人気ブログランキング |

カテゴリ:北海道100名山( 1063 )

恵庭岳、2019.10.17ー同行者からの写真ー

先日の恵庭岳に久しぶりにご一緒したH原さんから送られてきた写真を紹介したい。
何時ものことだが、写真の説明は殆ど抜きということで・・・(^^;)
f0138096_11383322.jpg
頂上の岩塔が見えている
f0138096_11383790.jpg
f0138096_11384094.jpg
f0138096_11384300.jpg
下山者は、ヤマップの超人akakuma.さん
f0138096_11384629.jpg
f0138096_11384940.jpg
f0138096_11390738.jpg
f0138096_11391070.jpg
f0138096_11391566.jpg
f0138096_11391683.jpg
f0138096_11392229.jpg
Sさん製作の頂上標識を挟んで。 写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2019-10-20 11:43 | 北海道100名山 | Comments(0)

恵庭岳、2019.10.17

紅葉を期待して3人で恵庭岳に登ってきた。
駐車場周辺の紅葉が見頃を迎えていて、6合目辺りまでは黄葉がそこそこ楽しめた。

予報は晴天のはずだったけれど、家を出るときは小雨だった。
札幌からのお二人も、ワイパーが要るほどの雨だったらしい。
それでも、登山口をスタートするときは青空が出ていて頂上の岩塔もクッキリと見えていた。

本当は西峰に登る予定だったのだが、途中から雲が増し、岩塔の基部まで来ると雪(霰)がぱらつき、西峰が霞んできたため、急遽ジャンダルムに変更した。

S村さんは4度目の恵庭岳だが、ジャンダルムは未踏とのことでH原さんにサポートをお願いし、私は本峰の頂上からジャンダルムに立つお二人を撮った。

昨年9月の胆振東部地震以降恵庭岳に登っていないのか、H原さんは頂上岩塔の崩落ぶりには驚いた様子で、もう本峰の頂上は(登らなくても)よいとのつぶやき?が聞こえて来た。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14450063.jpg
駐車場周辺の紅葉が見頃になっていた
f0138096_14450311.jpg
f0138096_14450711.jpg
f0138096_14451027.jpg
f0138096_14451255.jpg
6合目辺りの紅葉と黄葉
f0138096_14451692.jpg
6合目の先で早々と下りてきたのは、ヤマップの超人akakuma.さんだった。2年前の7月に藻岩山のご来光登山で一緒している。その年の12月には風不死岳の北尾根でバッタリ。彼は下山後イチャンコッペ山にも登ると言う
f0138096_14452044.jpg
7合目と8合目の中間くらいでスライドしたのはMさん。7月か8月に樽前山でお話をしている
f0138096_14452315.jpg
中央の右に本峰の頂上岩塔が見える
f0138096_14452683.jpg
f0138096_14452852.jpg
第3見晴台から天狗の鼻と支笏湖。奥に紋別岳
f0138096_14454742.jpg
オコタンペ湖、奥の羊蹄山は雲の中
f0138096_14455024.jpg
本峰の頂上からジャンダルムに立つ二人を撮影
f0138096_14455351.jpg
f0138096_14455692.jpg
左上に西峰
f0138096_14455995.jpg
本峰の頂上に立つH原さん、その下にS村さん
f0138096_14460325.jpg
f0138096_14460638.jpg
第2見晴台から、羊蹄山が姿を現した
f0138096_14460949.jpg
第1見晴台を下山中
f0138096_14462773.jpg
ズダヤクシュの花が咲いていた
f0138096_14462989.jpg
f0138096_14463053.jpg
駐車場まであと7,8分

by tarumae-yama | 2019-10-19 07:51 | 北海道100名山 | Comments(2)

紅葉?の風不死岳、2019.10.10

前回樽前山に登ったのは2週間前の9月26日のことだった。
その時お花畑コースから観た光景と、紅葉の進み具合が今回殆ど変わっていないことに驚いた。
特にナナカマドの紅葉はさっぱり進んでいなかった。

また1週間ほど経ってから登ろうと思うけれど、紅葉についてはもう期待できないのかも知れない。

シラタマノキは終盤になっていたものの、アパッチでまだイワヒゲが咲き残っていて本当に健気だ。
風不死岳と932m峰の分岐標識の先では、そこだけエゾイソツツジの花がまとまって咲いていて驚いた。

