人気ブログランキング |

2019年 11月 28日 ( 1 )

風不死岳北尾根、2019.11.26

11月3日、10日、17日と3週連続で風不死岳の北尾根を登っているから、今回取り立てて報告することはないけれど、この冬の風不死岳は初めてだというtonkoさんは、林道と尾根の2カ所で倒木が増えたことと、登山道が荒れて段差が大きくなったという感想を口にしていた。

今回は17日に登った時より、2,3日前の週末の高温でかなり雪が解け、またも用意したスノーシューを車内に残した。

ゲートからしばらくは、前日降った雪が枯れ葉の上にさらっと積もっているだけで登山靴で問題なく、尾根に取り付いてから頂上までも積雪はせいぜい数センチ。
ただ、冷え込んだために登山道は所々でカリカリに凍っていて4合目の手前でアイゼンを装着した。

今回あえて取り上げるとするなら、3日に登った時、合目標識を全てブログに載せたけれど、4合目標識だけは見つからなかったと書いた↓


だが、今回その円盤状の4合目標識が近くの木に取りつけられているのを発見。
さすがにマジックで書かれた文字は1年前と比べて薄くなっていたけれど。

それと、登山ポストまでの林道は除雪されないから、積雪期は登山口の西側にある駐車帯に車を停めることになる。
今回、その駐車帯から登山ポストまでの急斜面が笹刈りされていて、更にロープまで設置されていた。
これらは最近のことだと思うけれど、整備された関係者に感謝感謝だ。

写真の上でクリックすると大きくなります。
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16173198.jpg
写真では分かりにくいが、登山道が氷結している
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16173125.jpg
積雪は気にならない程度
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16173406.jpg
雪で段差が埋まり締まってくれば登り易くなるのだが
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16174124.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16174039.jpg
木の上部の樹氷に陽が当たり輝いている
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16174870.jpg
左側が切れ落ちているから、下りではここが一番気をつけなければならないところかも
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16174737.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16174971.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16181701.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16182033.jpg
やっと太陽が顔を出した
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16182462.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16182714.jpg
尾根を登りきり反対側が見えるように
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16182674.jpg
樽前山を左前方に見ながら、頂上は目前
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16182854.jpg
恵庭岳や後ろの漁岳などはクッキリだが、羊蹄山は中腹から下だけが薄らと見えただけ
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16183999.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16184240.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16190196.jpg
頂上で一緒になったKさんに続いて我々も下山開始
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16190539.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16190830.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16190746.jpg
 風不死岳北尾根、2019.11.26_f0138096_16191040.jpg
4合目標識が取りつけられていた朽ちかけた木の頂上側左手の木に、今までの丸い標識が取りつけられていた。多分釘ではなく、木と巻き付いているツルアジサイとの間に挟み込んでいるだけだろう


by tarumae-yama | 2019-11-28 07:48 | 北海道100名山 | Comments(2)