カテゴリ:日々の出来事( 98 )

ニシン漬け

今日16日は妻の月命日。
逝ってから早いもので2年9ヶ月が経つ。
昨日花を買ってきて古い花と取り替えた。

先日、妻の中学時代の親友で、今は関西に住むあやさん(仮名)から電話があった。
妻が逝って1年も経つ頃、仲の良かった友人達からの連絡は殆ど途絶えた。
まあ、私の友人ではないのだからそれは当然のことと受け止めていたけれど、あやさんだけは2,3ヶ月毎にいまだに「よっちゃん、元気?」と欠かさず連絡してくる。

そんな心優しい彼女だが、夫と離婚後幾つもの病気をして歩くのも不自由で、随分前から生活保護を受けている。
娘さんも離婚の上自死しているから、彼女はまるで不幸を画に描いたような日々を送っていると思うのだが、そんな状況でも私の健康を気遣ってくれている。

まあ、妻もあやさんの悩みを電話やメールで随分相談にのっていたし、他に仲の良い友達数人からもよく電話が来ていた。

ガンに罹ってからもそんな状況は変わらず、楽しい話ならともかく、私は口にこそ出さなかったけれど、身体に障るからとそばで心配していた。
もっとも、身勝手な性格の私こそが、妻の一番のストレスになっているのだろうと何時も思っていた。
だから、夫は元気で留守が良いを退職後実践していた。

だが、前にも書いたけれど、妻と私が診てもらっていた個人病院の登山をする看護師から今年、夫が山に行ってばかりで淋しいと言っていたと聞かされ、申し訳ないという気持ちと同時に頼りにしてくれていたのだと知って嬉しかった。

ガンが見つかってから書いた妻のノートを、折に触れ読み返すことがあるのだが、退職記念で行ったスイス9日間の旅と、7年前、大阪のKご夫妻に案内されたチェコとウイーン半月間の旅が、本当に楽しかったと書いてあり、特にピアノを習っていた中学時代に夢見ていた、ウイーンの旅は格別だったようで、ベートーベンが下宿していたという部屋にあるピアノの前に立ったとき、その夢が実現して涙が出そうだったと記してある。
私とKご夫妻にはいくら感謝してもし尽くせないとも。

それを目にすると、当時すでに70代後半になっていたKさんに無理を承知でお願いして心から良かったと思う。
特に、千歳での雑事を全て忘れ、実の妹のように可愛がっていただいたKさんの奥さんと、異国で16日間も話をしたあれこれは、現実とは思えない程楽しいものだったようだ。

今回は、その時の写真を10枚ほど載せた。
月命日に合わせ、私にも楽しかった妻との、そしてKご夫妻との思い出として。

すっかり、タイトルと無縁の話になってしまった。
あやさんとはお互いの近況を伝えるだけの電話であったのだが、今回は驚いたことに、ニシン漬けを送って欲しいと。
何でも、何年か前旭山動物園に行ったとき、どこかで食べたニシン漬けがとても美味しかったことを思い出したらしい。

たやすいことと引き受け、昨日近くの店からあやさん宅へ送ってもらった。
お金を受け取るほどの金額ではないから固辞したけれど、ニシン漬けを食べて古里の岩見沢を思い出し、少しでも元気になってくれるならこんな嬉しいことはない。
f0138096_22293224.jpg
f0138096_22293646.jpg
f0138096_22294410.jpg
ベートーベンが住んでいた部屋のピアノを前に
f0138096_22294865.jpg
ウイーンの楽友協会での演奏会前に。若い頃の小澤征爾氏もここの立ち見席で演奏を聴いていたらしい
f0138096_22295173.jpg
f0138096_22295544.jpg
f0138096_22295862.jpg
f0138096_22300275.jpg
f0138096_22300527.jpg
f0138096_22300927.jpg


by tarumae-yama | 2018-11-16 01:46 | 日々の出来事 | Comments(0)

読書週間

10月27日から読書週間が始まった。
何時も暇なりに本を読んでいるので、読書週間がスタートしたからといって改めて手にする訳ではないけれど。

先日読んだ本を写真に載せた。
ラーメンやソバなどと同じで、自分がとても美味しいと思ったものを友人達全てが同意してくれる訳ではないから、それと同様、私の読書感想を載せても意味がないのかも知れない。

ただ、「青くて痛くて脆い」と「ロンリネス」は千歳の図書館の予約ランキングの10位までに入っていた本だから、それなりに評価されていると思う。

実際、前者は3分の2までは面白いとは思わなかったけれど、終盤はグイグイ引き込まれた。
だが、直木賞作家の桐野夏生の後者は、男女の恋愛感情の機微に触れる表現には感心するものの、物語の結末には何とも言えない後味の悪さが残った。

