カテゴリ:花( 336 )

富田ファーム、2018.7.24

上富良野岳から十勝岳温泉に向けて下山中、千歳のYさんとヤマップのゆみりんさんが分岐で休憩していた。
札幌の4人組には追いつくことが出来なかったから、温泉で汗を流しているかすでに帰宅したのかも知れない。
富良野岳のピストンより上富良野岳経由の方が楽しめると勧めた手前、無事下山したようで一安心だった。

下山後、汗まみれの登山ウエアのまま中富良野町の富田ファームに寄った。
平日の16時頃なのに結構な賑わいだった。

後で知ったのだが、この日の朝刊にここのラベンダーが見頃と紹介されていたそうだから、そのせいもあったかも知れない。
もっとも、相変わらずアジアからの観光客が多かった。

それにしても、富田ファームは来るたびに駐車場が増えていたり、ラベンダー畑が拡張されていたりで、20年前とは隔世の感がある。

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_10365196.jpg
f0138096_10364867.jpg

左上の富良野岳頂上部は雲の中
f0138096_10365450.jpg


f0138096_10365783.jpg
f0138096_10370246.jpg
f0138096_10370542.jpg
f0138096_10371451.jpg
f0138096_10371797.jpg
f0138096_10372501.jpg
f0138096_10372830.jpg
この東京から来たという女性グループに、写真を撮って欲しいとカメラを渡された。そのカメラで撮影後、私のカメラでも撮らせてもらった。少し前まではエゾ梅雨でぐずついた天気が続いていたから、彼女たちは天気と花(と美味しい食べ物)に恵まれた北海道旅行になったことだろう


by tarumae-yama | 2018-07-31 07:23 | | Comments(0)

倶知安町にある三島さんの芝ざくら庭園、2018.6.1

初めて見る三島さんの芝ざくら庭園は、本当に素晴らしかった。
もちろん、晴天に恵まれ背景の羊蹄山がくっきりだったのも良かった。

アンヌプリで一緒になった神戸のKさんは、前日もこの庭園を訪れたそうだが、雨で羊蹄山も見えなかったとのことで、この光景を目の当たりにしきりに感動していた。

同じようなシーンが多いけれど、写真の上でクリックして大きなサイズで見ていただきたい。
叶うなら、百聞は一見にしかずで、ぜひ三島さんの芝ざくら庭園を訪れて欲しい。
そろそろ芝桜のピークは過ぎつつあるかも知れないけれど。
f0138096_11002486.jpg
f0138096_11002778.jpg
f0138096_11003186.jpg
f0138096_11003561.jpg
f0138096_11003814.jpg
f0138096_11004359.jpg
f0138096_11004761.jpg
三島さんの庭でチングルマを見るとは思わなかった
f0138096_11005032.jpg
f0138096_11010792.jpg

f0138096_11011059.jpg
f0138096_11011377.jpg
f0138096_11011601.jpg
f0138096_11011963.jpg

by tarumae-yama | 2018-06-05 07:33 | | Comments(0)

王子製紙第1発電所の桜、2018.5.7

樽前山から帰宅途中、王子製紙敷地内の桜が満開になっているのが目に入った。
GWが終わった直後の平日だったけれど、晴天に誘われたのか花見見物の車が多かった。

ここの桜並木は規模こそ大きくないけれど、昔は訪れる人が少なくゆったり楽しめ、妻もお気に入りの場所だった。

今では「支笏湖 桜」で検索すると、この発電所の桜が表示されるらしい。
いやはや、便利な時代になったものだとは思う。
f0138096_17022448.jpg
f0138096_17030960.jpg
紋別岳で何時も山スキーを楽しんでいる、紋別岳の神様のSさんとバッタリ。
今日は登山ではなく90歳になるお母さんを案内して花見に来たと
f0138096_17035690.jpg
f0138096_17041210.jpg
f0138096_17042698.jpg
下を流れる千歳側の両側斜面に山桜がチラホラ
f0138096_17045285.jpg
フェンスの金網越しに撮影
f0138096_17045514.jpg
f0138096_17045849.jpg
f0138096_17050129.jpg
f0138096_17050318.jpg
f0138096_17050760.jpg
このカップルは日本人ではなさそう

by tarumae-yama | 2018-05-10 07:46 | | Comments(0)

千歳の桜

千歳も桜が見頃を迎えたので、自宅近くの林東公園で撮った桜を紹介しようと思う。
ついでに、庭のモクレンが満開になり、黄色いカタクリも咲き出したからそれも一緒に。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10532066.jpg
f0138096_10541140.jpg
f0138096_10535851.jpg
f0138096_10542771.jpg
f0138096_10543297.jpg
桜の奥の白い花はキタコブシ。 上の5枚は2018年5月4日の撮影
f0138096_10561546.jpg
庭のモクレン
f0138096_10561827.jpg
黄色いカタクリ。 上の2枚は5月5日の撮影

by tarumae-yama | 2018-05-05 12:45 | | Comments(0)

