人気ブログランキング |

カテゴリ:花( 350 )

菜の花畑

昨日、5年生になった孫1号が通う小学校で運動会があった。
嫁のご両親や嫁の妹さん家族も応援に来て賑やかだったけれど、妻が孫の運動会を見たのは1年生の時が最後だった。
それも抗がん剤の副作用で体調が悪く、午後の部は欠席して私達夫婦だけ一足早く帰宅した(記憶が定かでないため日記で確認した)。

孫2号は今幼稚園の年中組だが、昨年の運動会は山に行って欠席した。
今年は、22日に開催される幼稚園の運動会には参加するつもりだが、もしも山に行って欠席したなら、息子達からひんしゅくを買うかも知れない(^^;)

運動会からの帰り道、一寸寄り道をして千歳郊外の菜の花畑を見てきた。
今を盛りと咲き誇っていたけれど、悲しみが募るだけだった。
この岩本農園の菜の花畑は、4年前の5月23日に妻と見たこれが最後になった。↓


そして、葬儀に使った写真は、この農園のすぐ近くにある「花茶」の菜の花畑で撮影したものだ。

そんなことなどが思い出され、今後菜の花畑を目にしても、奇麗だとか美しいだとかという感情よりも、切ない気持ちの方が強そうな気がする。
f0138096_11075118.jpg
運動会の帰り、岩本農園で6月1日の撮影
f0138096_11075965.jpg
モデルになったつもりでポーズをとる妻。同じ場所から角度を変えて撮影。2015年5月23日の撮影
f0138096_11080250.jpg
「花茶」の菜の花畑前で、上の写真と同じ日の撮影。3年前の妻の葬儀の写真は、ツーショットのこの写真を使った
f0138096_11080578.jpg
小学5年生になった孫1号の徒競走。孫はどれでしょう? 2019年6月1日の撮影

by tarumae-yama | 2019-06-02 11:23 | | Trackback | Comments(0)

向陽台(千歳市)の桜、2019.5.8

私のブログのトップ画面に、記事のランキングが5位まで載っている。
その第1位は、先日まで「向陽台(千歳市)の桜、満開」だった。
でもそれは4年も前の記事で、何故そんな古い記事が載るのかが不思議でならない。
その記事には妻が写っているから、それはそれで懐かしい。

ともあれ、それなら今年の向陽台の桜を紹介しようと出かけてきた。
ただ、ピークは2,3日前だったようだ。

6日は、ピークと重なり縁日も出て賑やかだったと新聞に出ていたけれど、今日はひっそりとしていた。
その分ゆっくりと観ることができたけれど。
向陽台には他にも桜の名所があるとのことで、3カ所で撮影した桜をアップした。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20310484.jpg
f0138096_20310417.jpg
f0138096_20310466.jpg
f0138096_20310579.jpg
f0138096_20310514.jpg
f0138096_20310597.jpg
f0138096_20310521.jpg
奥にレドームや管制塔が見える
f0138096_20310654.jpg
f0138096_20310670.jpg
スケッチをしている女性を入れて
f0138096_20310614.jpg
f0138096_20313881.jpg
f0138096_20314174.jpg

by tarumae-yama | 2019-05-09 07:28 | | Trackback | Comments(2)

洞爺湖温泉郷壮瞥公園の梅林、2019.5.5

稀府岳に登る前に、M夫妻と壮瞥公園の梅林で遊んだ。
この壮瞥公園は以前にも訪れているけれど、今回は丁度梅の花の見頃とぶつかり格別良かった。

地元の人も、昨年はこの半分くらいしか咲いていなくて近年では一番良いと。
そう言えば、4年前のGWにN君と稀府岳、伊達紋別岳の2山を登った帰りに寄ったけれど、梅の花は殆ど咲いていなくて惨憺たる状況に唖然としたものだ。
なんでも、ウソが花芽を食べ尽くしたとのこと。
嘘のようだが本当の話らしい(^^;)↓


M夫妻は初めて訪ねた壮瞥公園と言っていたけれど、素晴らしい景色に感激の様子だった。
早朝は波があったようだが、我々が来たときには羊蹄山や中島が鏡のような湖面に映り込み、息を飲むような光景が広がっていた。
天国の妻にもこの絶景を、ぜひ見せてあげたいと心から思った。