9時前に7合目の駐車場に到着したときほぼ満車状態で、5時間後に戻ってきた時はヒュッテ付近の路肩に20台以上の車が停まっていた。
皆さん、樽前山の紅葉目当てだったと思うけれど、期待外れでガッカリしたかも。
それでも、雨上がりのせいか支笏湖ブルーが奇麗で、この時期としては暖かだったから、気持ちの良い樽前山だったろうと思う。

それだけ多くの登山者がいたはずだが、お花畑コースでは誰にも会わず、風不死岳の登山口近くで初めて二人組に追いついた。
挨拶をすると、私の顔を見るなり、tarumae-yamaさん!?と言われた。
初対面の方だが、随分前から私のブログを毎日見ているとのことで、相方さんと晴天だから私に会えるかもしれないと話をしていたらしい。

そんな熱心な読者の期待に応えられて嬉しかったけれど、実物に会ってガッカリさせたかも(^^;)

風不死岳の頂上まで、あまりカメラを取り出すことがなかったのに、近年は2時間を切るのが難しくなった。
ちなみに登りに2時間7分、下りは1時間40分だった。
f0138096_15084060.jpg
青空も支笏湖ブルーも奇麗
f0138096_15084437.jpg
樽前山東山斜面の黄葉
f0138096_15084882.jpg
アパッチで見たイワヒゲ
f0138096_15085190.jpg
風不死岳登山口近くで追いついた二人組。左が私の拙いブログを毎日見ているという札幌のSさん
f0138096_15085498.jpg
f0138096_15090564.jpg
f0138096_15090789.jpg
中央上に風不死岳の頂上。前を行く二人組はヤマッパーさんらしい
f0138096_15091129.jpg
中央付近に羊蹄山と尻別岳
f0138096_15091460.jpg
支笏湖の奥に恵庭岳
f0138096_15091773.jpg
頂上から樽前山。今日は噴煙が沢山昇がっている
f0138096_15095018.jpg
ニセピーク直下でスノーシューの話などしたIさんたち
f0138096_15095580.jpg

エゾイソツツジの花がまとまって咲いていた
f0138096_15095946.jpg
シラタマノキ
f0138096_15100348.jpg
エゾイソツツジ
f0138096_15100698.jpg
シラタマノキとタルマエソウの紅葉
f0138096_15100820.jpg
ハナヒリノキの紅葉


by tarumae-yama | 2019-10-11 15:28 | 北海道100名山 | Comments(0)

紅葉?の風不死岳、2019.10.10ー速報版ー

樽前山のお花畑コースから風不死岳に登ってきた。

風不死岳の紅葉は、北尾根の6合目から9合目が見応えのある所だから、頂上から6合目までカメラを持って下りてみようと考えていた。
ところが、北尾根から来た方達に聞くと、全然紅葉になっていないと。
とりあえず9合目まで下りてみたが、なるほどまだまだ早いのか全く色づいていない感じだった。

お花畑のナナカマドもまだ葉が緑色だったから、紅葉の見頃には10日くらい早いのかも知れない。
だが、ヒュッテ前のナナカマドの大木は、毎年見事な紅葉になるのだが、すでに葉を落としていて淋しい状況だったから、今年の紅葉はこの先どうなるやら。

とりあえず、写真を5枚アップした。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16545980.jpg
赤色はハナヒリノキだと思うが、黄色は何の木だろう?
f0138096_16550501.jpg
タルマエソウの紅葉

f0138096_16550897.jpg
ハナヒリノキの紅葉。バックに932m峰

f0138096_16551154.jpg
お花畑コースでツルリンドウの実を見たのは初めてかも
f0138096_16551521.jpg
風不死岳の頂上から、支笏湖の奥に羊蹄山。霞んでいて写真では分かりにくいが、前日雪が降ったらしく、白い筋が見える

by tarumae-yama | 2019-10-10 17:00 | 北海道100名山 | Comments(0)