春の花、2018.4.18

郊外の沼でミズバショウを見た後、10kmほど離れた所にカタクリの花が咲いているか見に行ってきた。

ここは群生しているという程沢山咲いている訳ではないけれど、車で1時間半から2時間はかかる浦臼町やニセコまで出かけなくても良いのが有難い。

淡い期待だったのだが、陽の当たるところで数輪咲いているのを見て嬉しかった。
f0138096_08291456.jpg
f0138096_08291443.jpg
f0138096_08291491.jpg
f0138096_08291533.jpg
f0138096_08291572.jpg
f0138096_08291452.jpg


by tarumae-yama | 2018-04-21 08:34 | | Comments(2)

ミズバショウが見頃

ブログを相互リンクしている「森ぶらりん」のmoriさんが、14日に撮影したミズバショウをアップしていた。

丁度見頃の写真に、私が訪れた18日では盛りを過ぎているかもと懸念していたけれど、まだまだ十分見応えがあった。

moriさんのようなセンスも腕もないことは自覚の上で、私も数枚アップしようと思う。

なお、この日は札幌からという女性と男性2名のカメラマンが撮影していた。
男性はここは初めてで、女性に誘われて来たとのこと。
このようにして、少しずつここのミズバショウの群生地が知られて行くのだろう。

石狩にもミズバショウの群生地があるようだが、そこは木道から撮影しなければならないらしく、ここのように手つかずで群生している上に、手に取るような近さで撮影できるのが魅力的なのかも。
f0138096_16075367.jpg
f0138096_16075747.jpg
丁度、今がピークかも知れない
f0138096_16080154.jpg
f0138096_16080514.jpg
札幌から来たという女性は、立派な三脚を立て、カメラも高級一眼レフで撮影していた。PLフィルターを使ったりして長い時間撮影していた
f0138096_16080938.jpg
f0138096_16081311.jpg
男性二人は、女性に案内されて初めてここを訪れたらしい


by tarumae-yama | 2018-04-20 00:16 | | Comments(4)

花を探しに

足の腫れと痛みがかなり和らいできたので、この週末から本格的に山を再開しようと思う。
いまは郊外へリハビリを兼ねて花を探し歩いている。

アズマイチゲ、ナニワズ、エゾエンゴサク、福寿草など白や黄、青色の花を撮っていると、ようやく長かったモノトーンの冬が終わったことを実感する。
とは言うものの、今月一杯はうっすら積もるくらいの降雪があるかも。

何時、夏タイヤに交換しようかと考えあぐねている。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15004968.jpg
f0138096_15010437.jpg
f0138096_15014068.jpg
f0138096_15014291.jpg
f0138096_15014516.jpg
f0138096_15014809.jpg
ミズバショウの見頃はこの週末辺りからだろうか
f0138096_15015196.jpg
f0138096_15015555.jpg
f0138096_15022084.jpg
アズマイチゲ?
f0138096_15022397.jpg
f0138096_15022646.jpg
f0138096_15023212.jpg
f0138096_15023618.jpg
f0138096_15023915.jpg
2018年4月2日の撮影


by tarumae-yama | 2018-04-06 07:42 | | Comments(2)

エゾエンゴサク

朝から青空が広がっていたから風不死岳の北尾根を登ろうと思ったのだが、腓骨を折った右足にまだ痛みがあり自重した。
その代わり、郊外に春を探しに行ってきた。

4日前に紹介した所のミズバショウは、やはりまだ見頃まで数日かかりそうだったけれど、カタクリが咲く水辺ではアズマイチゲやエゾエンゴサクがすでに咲いていた。

福寿草は見頃になっていたものの、さすがにカタクリは葉すら見つけることが出来なかった。
2週間後くらいにまた行ってみようと思う。
f0138096_11034067.jpg
f0138096_11035647.jpg
奥に福寿草
f0138096_11043576.jpg
f0138096_11043865.jpg
f0138096_11050088.jpg

f0138096_11050488.jpg
下に蜂が見える。 2018年4月2日の撮影


by tarumae-yama | 2018-04-05 07:37 | | Comments(0)

福寿草

先日紹介したミズバショウが群生する近くでは福寿草が見頃を迎えていた。

今年の雪解けは例年よりずっと早い印象だが、だからといって昨年や一昨年と比べて今年が格別早く開花したという訳でもなさそうだ。

ともあれ、黄色に色づく福寿草の一群を見ていると、春をしみじみ実感する。
f0138096_10450155.jpg
f0138096_10450472.jpg
f0138096_10450627.jpg
f0138096_10451065.jpg
f0138096_10451324.jpg
f0138096_10451598.jpg
f0138096_10451882.jpg
千歳の郊外で、2018年3月30日の撮影

by tarumae-yama | 2018-04-03 07:37 | | Comments(0)

千歳郊外のミズバショウ

山友moriさんのブログを1週間前に見ているから、ミズバショウがすでに咲き出していることは分かっていた。↓

そろそろ見頃かと期待して出かけた。

結論を先に言うと、見頃までまだ1週間から10日はかかりそう。
それでも、誰もいない静かな湧き水の川で、1年ぶりに見る楚々としたミズバショウは心に染みた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14082759.jpg
f0138096_14093838.jpg
f0138096_14094179.jpg
f0138096_14094448.jpg
f0138096_14094919.jpg
2018年3月30日の撮影


by tarumae-yama | 2018-04-01 07:49 | | Comments(2)