人気ブログランキング |

カテゴリ:その他( 926 )

KOKIA、「ありがとう」

先日、ある人のブログに貼りつけてある動画の曲を聴いて感動した。
それは、KOKIAの「ありがとう」だった。
恥ずかしながら、17年も前にリリースされた名曲らしいのだが、歌手さえ知らなかった。

ネットで検索すると、Wikipediaに色々と記述があった。

多分、まだ若い頃に聴いたならそれ程感じなかったかも知れないけれど、この歳になり今の状況下で聴くと、心に沁みて切なく、涙腺が緩む。

今日で妻が入院して丁度一月が経つ。
介護に通うことをアルバイトとボカしたから、いぶかしく思った読者(知人)がいたようだ。

今、沢山の管が繋がっている訳ではないが、ベッドから動くことが出来ず、殆ど目を閉じている状態で会話も難しくなった。
毎日ベッドに乗って、痺れる両足をさすりながら妻を見ていると、素人目にも病状が進み体力・気力が一気になくなったと分かる。
宣告された時を2度も越えたけれど、さすがにもう時間は残されていないのかも知れない。

そんな時に、「ありがとう」は正直つらいけれど、この曲が入ったアルバムを注文した。
病室のCDラジカセからも、「(いままで)ありがとう」と伝えたい。



妻も、ずっと気遣ってくれた友人知人に会って言いたいに違いない。
「ありがとう」・・・と。


しばらくブログを休ませて頂きます。
f0138096_22474020.jpg

写真はYouTubeから借用した

by tarumae-yama | 2016-02-14 06:27 | その他 | Trackback | Comments(10)

山専ボトルの中せん

2月3日オコタンペ山に向かったとき、山専ボトルに入れた甘酒が助手席のシートに溢れていた。
帰宅してチェックしてみると、どうやらパッキンが痛んだせいらしい。

取説には中せん・パッキンは消耗品で1年が目安とあった。
それでお客様相談室に電話すると、送料込みで中せんは870円?とのこと。
それ程高いものではなかったので注文するつもりだったのだが、電話のやりとりの中で、山専ボトルの内部をよくよく見ると、外部せんのパッキンが本体の底に落ちていた。
どうやら、外部せんのパッキンを留める部分が欠損したせいらしい。

そういうことなら無償で中せんを送るので、今後の製品改良のため今までの中せんを送って欲しいと。
2,3日後、届いた中せんと一緒に返送用封筒が入っていて、送料もかからない。

今回電話のやりとりで、女性担当者の対応はとても誠実で感心するほど。
勿論、どのようなお顔をしているのか知るよしもないけれど、きっと笑顔が素敵な知的で人柄の良さが一目で分かるような方なのだろう。

助手席のシートは汚れ、臭いも少し付いたけれど、サーモスお客様相談室の心のこもった対応は、そんな事は些細なことと思わせるほど良かった。

f0138096_10375626.jpg

サーモスから送られて来た中せん
f0138096_103848.jpg

右は新しい外部せんと外部せんパッキン。左は今まで使っていた外部せんとパッキン。パッキンを留める部分がすっかり欠損している事が分かる。下に欠損した部分の一部

by tarumae-yama | 2016-02-10 07:08 | その他 | Trackback | Comments(0)

アルバイト(?)、始めました。

新年早々、昨日よりアルバイトを始めることになった。
毎日が日曜日で惰眠をむさぼっていたので、この歳になってから働く気はなかったのだが(^^;)

実は、2年前も札幌で働いたことがある。老体に通勤は少々しんどかったけれど、その時は僅か50日で終えた。
今回は千歳市内だし、雇い主は40年来の付き合いがあるから気心は知れている。
それに、昼から半日程度の軽作業とのことなので、何とか続けられると思う、多分。

また、登山には理解のある雇い主だから、時々は出勤前の紋別岳かイチャンコッペ山くらいなら認めてくれそうだ。
とは言うものの、ブログなどにうつつを抜かしていては突然の出勤停止があるかも。

だが、桜を観たいと言っていたから、その頃までは使ってやろうという気持ちでいるのだろう。
私も、気持ちを込めて頑張ろうと思う。
f0138096_11181980.jpg