写真の他の2冊は、航空物が大好きなので、書架から適当に借りてきた本だが、「パイロットが空から学んだ一番大切なこと」は、ビジネス入門書のようで、期待したほどでもなかった。
それでも、「山の頂き 波の上」は、元航空自衛隊救難ヘリのパイロットが著したもので、困難な気象条件の中での決死的な救出活動の表現には臨場感があって興奮した。
f0138096_12202019.jpg
蛇足だが、27日は孫1号が通う小学校の学習発表会があり、強い雨と強風の中嫁さんの親共々観に行ってきた。
入学してまだ半年の1年生64名による歌の上手なことに感心したけれど、4年生の孫の成長ぶりを目の当たりにして、私の隣りに妻がいないことが本当に淋しいし無念と感じた。
 
孫の写真が天国の妻に届くことを願って
f0138096_12394099.jpg
4年生の出し物は、劇「オズの魔法使い」で、劇の最後は全員で合唱
f0138096_12395533.jpg
その合唱に孫がピアノで伴奏を
f0138096_12401063.jpg
5年生の出し物は器楽演奏と踊りで、金髪の子の「ダンシングヒーロー」の踊りは、他の子を圧倒するダントツの上手さだった
f0138096_12403344.jpg
帰宅途中、虹が見られた。妻も見ただろうか


by tarumae-yama | 2018-10-29 07:26 | 日々の出来事 | Comments(2)

苔の回廊歩き、2018.10.2

風は強かったものの、genesis1_1さんとOさんの3人で青空の広がった午後から苔の回廊を歩いてきた。

時間にして2時間足らずだが、平日のこともあり、誰にも会うことのない静かなハイキングを楽しむことが出来た。

今回の台風24号は支笏湖周辺には殆ど影響を与えなかったようで、途中心配した通行止めもなく、苔の回廊も前回歩いたときと全く変わりなかった。
f0138096_22232907.jpg
f0138096_22233421.jpg
f0138096_22234019.jpg
f0138096_22235602.jpg
f0138096_22235907.jpg
f0138096_22240363.jpg
f0138096_22240991.jpg
f0138096_22241224.jpg
f0138096_22242568.jpg
f0138096_22243089.jpg
f0138096_22243386.jpg
f0138096_22243837.jpg
f0138096_22244177.jpg
今日は私の誕生日ということで、苔の回廊近くで手作りのケーキとコーヒーでお祝いをしてくれた。上の写真のケーキは、樽前山を表現したもので、2段目部分は溶岩ドームらしい


by tarumae-yama | 2018-10-03 07:39 | 日々の出来事 | Comments(4)

イイネをもう一つ

前日に続きもう一人紹介したい。

コメントのやりとりも、もちろんお会いしたこともないはずだが、ActiveManさんのブログ「Digital Photo Diary」↓

プロフィルを見ると、彼は日本山岳写真協会に所属するプロのカメラマンらしい。
お気に入りというコーナーには、(僅か)4人のブログを貼っているけれど、私以外の3人は何れもプロか優秀な写真愛好者のようだ。

そのお一人のブログ名が「無題」というのは、どのような意図で点けられたのか興味津々。
この「無題」の管理人さんは、いろいろな写真コンテストで入賞しているらしい。

ともあれ、そんな凄い人たちに混じって、支笏湖周辺の山ばかり初級者用デジイチの写真で紹介しているローカルな私のブログを、何故貼っているのか不思議で仕方がない。

全く記憶にないのだが、もしかして昔日本100名山巡りをしたときに、山でお話をした方なのだろうか?


by tarumae-yama | 2018-09-27 07:24 | 日々の出来事 | Comments(2)

イイネ

毎日のようにブログを更新しているけれど、コメントは皆無に近いし、イイネを押してくれる読者も決まって一桁だ。
私自身コメントすることもイイネを押すことも殆どないのだから、まあ当然だろう。
(それにしても、イイネ数が485というブログを見たが、一体その方はどれほどイイネを押しているのだろう、私には信じ難い世界だ)

そんな数少ないイイネを押してくれた方のブログに飛んでみた。

最近、私のブログを見ているのだろうか、毎日のようにイイネを押してくれる初老女NTさんのブログ。↓
「人生で我慢するのはトイレだけ!」というブログ名にも驚くけれど、プロフィールを拝見して吹き出してしまった。
音楽や読書が趣味のようで、知性と感性の豊かさを確信させる女性だが、「もっとも幸せな時」に、合わない人との関係を絶てた時、と本音(?)を記す勇気にはビックリ。

今、トースト・アートを毎日のようにブログで紹介しているけれど、お菓子や料理を作るのが好きで、チェロ奏者のミッシャマイスキーのファンである妻がまだ元気だったなら、お気に入りに登録して毎日更新を楽しみにしていたことだろう。