紅葉が見頃の無意根山、2019.10.2

無意根山の薄別コースは、林道のゲートが開放されているということで、3.4km先のゲートまで車で行けたのは有難かった。

7年前は、車に21段変速のマウンテンバイクを積み込み、宝来小屋までの半分くらいはそのマウンテンバイクを押しながら登った。
帰りの林道は、斜度がある分あっと言う間に着くはずだったけれど、小石が多くてスピードが出せないだけでなく、ハンドルを取られて転倒し、収穫したタケノコや行者ニンニクを周辺にばらまいてしまった(^^;)
その時もズボンに穴を開けた痛い思い出がある。

今回、宝来小屋まで歩く分については快適だった。
そこから無意根尻小屋までは小一時間ほど。
小屋から先は一気にワイルドな登山道になる。

元山の分岐地点から頂上までは1.2kmだが、1kmほどはハイマツのトンネルで、Tシャツスタイルで腕を露出していたため、ハイマツの枝で擦り傷を幾つも作ってしまった。

それでも紅葉は、葉の黄色、オレンジ、紅のグラデーションが陽を浴びて目に染みた。
丁度見頃に出会ったようで、何度も感嘆の声が出た無意根山だった。

山行記録
林道ゲート08:04→宝来小屋08:32→無意根尻小屋09:24~09:35→頂上11:04~11:38(昼食)→元山分岐12:02→無意根尻小屋12:58~13:03→宝来小屋13:40→林道ゲート14:01
f0138096_16131026.jpg
駐車場で準備中だった4人パーティーが我々の前を歩いている
f0138096_16131070.jpg
駐車場から30分かからず宝来小屋に到着
f0138096_16131139.jpg
f0138096_16131128.jpg
f0138096_16131108.jpg
f0138096_16131102.jpg
無意根尻小屋に到着
f0138096_16131209.jpg
無意根尻小屋の赤い屋根が見える
f0138096_16131279.jpg
ツルリンドウの花
f0138096_16131296.jpg
定山渓天狗岳
f0138096_16131333.jpg
我々が昼食を摂っていると4人パーティーがやってきた。皆さんOBだがある組織の公務員だったと
f0138096_16135334.jpg
頂上標識の近くに最高点があるが、眺望はあまりない
f0138096_16135516.jpg
この辺りのダケカンバの黄葉は終わっている
f0138096_16135876.jpg
f0138096_16140156.jpg
無意根尻小屋前の紅葉
f0138096_16140399.jpg
f0138096_16140641.jpg
f0138096_16140956.jpg
f0138096_16141112.jpg
f0138096_16142876.jpg
f0138096_16143111.jpg
f0138096_16143469.jpg
f0138096_16143626.jpg
山ブドウの紅葉
f0138096_16144058.jpg
無事、下山

by tarumae-yama | 2019-10-05 07:36 | 北海道100名山 | Comments(2)

紅葉が見頃の無意根山、2019.10.2ー同行者からの写真ー

何時ものやり方とは違うけれど、H原さんから送られてきた写真を先に紹介したいと思う。
今日は何かと雑用が多く、写真の選択や記事の作成に集中できないので・・・。

15枚アップした写真は時系列にはなっていないけれど、プロの腕前を楽しんでいただければ何よりと思う。
f0138096_09465299.jpg
f0138096_09465468.jpg
f0138096_09465746.jpg
f0138096_09465992.jpg
f0138096_09470397.jpg
f0138096_09470540.jpg
f0138096_09470836.jpg
f0138096_09471197.jpg
f0138096_09473040.jpg
f0138096_09473378.jpg
f0138096_09473483.jpg
f0138096_09473775.jpg
f0138096_09474164.jpg
f0138096_09474331.jpg
f0138096_09474630.jpg

by tarumae-yama | 2019-10-03 09:49 | 北海道100名山 | Comments(2)

紅葉が見頃の無意根山、2019.10.2ー速報版ー

無意根山は未踏だというS村さんを誘って7年ぶりに登って来た。
仕事が休みのH原さんが同行してくれた。

率直に言って紅葉にはまだまだ早いと思っていたから殆ど期待していなかったのだが、何と丁度見頃になっていた。

無意根尻小屋から上では、もうすでに落葉していたり茶色く枯れていたので、本当にベストのタイミングだったと思う。
どちらかと言うと、紅葉より黄葉の方が目立ったけれど、それでも見応え十分だった。