壮瞥公園で100枚を超える写真を撮ったけれど、ブログ用にとりあえず27枚まで絞り込んだ。
更に何とか10枚前後までカットしたいと思ったものの、どれも捨てがたくて結局18枚アップした。
読者にはどれも同じようなシーンに見えるかも知れない。
だがもしも、素敵と思える写真が1枚でもあれば嬉しい。

その上で、何枚目の写真が気に入ったかコメントで教えていただければ望外の喜びだ。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_09591201.jpg
f0138096_09591280.jpg
f0138096_09591238.jpg
f0138096_09591277.jpg
f0138096_10080921.jpg
f0138096_10083302.jpg
f0138096_10090391.jpg
湖面に白い遊覧船が浮かんでいたなら完璧な絵だったかも
f0138096_10200873.jpg

f0138096_09591426.jpg
M夫妻の車がやってきた
f0138096_09591437.jpg
f0138096_09595274.jpg
f0138096_10110230.jpg
f0138096_09595766.jpg
f0138096_10000026.jpg
個人的にはこの写真が一番気に入っている
f0138096_10000562.jpg
ツツジの奥に有珠山
f0138096_10115907.jpg
M夫妻を入れて
f0138096_10002910.jpg
f0138096_10003147.jpg

by tarumae-yama | 2019-05-07 07:29 | | Trackback | Comments(6)

千歳の桜など、2019.5.4

我が家から近い林東公園周辺の桜が見頃を迎えた。
自転車で林東公園に隣接する青葉公園もカメラを持って散策。

そんな自宅周辺の桜やコブシの花などをアップした。
f0138096_19465084.jpg
千歳川沿いの自転車専用道路から
f0138096_19465092.jpg
同上
f0138096_19465152.jpg
f0138096_19465185.jpg
林東公園近くで探鳥の女性、わざわざ札幌から来たと
f0138096_19465155.jpg
コブシの花と千歳川
f0138096_19465151.jpg
左下の豪邸は、パチンコ店経営者の家らしい
f0138096_19465190.jpg
千歳川の対岸の桜
f0138096_19465239.jpg
スポーツセンター前のコブシ、昨年はパッとしなかったけれど今年は華やか
f0138096_19465298.jpg
近くのマンションに住む女性も撮影に来たと
f0138096_19465276.jpg
公民館前の桜と飛行機雲
f0138096_19480997.jpg
花見の後、近くの森でアズキナ採り
f0138096_19481212.jpg
お浸しにして妻の仏壇にお供え。女々しいけれどもう何年か元気でいて欲しかったと何時までも思う




by tarumae-yama | 2019-05-06 07:41 | | Trackback | Comments(2)

水芭蕉、2019.4.29

ここの水芭蕉は、4月3日にもブログで紹介している。
その時、鹿の食害なのか花数が少ないように見えると書いた。

ところが今回再訪して、むしろ例年より群生の規模が大きいのではないかと思えた。
川の中の水芭蕉は大きく生長していたせいでそう見えたと言えなくもないけれど、それにしても、小川の手前の砂地(草地?)にこれほど密生して咲いている水芭蕉を見たことがない。

まるで鹿の食害などなかったような群生だった。
タイミング的にも何とか見頃に間に合ったと感じた。

私のブログを見て訪ねようと思う読者にもまだ見頃であれば良いのだが・・・。
あえて場所を明示しないけれど、この日札幌から撮影に来たという青年は、ネット検索で場所を知ったそうだ。
f0138096_16350762.jpg
f0138096_16351070.jpg
f0138096_16351392.jpg
f0138096_16351550.jpg
f0138096_16351853.jpg
f0138096_16352169.jpg
写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2019-05-04 07:19 | | Trackback | Comments(2)

浦臼町のカタクリ

昨日のブログ(の記事)で、千歳郊外のカタクリの花をアップした。
その時、浦臼町のカタクリを観に行きたいのだが、GW期間中で混雑するだろうからどうしたものか、と書いた。

たまたま、LINEでやりとりもするブログ友(山友?)のピータンままさんが、昨日浦臼町のカタクリを観に行きブログにアップしていた。

初めて訪ねた浦臼町のカタクリやエゾエンゴサクの群落に感激した様子がブログから感じ取れた。
青空が出ていたならもっと感動したとは思うけれど。
それでもピークを迎えたカタクリの群落は見応え十分だったから、ピータンままさんにお願いして写真を数枚送ってもらった。