初老女NTさんが好きだという小説、ジョン・J・ナンス著「着陸拒否」を早速図書館に予約した。
f0138096_16271063.jpg
f0138096_16271451.jpg
初老女NTさんは葬儀社に勤務したことがあるらしく、彼女のブログで、ローソクや線香、キャンドルを扱うカメヤマという会社に「故人の好物シリーズ」というものがあると知った。↓

今回の胆振東部地震で停電時にローソクを使ったけれど、キャンドルなら長時間使えるし安定感もあるだろうから、早速、寿司、中でもマグロが好きだった妻のために、仏壇用と非常時用を兼ねて注文しようと思う。緑茶のキャンドルも一緒に(妻は紅茶が大好きだったけれど)。 キャンドルの写真はカメヤマのHPから借用した


by tarumae-yama | 2018-09-26 07:38 | 日々の出来事 | Comments(2)

北海道胆振東部地震、2018.9.6

9月6日午前3時8分、突然突き上げるような揺れに飛び起きた。
今まで経験をしたこともないような激しい揺れに、ベッドの上で思ったことは、家が半壊しもう住めなくなるのでは、と。

すぐに1階に下り、居間のTVの電源を入れた。
TVが台から落下していないのを不思議に思いつつ、TVからは震度が6で、震源地が海底の場合津波の恐れがあると。

その直後に停電になった。
余震におびえながらまたベッドに潜り込み、明るくなってから家の周りを点検したところ、驚いたことに基礎にも外壁にもヒビ一つなかった。

それから夜までが長かった。
多くの友人知人から安否確認の電話やLINEが入った。
開店時間を待ってカセットコンロ用のボンベとカップ麺などの食料品を買いに出かけたが、スーパーもコンビニもすでに長蛇の列。
購入を諦め、家にあるカップ麺やスパゲティ等の他に山用の行動食などで何とか3日ほど食いつなごうと考えた。

幸い、断水にはならなかったけれど、水も止まる可能性があるかもとのことで、飲み水用とトイレ用などのために、ペットボトルや浴槽に出来るだけ貯水した。
(1階のウオシュレットは停電中は水を流せないが、2階の30年前のトイレは、レバー一つで排水出来た。これは有難く、旧式のシンプルさの素晴らしいことを再認識した)

情報は、携帯やカーナビのワンセグを視ることで最小限の状況を知ることが出来た。
震源は千歳から近い厚真町で、北海道では初めての震度が7だという。
そして、大規模な土砂崩れで亡くなった方や行方不明の方が多数いる、と。
(我が家は納戸の書架が倒れたせいで、食器が3つ4つ割れたのみだった)

そんな大惨事をTVで目の当たりにしながら、ローソクの明かりでカップ麺の夕食を摂って早々とベッドに潜り込んだけれど、余震のたびに目が覚めて中々眠れない一夜だった。
f0138096_21504394.jpg
6日の夜の居間、テーブルの上は雑然としているけれど、ローソクの他にランタン。11年前に日本100名山巡りで本州へ遠征に出かける際に購入した物。カセットコンロ用と同じボンベを使用
f0138096_21504363.jpg
愛車のトランク内のソケットにインバーターを繋ぎ、同居の息子と私のスマホに携帯電話の3台を充電しているところ。このインバーターも11年前に本州へ山登りに行く際、持参のモバイルPCの充電用に購入した物

by tarumae-yama | 2018-09-07 22:11 | 日々の出来事 | Comments(8)

読んでみた

白内障になったのかと思うくらい、夜になると目がかすむ。
相変わらずPCに向かう時間が多いし、深夜まで読書する日々が重なると、まあ当然かも。歳も歳だし。

今回図書館から借りて来た本はどれも面白かった(まだ「女子と乳がん」は読んでいないけれど)。

池井戸潤の「下町ロケット」の最新シリーズは、相変わらず中小企業の社長や従業員の奮闘記だと思うけれど、結末のどんでん返しには驚いた。
2日間で読了するほど夢中になった。
10月にこの続きが出るとのことだから、今から発売が楽しみだ。

桜木紫乃の「ターミナル」は、どうも以前借りていると思いつつ最後まで読んだ。
それでも殆ど記憶が飛んでいるのだから、私の記憶力は一体どうなっているのだろうと思う。

松さや香の「彼女失格」は、29歳で若年性乳がんになった本人の闘病記だが、むしろ恋愛物語かも知れない。
それにしても、放射線治療や抗がん剤、ホルモン治療等の副作用の凄まじいこと!
毛髪より先に陰毛が抜けたとか、性交痛がひどいとか、ここまで書くのかと思うほど赤裸々な内容にたじろぐけれど、毎回の治療費など、同じ若くして乳がんに罹患した女性には、きっと知りたいことが書かれているのではと思う。

