人気ブログランキング |

2019年 08月 21日 ( 1 )

ニセイカウシュッペ山、アンギラス、大槍、2019.8.19ーその1ー

前日一睡もしないままの山行だったせいで、今日は頭が重く、瀬尾まいこの「あと少し、もう少し」を手にすることもなく、ひねもす家でぼーっとしていた。

午前2時に千歳の道の駅でfukuさんをピックアップし、1時間後三笠の道の駅でMIKAKOさんと山だ!さんと合流、すぐに高速に乗った。

11km以上ある林道を走行後、5時48分に登り始めた。
北見から来たというソロの男性が直前にスタートしていったけれど、何故か追いつきも彼の下山時にスライドすることもなかったのが不思議。

ニセイカウシュッペ山(以下、ニセイカ)は、今回で8回目になるのだが、相変わらず登山道の前半は泥濘状態だった。
もっとも、8回のうち4回は平山(比麻奈山)からアンギラスを経由してのニセイカ登頂だが。
何れもピストンをして平山から下山しているので、アンギラスには今回で9回も立ったことになる。

3年ぶりのニセイカとアンギラス登頂だったけれど、アンギラスまでのピストンは、寝不足もあったとは思うものの、スタミナ切れで辛かったから、今後ニセイカと大槍には登ることがあっても、もうアンギラスは卒業しようと思う。

なお、アンギラスへは毎年登る人が確実にいるようで、踏み跡はしっかりしているけれど、手入れされていないから、3年前と比べるとハイマツの枝や笹などが生長し、足下が見えないところが増えてきていると感じた。
両側が切れ落ちているところがあるから、躓かぬよう気を遣うことが多かった。

大槍については迷い道があり、踏み跡も薄く両手を駆使する微妙なところがあって初心者には一寸厳しいかも知れない。

私の前を行くMIKAKOさんとfukuさんは、ピーク直下で踏み跡を外し、それを見て後ろから大声を出して二人に修正してもらい何とかピークに立った。
山だ!さんだけは、手前のポコで引き返したけれど、恐怖を感じたためだろうか?

なお、花のシーズンは完全に終盤で、最盛期ならチングルマやエゾツガザクラなどのお花畑を楽しむことが出来るのだろうが、ウスユキトウヒレン、ハイオトギリ、アキノキリンソウ、ウサギギク、チシマノキンバイなどの花を見たけれど、殆ど終わりかけていた。

山行記録
登山ポスト05:48→ニセイカ頂上08:27~09:20→アンギラス10:13~10:30→ニセイカ分岐(昼食)11:30~11:55→大槍12:20~12:22→登山ポスト14:12(時間は微妙に違うかも)
f0138096_19325557.jpg
スタート時、右から山だ!さん、fukuさん、MIKAKOさん
f0138096_19325886.jpg
中間地点を過ぎてようやく遠望が利くようになった。大雪の山並み
f0138096_19330685.jpg
青空が目に鮮やか
f0138096_19331073.jpg
途中まで尾根のセンターではなく右岸側に登山道が出来ているので、登りは右側が樹木のため視界が効かない
f0138096_19331216.jpg
f0138096_19331524.jpg
登山道が尾根の中心になり、両側の視界が利くようになった
f0138096_19331885.jpg
中央の奥はトムラウシ山らしい
f0138096_19332189.jpg
僅かに残っていたチシマノキンバイを入れて奥にニセイカ
f0138096_19332300.jpg
同行者を入れて奥に大槍
f0138096_19332650.jpg
同上
f0138096_19334437.jpg
ニセイカの頂上近く。ウラシマツツジが色づきだしていた
f0138096_19334609.jpg
右端にニセイカより20mほど低い隣のピーク。その左奥にアンギラス
f0138096_19334929.jpg
ニセイカの頂上に到着の同行者。山だ!さんは10年ほど前に一度登っているらしい。他の二人は初登だという
f0138096_19335168.jpg
山だ!さんの朝食?
f0138096_19335487.jpg
ウスユキトウヒレンを入れて、左上のアンギラスを目指す
f0138096_19335698.jpg
f0138096_19335908.jpg
ミヤマリンドウ?
f0138096_19340292.jpg
もうすぐアンギラスのピークだが、ハイマツが煩わしい
f0138096_19340589.jpg
先頭はすでにピークに立った
f0138096_19340819.jpg
隣のピークの同行者

by tarumae-yama | 2019-08-21 07:44 | 北海道100名山 | Comments(2)