 明日、千歳の航空自衛隊基地で航空祭が開催され、多数の航空機が展示されるほかブルーインパルスによる曲芸飛行が披露される。
 
 濃い青空が広がる午後、そのブルーインパルスが明日の本番に向けて練習飛行しているのがテラスから見ることが出来た。
 カメラを持って何枚も撮影したが、丁度、甲子園では駒大岩見沢高校が熱闘中だったから、TVの観戦と同時進行で忙しい一時であった。
 
f0138096_15572492.jpg

 
f0138096_15573648.jpg

 
f0138096_15575096.jpg

 
by tarumae-yama | 2008-08-09 16:10 | その他 | Comments(0)

レコードプレーヤーのカートリッジ

 昨夜、北京オリンピックの開会式をTVで見た。
 中国5000年の歴史を表現したという壮大な群舞等に圧倒された。
 総数15000名の一糸乱れぬ演奏や踊りに、中国の威信と意気込みを強く感じた。
 
 話題は一転、先日、姪からエディット・ピアフのLPが送られて来たことを記事にしたが、久しぶりにアンプに繋いだそのプレーヤーでこのところ毎日レコードを納戸から出し聴いている。
 30年以上前のレコードばかりだが、カートリッジを交換するとガラッと変わる音色が面白い。
f0138096_1211183.jpg

                  思いの外保存状態の良いレコードジャケット
 
f0138096_12112075.jpg

 昔、オーディオに凝っていた人なら分かるだろうか、アームに付いているカートリッジはシュアー製V15タイプⅣ、手前のカートリッジは、左からオーディオテクニカ製ムービングコイル(MC)タイプのAT-33E、同ムービングマグネット(MM)タイプのAT-150E、デンオンDL-103と同DL-103S、V15タイプⅣは35年以上前に買った物だが、当時4万円を超え大変高額であったから清水の舞台から飛び降りる心境であった
by tarumae-yama | 2008-08-09 12:27 | 音楽 | Comments(2)

七夕

 昨夕、子供達が浴衣姿で我が家を訪れた。
 七夕の日の町内会恒例の行事で、保護者に手を引かれ一軒一軒お菓子をもらいにチャイムを鳴らして歩く。
 昔は、提灯を持ち、”ロウソク出せ、出さなきゃかっちゃくぞ~♪”、と元気な声で回っていたものだが、今はすっかり様変わりしてしまったようだ。

 それにしても、年々参加する子供の数が少なくなって来ている。
 ご近所の住民も私達夫婦同様等しく加齢し、子供は成長独立して行くから、町内会の行事として何時まで続くのやら、と寂しい気持ちで一行の後ろ姿を見送った。
 
f0138096_11523634.jpg

                 家内が七夕祭りの子供達に用意したお菓子
 
f0138096_11525069.jpg

                 浴衣姿の子供達がお菓子を片手にお隣さんに向かう
by tarumae-yama | 2008-08-08 11:57 | その他 | Comments(0)

羊蹄山から知床が見える??

 4日の北海道新聞に、洞爺湖町の77歳の男性が38年間で羊蹄山に250回登頂したと載っていた。それ自体は凄い事と思うが、頂上から知床まで見られることで病みつきになったような事が書かれていて、?と思っていた。

 その知床の近くに住む家内の友人からメールが届いた。
 やはり、この記事に疑問を持ったらしく、本人は、遠すぎて見えないのでは?と。ご主人は、途中の山に遮られて見えないはず、との会話になったらしい。
 ご主人が新聞社の読者センターに問い合わせたところ、「本人が見えるというなら見えるんじゃないですか~?」と何とも単純でわかりやすい、しかし、不誠実な回答であったらしい。
 それで、友人から山好きな我々に、「分かるなら教えて」とのメールが届いた。

 早速、フリーソフトながら優れた山岳展望ソフトのカシミール3Dでチェックしてみた。
 結論は、ご主人の意見が正解で、途中の山に遮られ見えない、となった。
 また、友人も正しく、例え途中に山がなくても遠距離過ぎて見えない、との判定であった。

 自分の所から目的の場所が見えるかどうかは、たまたま最近読んだ文章に書かれていた。
 それは、
「間に遮る山が無い、すなわち地平線部分の標高がゼロであった場合、
自分の標高を h1[m], 同定したい山の標高を h2[m], 距離を d[km] とすると、
d ≦ 3.57(√h1 + √h2)
であれば見えます。」(HYMLのマエシマさんのメールより)、と。
 この式に当てはめると、羊蹄山(1898m)から知床の羅臼岳(1660m)まで375kmあるから、70km程超えることになる。
 
f0138096_951867.jpg

 カシミール3Dの判定では、途中の山で遮られ見られない。 写真の上でクリックするともう少し鮮明に見られます。
by tarumae-yama | 2008-08-07 09:57 | 登山 | Comments(2)

8月5日、伊達紋別岳で撮影した花

 
f0138096_10572551.jpg

 
f0138096_10573544.jpg

 
f0138096_10574720.jpg

 
f0138096_10575985.jpg

 
f0138096_1058894.jpg

by tarumae-yama | 2008-08-06 10:58 | | Comments(0)

8月5日、伊達紋別岳

 5日、上空に雲一つない天気の下、大阪のKさんご夫婦を誘って家内が大好きな伊達紋別岳に登った。
 噴火湾を挟んで駒ヶ岳や遠く恵山が望める稜線歩き、頂上からは岩峰の恵庭岳まで見える視界の良さ。
 誰にも会わない秋の花咲き乱れる静かな山を一日堪能した。
 