彼女の了解を得たので、ブログを通して読者の皆さんにも楽しんでもらえるなら嬉しい。
f0138096_12311262.jpg
f0138096_12311630.jpg
f0138096_12311944.jpg
f0138096_12312290.jpg
f0138096_12312565.jpg
2019.5.1 ピータンままさんの撮影。写真の上でクリックすると大きなサイズになります


by tarumae-yama | 2019-05-02 12:36 | | Trackback | Comments(2)

千歳郊外のカタクリの花、2019.4.29

昔、妻と観に行った浦臼町のカタクリの花を、今春久しぶりに訪ねてみようかと考えていた。
だが、開花状況を問い合わせると、GWの頃が最盛期だと。
有名な場所だし、そんな混雑することが分かっているときにわざわざ出かけたくない。

それで郊外のカタクリの花を見に行ったところ、丁度ピークとぶつかり、その上今年は当たり年なのかこれほど多く咲いているのを見た記憶がない。
それでも浦臼町の方が断然規模は大きいけれど。

GWを終えてから出かけるか、それとも今年は見送るか、はてさてどうしたものか。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21083826.jpg
f0138096_21084129.jpg
f0138096_21084577.jpg
f0138096_21084806.jpg
f0138096_21085161.jpg
f0138096_21085532.jpg
f0138096_21085896.jpg


by tarumae-yama | 2019-05-01 07:43 | | Trackback | Comments(4)

大阪造幣局の桜

大阪のKさんから、造幣局で撮影した桜の写真を10枚以上も送っていただいた。

10年前に、私達夫婦はKご夫妻に案内されこの造幣局の桜を観ている。
あれからもう10年も経つのか・・・、と年月の速さに戸惑う。↓

札幌の桜も開花宣言がなされ、昨日のTVでは道南の松前公園の桜が紹介されていた。
我が家の近くの公園でもキタコブシが咲き出した。
f0138096_21444396.jpg
f0138096_21444833.jpg
右下に写っているのはK夫人
f0138096_21445179.jpg
f0138096_21445573.jpg
f0138096_21445783.jpg
f0138096_21450113.jpg
4月20日の撮影らしい

by tarumae-yama | 2019-04-26 07:19 | | Trackback | Comments(2)

隣町のザゼンソウなど、2019.4.10

隣町の公園へザゼンソウと福寿草を撮りに行ってきた。
昨年はともかく、ブログでこの公園のザゼンソウを毎年のように紹介している。

残雪期の山でたまに見かけるザゼンソウだが、街中の公園でこうして当たり前のように見ることができるのは、本当は貴重なことかも知れない。

おまけに、我が家のクロッカスなどもアップした。
妻が逝って以来全く庭の手入れをしていないから、まとまってそれなりに咲いていたクロッカスは、とんでもなく離れた所に飛んで?ポツリポツリと咲いている。
f0138096_18350585.jpg
f0138096_18350869.jpg
f0138096_18351013.jpg
f0138096_18351595.jpg
f0138096_18352185.jpg
f0138096_18352461.jpg
上の6枚は、隣町の公園にて撮影
f0138096_18353224.jpg
f0138096_18353623.jpg
上の2枚は、我が家の庭のクロッカス
f0138096_18354072.jpg
20年近く前稚内で単身赴任をしていた頃、宗谷岬で見つけた大きくてたくましい行者ニンニクを我が家の庭に数株移植した。毎年生長ぶりを見ているのだが、年々か細くなっていくように見える


by tarumae-yama | 2019-04-11 00:21 | | Trackback | Comments(0)

福寿草と水芭蕉、2019.4.3

3月18日以来半月ぶりに、福寿草と水芭蕉を見に行ってきた。
福寿草は丁度満開だったけれど、水芭蕉はどうだろう?
まだ盛りには少し早いように感じたのは、単純に株数が少なく見えたせいだろうか?

水芭蕉の群生地の中に鹿のヌタ場があって驚いたが、ひょっとして花数が例年より少ないとの印象を受けたのはエゾシカの食害なのか?

それでネット検索してみると、「尾瀬のミズバショウがニホンジカの食害で大ピンチ」との記事を見つけた。↓

鹿も生きるために食べるのだろうから、鹿たない(^^;)けれど、そのために水芭蕉の群生地が消えていくとすれば何とも淋しく切ない。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21395738.jpg
f0138096_21401416.jpg
f0138096_21402171.jpg
f0138096_21402413.jpg
f0138096_21403143.jpg
f0138096_21403654.jpg
f0138096_21404075.jpg
f0138096_21404473.jpg
f0138096_21404811.jpg

by tarumae-yama | 2019-04-04 06:41 | | Trackback | Comments(6)