人気ブログランキング |

2019年 07月 10日 ( 1 )

タルマエソウ最盛期の樽前山、2019.7.9

山に行く予定はなかったのだが、窓外には青空が広がり、支笏湖のライブカメラでは恵庭岳がくっきり。
そんな映像を見ると落ち着かず、朝食後樽前山へ。

10時45分に7合目に到着すると51台?収容できる駐車場は満杯で、路肩に停めている車があった。
ヒュッテ管理人さんの話では、10時半に満車になったと。
相変わらず人気の高い樽前山。

今日はお花畑コースから西山へ反時計回りに歩いて下山したが、ピークは一つも踏まず、ひたすら花を撮影してきた。
途中、昔職場が一緒だった後輩や何度か山で会った知人との出会いがありビックリ。

今日は丁度タルマエソウが最盛期で、見応えがたっぷりだった。
お花畑コースのそれはピークを過ぎつつあると感じたが、樽前神社奥宮から東山分岐にかけては、タルマエソウロードといえるほど登山道や南側の斜面に今が盛りと咲いていた。

樽前山で咲くイワブクロをタルマエソウとはよく言ったもので、今年は格別タルマエソウの花株が多いと感じた。
それも20年ぶりの大当たりの年かも知れない(個人的見解)。


私のブログを見てよく樽前山に登るというくまこさんへ。
今、樽前山はタルマエソウが最盛期です。
まだ蕾も多いので、多分この週末まではたっぷりと楽しめるかと、ぜひ近々登ってみて下さい。
東山の外輪分岐から西山に向かうと、ご承知のように途中から登山道が二つに分かれますが、南側(海側)の方を歩いて下さい。一面のタルマエソウにきっと満足されると思います。ひょっとすると紅白のコマクサの群生もまだ見られるかも知れません。
f0138096_18291343.jpg
お花畑コースに入ってすぐにスライドした男性は千歳のKさん。多峰古峰山や恵庭岳などで挨拶を交わしていて、何と2日前、富良野岳と三峰山との分岐場所で休憩中の私を見ているそうだ。ザックの妻の写真を見て私と確信したそうだ。Kさんの履いていたキャラバンのGK83の話題で盛り上がった
f0138096_18291652.jpg
支笏湖の奥に紋別岳
f0138096_18291903.jpg
アパッチで追いついた女性3名パーティーの一人に見覚えが。昨年樽前山でお会いしたさびおさん(左から二人目)。彼女たちと話をしているときに、追いついた男性から、tarumae-yamaさん(本当は本名で呼ばれた)!と。何と昔札幌の職場で一緒だったH長さんだった。その当時彼はまだ40代だったはずだが、定年退職したと。何年か前にも彼とこの樽前山でバッタリしている。彼は風不死岳に向かって行った
f0138096_18292108.jpg
さびおさんたちと外輪分岐まであれこれ花の話などしながら一緒した
f0138096_18292463.jpg
バックに羊蹄山が見える。分岐まで来て記念撮影。ここで彼女たちと別れて私は西山へ
f0138096_18292795.jpg
f0138096_18293196.jpg
バックに溶岩ドーム
f0138096_18293332.jpg
タルマエソウを前景に
f0138096_18293650.jpg
シラタマノキはこれから
f0138096_18293900.jpg
右に盛りを過ぎたマルバシモツケ
f0138096_18300675.jpg
ウラジロタデを入れて
f0138096_18300899.jpg
左端に西山への登山道。羊蹄山の前の尾根を下る登山者が二人
f0138096_18301177.jpg
樽前神社奥宮近くのタルマエソウ
f0138096_18572604.jpg
コマクサと奥にタルマエソウ
f0138096_18301648.jpg
タルマエソウと周りに紅白のコマクサ
f0138096_19040795.jpg
溶岩ドームの左に羊蹄山の一部と尻別岳
f0138096_18302194.jpg
手を繋いで下山する父子。レンズに虫でも付いていたのか(^^;)
f0138096_18302410.jpg
私の後ろにいた子供のお母さんから、皆で撮って欲しいと。愛知から来たNさん一家。下山後千歳の空港から帰宅するそうだ


by tarumae-yama | 2019-07-10 06:59 | 樽前山 | Comments(2)