 ほんのひと月前は、全国から派遣された警察官で埋め尽くされていた洞爺湖周辺が嘘のように静かで牧歌的風景であった。

 下山後の洞爺湖ポロモイ温泉も空いていて、心身共にくつろぐことが出来た。
 
f0138096_10425957.jpg

                 伊達紋別岳を目指し、気持ちよい稜線歩き
 
f0138096_10431790.jpg

                 前方に洞爺湖と羊蹄山、左手のピークが伊達紋別岳
 
f0138096_10433125.jpg

                 前紋別岳で昼食
 
f0138096_10434584.jpg

                 伊達紋別岳頂上からの眺望、左は太平洋
by tarumae-yama | 2008-08-06 10:51 | 登山 | Comments(2)

8月4日、樽前山

 この3日間の雨でなかなか身体を動かすことが出来ず、家の中でおやつを食べながら殆どゴロゴロ状況だったから体重が2kgも増えてしまった。
 
 と言うわけで、ダイエットのため樽前山に登ってきた。
 昼食もおやつも持たず、スポーツドリンクだけで3時間掛けて外輪山を一周してきた。

 前日の大雨が大気の汚れを洗い落としたようで、素晴らしく視界の良い日であった。
 花もそこそこ楽しめた。
 特にイワキキョウが年々増えているようで、登山道に沿って今を盛りと咲いていた。

 西山ピークの周辺ではガンコウランが黒い実を付け、コケモモの赤い実は塊となっていて、周りを鮮やかに彩っていた。
 
f0138096_167163.jpg

            932m峰ピークからの眺望、まだイワブクロウが咲き残っていた
 
f0138096_1681741.jpg

     932m峰ピークで仲睦まじく昼食中の夫婦、中央奥に雲に覆われている羊蹄山
 
f0138096_1610128.jpg

                西山ピークからドームを写す
f0138096_16104566.jpg

                 イワキキョウと白さを増してきたシラタマノキ
 
f0138096_16113747.jpg

                 西山ピーク周辺のガンコウランの実
 
f0138096_1613866.jpg

                 西山ピーク周辺のコケモモの実
by tarumae-yama | 2008-08-04 16:15 | 登山 | Comments(4)

千歳科学技術大学

 標記大学が今年創立10周年を迎えたそうだ。
 これを機会に年4回開催されているという受験生や市民を対象にしたオープンキャンパスに、昨日出かけてきた。

 初めて訪れた大学は、広大な芝生に囲まれ実に素晴らしい環境にあった。
 今日は無料だと言う昼食を図々しく?も義父と3名で味わった。

 センスの良い庭やクリスマスイルミネーションでご近所の評判になっているIさん宅のご主人が、この大学の教授と知っていたから、昼食後、興味を持ってIさんの研究室を覗いてきた。
 
 部屋で談笑中の学生さんが、昼休み中にも拘わらず早速我々のために自分の研究テーマであるLEDの利用方法や光触媒等についてパワーポイント?で熱心に説明してくれた。
 
f0138096_157373.jpg

                 広々とした敷地の千歳科学技術大学
 
f0138096_158406.jpg

                 I教授の研究室の学生さん達、 了解を得て
by tarumae-yama | 2008-08-04 15:19 | その他 | Comments(0)

LPレコードその2

 昨日に続いてLPレコードに関する話である。
 
 昭和60年、異動の度に大事に梱包して持ち続けていたLPレコード約200枚を売却しようとしたことがある。
 それは、CDが世に出て、その音質の良さやコンパクトさ、何よりも聴きたい曲をキー一つで瞬時に聴けることに驚愕し、急速にレコードに取って代わると思ったから。
 
 それで、レコードを当時住んでいた釧路のデパートに持ち込んだ。
 カビたり反ったりせぬよう大切に扱ってきたLPの買い取り価格は、定価の10%だと言う。
 ボーナスが出る度に数枚ずつ買った思い出のレコードが、それだけの価値しかないことにガッカリし、持ち帰った。それから23年、今では殆ど聴かれずに納戸で眠っている。

 ただ、ずっとLPの活用方法を考えてはいた。何とかCDにコピーしたい、と。
 そんな折、ソニーからPCにUSB接続するレコードプレーヤーが売られていることを知った。
 このプレーヤーとソフトを使えば、簡単にPCのハードディスクに曲を取り込むことが出来る、らしい。
 取り込んでしまえば、CDに焼くことはもっと簡単である。
 
 簡単ではあっても、どうせなら高音質でコピーしたいからこのプレーヤーに手を出すことはないだろう、と思う。

 何を言いたいかサッパリわからない、支離滅裂な文章になった。
 
f0138096_1539215.jpg

PCに直接曲を取り込むことが出来るソニーのレコードプレーヤーPS-LX300USB、写真はソニーのHPより
 
by tarumae-yama | 2008-08-03 15:45 | その他 | Comments(4)

LPレコード

 以前、エディット・ピアフの事を記事にしたことがあるが、横浜に住む姪がそのピアフのLPレコードを送ってくれた。
 ファンだった彼女が中学時代に購入した物だそうだ。
 
 久しぶりに納戸からレコードプレーヤーを持ち出し、ターンテーブルにレコードを載せた。
 スクラッチノイズと共に聞こえてきた「愛の賛歌」で、一気に40年前にタイムスリップした。

 それにしても、先日のTVで今時の中学生はレコード盤を見たことがないとの話には驚いた。
 
f0138096_13115931.jpg

                 姪が送ってくれエディット・ピアフのレコード
 
f0138096_13121581.jpg

                 久しぶりにDENONのプレーヤーのお出まし
by tarumae-yama | 2008-08-02 13:15 | その他 | Comments(4)