人気ブログランキング |

2019年 12月 04日 ( 1 )

全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3

毎朝体重を計っているけれど、1週間も山に行かなければヘルスメーターの表示が怖い。
ということで、山に向かうことにしたものの、日本海側には暴風雪警報が発表中。

それで、こんな荒天の中でも登れそうな山を検討した。
だが、支笏湖や千歳のライブカメラに映る画では中々厳しそうな状況。
それに、上空1500m付近には真冬並みの寒気が入ってくると。

それでも衛星画像では、沿海州沖から発生している筋状雲は結構離岸距離があるし、レーダー画像でもエコーはまだばらけている上に西風に流されていて、紋別岳やイチャンコッペ山なら、西側にある漁岳、小漁山、恵庭岳などが雪雲を遮って登れるかも知れないと判断。

ということで、家を出たものの、支笏湖の湖面は白波が立っており、降雪のために対岸が見えないから、まるで海沿いの道を走っているような光景だった。

途中の紋別岳は頂上まで見えていたけれど、目指すイチャンコッペ山は降雪に隠され、途中で吹雪に遭えば引き返すのも大変と考え、手前の幌平山に変更した。

幌平山は標高が700m一寸の低山だし、レーダー画像からは、吹雪かれても時々は青空が期待できるはず。

まあ結論を先に言えば、頂上周辺以外雪も風も案外大したことはなかった。
むしろ、思いの外好天の時間が長かった。

だが、何よりガッカリしたのは、前日通過した低気圧の暖気のせいで、雪がすっかり解けて笹が立っていたことだった。

11月20日、この山に笹漕ぎして頂上に立ったけれど、その時はそこそこ笹が寝ていて、鹿道も使えたから、今日の辛さを思えば楽勝だった。

その上、風雪と背丈のある笹のために頂上を行きすぎ、おかしいと気づきながらも2度も頂上標識辺りを行ったり来たり。

笹漕ぎで雪まみれになったけれど、下山後の丸駒温泉は一時誰もいなくて、広い湯船と露天風呂を独り占めだった。

蛇足だが、掲載の写真は青空の出ているものが多い。
登山中の半分は風雪だったけれど、防水カメラではないためそんな時は故障が怖くてカメラを取り出せなかった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21001845.jpg
登山道にはせいぜい1,2cm程度の新雪。スパイク長靴がバッチリ
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21002117.jpg
ツルアジサイのドライフラワー?
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21002938.jpg
幌平山斜面をトラバース中に青空が広がり、前方にイチャンコッペ山手前の旧反射板ピークが見えた
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21003260.jpg
降雪のため支笏湖が僅かに見えるのみ
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21003131.jpg
幌平山斜面のトラバースが終わり、北東尾根の取り付きに来たけれど、笹が立っていてどこから突入すれば良いのやら状況
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21003988.jpg
出だしの急斜面には笹の上に2cmほどの新雪が乗っていて、下半身は雪まみれ。尾根の中心を登っているはずが笹の薄いところを見つけられず、途中で嫌気が差し、引き返して温泉に行くか、イチャンコッペ山に転進するか、それとも遮二無二幌平山を目指すか三者択一で迷った
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21003862.jpg
下半身雪まみれになりながら、頂上標識を見落とし、ずっと先まで行ったり戻ったり
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21004147.jpg
頂上周辺を行ったり来たりしたおかげ?で、徐々に支笏湖と奥の風不死岳が見えるようになってきた
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21010354.jpg
行きすぎて恵庭岳に近づいた分、雪の止み間に2,3枚撮ることが出来た
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21010735.jpg
頂上近くは雪が全くなく、背丈の高い笹のために頂上標識を見つけられず結構右往左往した。何度も登っている山なのに笹漕ぎで時間がかかると距離感が狂うようだ
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21010544.jpg
下山時の北東尾根から
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21010865.jpg
中央付近に紋別岳
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21011604.jpg
北東尾根の途中から、中央にイチャンコッペ山への登山道が白く見える。その奥に薄らと紋別岳
全行程笹漕ぎの幌平山北東尾根、2019.12.3_f0138096_21012074.jpg
何度もこの場所からの写真をアップしているかも(^^;)

by tarumae-yama | 2019-12-04 00:01 | 登山 | Comments(2)