彼女の闘病を綴ったブログがこの本になったようだが、リクルートの雑誌編集部に在籍していたことが納得出来るほど、涙と笑いありの文章力には感心する。

最初は日本航空の広報部に就職したとのことだから、すでにその頃から開花した才能なのかも知れない。
今はリクルートを退職し、某LCCの客室乗務員になっているそうだ。

その後ネットで検索すると、38歳になって交際ゼロで電撃結婚したとあるから、ガンを克服し正に飛んでる女性の面目躍如!
f0138096_17163667.jpg


by tarumae-yama | 2018-09-06 00:28 | 日々の出来事 | Comments(8)

山での写真がTV放映

ぶるままさんからメールが来て、そこには以下の文章が。

” 以前恵庭岳山頂で撮った写真なのですが、HTB「イチオシ!モーニング」で放送されることになりました。
ハイタッチ写真を募集していて、4年ぶりの恵庭岳!ということで勝手に投稿してしまいました。
先ほど、HTBより採用されたので放送します!と連絡がありました。
来週21日火曜日です。
放送時間は・・・いつもだと6:58頃の占いの後だったかと思います。”

ぶるままさん自身もTV出演があるのかと問い合わせたところ、残念ながら写真のみらしい。

もっとも放送で紹介されるそれは、私が撮影したものではなく、同行のSさんが撮ったものだ。
それでも、嬉しい出来事であることには変わりない。

今から21日の放送が楽しみだ。
f0138096_15262772.jpg
この写真が紹介されるらしい。2018年7月12日、恵庭岳の頂上にてSさんの撮影。右からぶるままさん、隊長Oさん、私

by tarumae-yama | 2018-08-18 05:17 | 日々の出来事 | Comments(0)

山口県周防大島町の2歳の男の子を無事保護!、その後

今日のブログの記事にイイネを押してくれたjinashiさんが、やはり尾畠さんのことを自身のブログに書いてあった。↓
同じ大分県同士のjinashiさんは、尾畠さんと山を一緒したこともあり、以前から面識があったらしい。

私はjinashiさんとは全く面識がないのだが、昨年の夏に北海道へ登山に来た際、お薦めの山やルート等について私のブログのコメント欄を使っていろいろ質問してきた。
お土産についての質問には、さすがに好みもあるだろうからと回答を遠慮したけれど。

その後、jinashiさんは律儀にも私のブログをリンクしてくれ、今回イイネを押してくれた所をみると、たまには読みに来てくれているらしい。
嬉しいことだ。


by tarumae-yama | 2018-08-16 12:06 | 日々の出来事 | Comments(6)

山口県周防大島町の2歳の男の子を無事保護!

昨夜、熊本のTさんからブログにコメントが入ったので確信が持てたのだが、行方不明になっていた周防大島町の男の子を3日ぶりに発見保護したのは、わざわざ大分県から捜索にボランティアで来ていた78歳の尾畠さんだった。

実は、偶然のことだが、9年前の4月23日にTさんに案内され由布岳に登った際、9合目で登山道整備をしていた男性とあれこれお話をした。↓


その時の話では、バイクで自宅から通いながらボランティアでやっているとのこと。
網に石を詰めて階段状に整備していたけれど、言われなければ業者が請け負ったと見えるほど本格的なものだった。
その男性が、今回TVで取材を受けていた尾畠さんだったから驚いた。

TVによると、尾畠さんは、7年前の東日本大震災の時も自分の軽自動車に寝泊まりしてボランティア活動をしたそうだ。
更には、熊本の地震や豪雨災害にも手伝いに出かけているとのこと。
男の子を保護した後、今度は西日本豪雨の被害に遭った広島(呉市)にボランティアに向かうと言うことだから、ただただ頭が下がる。私にはとても真似の出来ないことだ。

多分、由布岳以外の山でも登山道整備をしているのだろうと想像するけれど、昨夜視たTVでの尾畠さんのボランティア活動に、由布岳の登山道整備のことが触れられていなかったので、私のブログで紹介しようと考えた。
f0138096_23264849.jpg
由布岳の9合目辺りで登山道整備をしていた尾畠さんと話をしているのは熊本市のTさん
f0138096_23270303.jpg
頻繁に登山道整備に来ているのか、日に焼けた尾畠さん。このときは69歳か。2009年4月23日の撮影
f0138096_23314723.jpg
f0138096_23315139.jpg
f0138096_23315436.jpg
f0138096_23320321.jpg
f0138096_23320079.jpg
f0138096_23315723.jpg

上の6枚は、2018年8月15日の夜放映されたTV画面を撮影。 写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2018-08-16 07:49 | 日々の出来事 | Comments(2)