今日は私の誕生日だから、山から紅葉という素晴らしいプレゼントをもらった気分。
更に、舞茸を見つけ、それこそ舞い上がるほど嬉しかった。

霞んでいて遠望は利かなかったものの、朝から快晴の天気に恵まれ、風は穏やかで暖かく、本当に素敵な誕生日になったと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17153641.jpg
f0138096_17153620.jpg
f0138096_17153613.jpg
f0138096_17153721.jpg
f0138096_17153777.jpg
f0138096_17153779.jpg
f0138096_17153702.jpg
大蛇ヶ原湿原
f0138096_17153821.jpg
f0138096_17153897.jpg
f0138096_17153854.jpg

f0138096_17170161.jpg
f0138096_17170468.jpg
無意根尻小屋前で、追いついた4人パーティーと一緒に記念撮影。今日の無意根山は7人以外誰も登っていなかった
f0138096_17170707.jpg
左上に定山渓天狗岳
f0138096_17171024.jpg
羊蹄山をバックに、無意根山頂上
f0138096_17171395.jpg
舞茸


by tarumae-yama | 2019-10-02 17:27 | 北海道100名山 | Comments(8)

札幌岳、2019.9.5ー同行者からの写真ー

札幌岳を一緒したH原さんから送られてきた写真を紹介したい。
何時ものことだが、説明抜きで・・・(^^;)
f0138096_00023721.jpg
f0138096_00024064.jpg
f0138096_00024471.jpg
f0138096_00024744.jpg
f0138096_00025050.jpg
f0138096_00025357.jpg
f0138096_00025646.jpg
f0138096_00025946.jpg
f0138096_00030109.jpg
f0138096_00030490.jpg

by tarumae-yama | 2019-09-10 07:48 | 北海道100名山 | Comments(0)

札幌岳、2019.9.5

駐車場からスタートした途端、登山道は笹が被っていて、2年前より歩きにくくなっていた。
ただ、前回は泥濘状態だったからスパイク長靴が役だったけれど、今回はかなり乾いていて歩きやすかった。
とは言うものの、我々は花を愛でながらのんびりと歩いたものだから、登りも下りも3時間以上かかってしまった(^^;)

札幌周辺には無意根山や手稲山、定山渓天狗岳など北海道100名山が幾つかあるけれど、個人的には札幌岳が千歳から一番近いし手軽で登り易いから好きだ。
と言いつつ、登山道が荒れているのと、頂上近くまで眺望が得られないのが難点かも。

何れにしても札幌周辺の山は、車が多くて気を遣うから、自宅から登山口まで信号機が5カ所(含むセンサー式、歩行者用)しかない樽前山や風不死岳の北尾根を登っている方が、眺望も良いしずっと好きだ。
ただ、支笏湖周辺の山への運転は鹿の飛び出しが怖いけれど。
f0138096_22310054.jpg
スタート前に、左からH原さん、S村さん、なおさん、私
f0138096_22310452.jpg
f0138096_22310815.jpg
f0138096_22311046.jpg
f0138096_22311420.jpg
f0138096_22311721.jpg
f0138096_22312189.jpg
f0138096_22312529.jpg
f0138096_22312920.jpg
f0138096_22313292.jpg
f0138096_22315623.jpg
f0138096_22315911.jpg
f0138096_22320272.jpg
f0138096_22320635.jpg
f0138096_22321132.jpg
f0138096_22321394.jpg
f0138096_22322057.jpg
f0138096_22322367.jpg
f0138096_22322626.jpg
f0138096_22323005.jpg


by tarumae-yama | 2019-09-07 07:52 | 北海道100名山 | Comments(2)

札幌岳、2019.9.5ー速報版ー

4人で札幌岳に登ってきた。
まあまあの天気と眺望に恵まれ、初登のS村さんもそれなりに満足したことと思う。

2年前の9月28日に登った時は、紅葉が始まっていてなかなかの風情だったけれど、今回はさすがに紅葉には早かった。
だが、羊蹄山やアンヌプリ、無意根山などが望め、頂上を吹き抜ける風も心地よく、一日楽しめた札幌岳だった。

とりあえず、速報版として写真を3枚アップした。
f0138096_20454880.jpg
f0138096_20455270.jpg
中央下に恵庭岳
f0138096_20455507.jpg
羊蹄山をバックに。頂上にいた男性に撮ってもらう


by tarumae-yama | 2019-09-06 00:25 | 北海道100名山 | Comments(6)