先日ブログで紹介したスノーシューの交換品が届いた。今度はちゃんとした物だったので一安心。ただ、ベルトが固くて少々短いから低温寒風の中では装着に苦労しそう。
このシューを山で試し履きが出来るのは何時になるだろう? 1月15日撮影

by tarumae-yama | 2016-01-15 11:23 | その他 | Trackback | Comments(6)

サケマスふ化場

自宅近くの「おはよう橋」の上からでも鮭の泳いでいるところが見られるのだが、一寸足を延ばしてふ化場まで行ってみた。

時期的に少々遅かったようで、まだまだ数多くの(ホッチャレ状態の)鮭が泳いでいるものの、大部分が川の中で死骸となっていた。
頭上にはオジロワシなのか2羽の大型の鳥が旋回していたから、これらの鮭がお目当てなのだろう。
f0138096_16162911.jpg

f0138096_16164062.jpg

いたる所にこのような死骸が見られる。まだ元気に泳いでいる鮭も多いけれど、なかなか鑑賞に値する写真は撮れず
f0138096_16165187.jpg

今朝の千歳の最低気温は-11.7℃で昨日は-15.7℃と厳しい冷え込みとなった。写真は何れも1月13日ふ化場内の千歳川で撮影
by tarumae-yama | 2016-01-13 16:27 | その他 | Trackback | Comments(3)

ポッケさんの恵庭岳

今日、1日遅れのご来光登山で紋別岳と思っていたのだが、降雪のために延期した。
明日は登れるだろうか?予報から4日にした方が良いだろうかと迷う。

山の知人のブログなどを訪問していたところ、12月8日に恵庭岳を一緒したポッケさんが記事をアップしていた。
下山後体調不良になり、検査の結果、何と肺炎になっていたとのこと。
道理でアップが遅れた訳だ。

今日は山に行けなかったのでアップする記事がなく、ポッケさんの恵庭岳の記事を紹介しようと思う。
ポッケさんの文章は簡潔で読み易いけれど、そこに味わい深いものがあって素敵と感じる。
f0138096_8411395.jpg

Sさんとポッケさんの3人で恵庭岳に登った日の日の出。 2015年12月8日撮影
by tarumae-yama | 2016-01-02 08:48 | その他 | Trackback | Comments(0)

400回目の恵庭岳-ご本人からの写真-

400回目の恵庭岳登頂を果たしたSさんご本人からも、翌日写真が送られて来た。

それにしても、さすがに目標達成に安堵したのか、H原さんから送られて来た写真にはどれも溢れんばかりのSさんの笑顔があった。

今年Sさんとは恵庭岳に限っても10回ご一緒したし、大雪山など他の山を加えると実に30回を数えるけれど、これほど破顔一笑と言う感じのSさんを(写真で)を見るのは初めてだ。
それだけこの400という数字には重みがあるのだろう。

だから、この後は500回を目指してとは軽々に言えない。
でも、衰えを知らないSさんの事だから、3,4年後にはあっさりと500回をクリアしそうな気がする。
f0138096_1710612.jpg

f0138096_17102551.jpg

f0138096_17103735.jpg

f0138096_17104810.jpg

f0138096_17111248.jpg

f0138096_17114952.jpg

手前のアンテナの見える紋別岳のバックに逆転層を突き抜けて幌尻岳や戸蔦別岳など日高の山並みが鮮明に見える。 何れもSさん撮影
by tarumae-yama | 2015-12-14 06:42 | その他 | Trackback | Comments(5)

Sさん、恵庭岳に400回!!

先日ブログの記事で触れたSさんが、ついに400回目になる恵庭岳に昨日登った。

恵庭岳に何度か登った事のある人なら良く分かると思うけれど、第1見晴台まで樹林帯の中で展望があるとは言えず、そこまでの傾斜がきつい上に浮き石がゴロゴロしていて快適な登山道とはほど遠い。
頂上からの眺望は第1級だが、私には苦行の山だ。

そんな恵庭岳に400回も!!
ただただ凄いとしか言いようがない。

急遽同行出来なくなった私に、ご一緒したH原さんから40枚もの写真が送られてきた。
どれも素晴らしい写真ばかりだけれど、その中から12枚をアップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_7153564.jpg

岩塔下のビューポイントからオコタンペ湖と奥に羊蹄山
f0138096_7154574.jpg

共和町からM夫妻も駆けつけてくれた
f0138096_7155443.jpg

f0138096_716434.jpg

f0138096_7161999.jpg

f0138096_7162793.jpg

登り専用コース
f0138096_7163682.jpg

第1見晴台付近?から、バックに頂上岩塔が見える
f0138096_7164530.jpg

第1見晴台のSさん
f0138096_7165536.jpg

頂上(第2見晴台)に到着
f0138096_717450.jpg

Mさんから祝福の握手
f0138096_7171888.jpg

岩塔をバックに恵庭岳400回登頂記念プレートを持つSさん。右手にMご夫妻が用意したケーキ
f0138096_7172963.jpg

頂上(第2見晴台)で、霞む支笏湖をバックに。 写真は全てH原さん撮影
by tarumae-yama | 2015-12-13 07:37 | その他 | Trackback | Comments(6)

「大草原の少女 みゆきちゃん」

ポッケさんお薦めの「羆撃ち」を興奮と感動を持って読了した。
アメリカのガイド養成学校での生活や、猟に連れて行く愛犬とのあれこれなど自然や野生動物に命をかけて対峙する作者久保俊治氏の緻密な描写が素晴らしかった。

先日紋別岳を一緒したmoriさんもこの本を購入していたようで、やはりとても良かったと言っていた。
道産子には、是非に!と薦めたい。

そして一昨日、図書館で著者の長女みゆきちゃんが主人公の「大草原の少女 みゆきちゃん」のDVDを視聴した。

画質の悪さと、古くて小さなブラウン管式モニターのせいで多少感動が薄められた気がしないでもないが、いきいきとしたみゆきちゃんの頑張っている姿がとても良かった。

それにしても、バスで通学する手段があるのに、6歳の娘に熊が出そうな笹藪を漕いで往復8kmもある小学校まで歩かせる父親のブレない姿勢も凄いと思う。
f0138096_14442427.jpg
パナソニックではなくてナショナルブランドのモニターなど器機の古さには驚くものがある

by tarumae-yama | 2015-12-12 07:08 | その他 | Trackback | Comments(2)

ポッケさんお薦めの本

笹が完全に隠れるほどの積雪になれば好きに歩ける冬山は楽しいと思えるのだが、今の時期の山は何とも中途半端で腰が重い、天気も安定しないし。

そんな事で暇を持て余し、山友のポッケさんがブログで薦めていた「羆撃ち」など何冊か図書館から借りてきた。

ポッケさんが、「物書きではないのに、緻密な描写・表現により情景が目に浮かび、グイグイと引き込まれていく文章です。」と書いているように、まさに自分が当のハンターになった気分、その臨場感には身震いするほど。

同時に紹介していた「大草原の少女みゆきちゃん」のDVDも図書館にあるようだから、「羆撃ち」読了後図書館へ行って視聴してこようと思う。
f0138096_9303580.jpg

by tarumae-yama | 2015-12-02 09:35 | その他 | Trackback | Comments(11)

フクロウを探して

自宅近くの公園で偶然フクロウを見たのは2009年6月だったから、もうすでに6年も経った。
その後、毎年のように散歩がてら探してはいたのだが、全く見つけられず今やすっかり諦めモードになっている。

ところが、先日知人からその公園でフクロウを撮った人がいると聞いた。
大まかながら場所も教えてもらえたので、最近の散歩コースはその周辺を重点的に歩いている。
だが、中々福来たらずが続いている。
f0138096_90010.jpg

3羽のフクロウが写っている。2009年7月3日の撮影
f0138096_901279.jpg

フクロウを探していて、見つけたのは蜂の巣(^^;)
f0138096_903172.jpg

同上
f0138096_904218.jpg

自転車道路脇で見た赤い花は、季節外れのボケの花だろうか?ボケているけれど(^^;) 上3枚11月9日の撮影

by tarumae-yama | 2015-11-11 09:16 | その他 | Trackback | Comments(0)