人気ブログランキング |

2019年 07月 09日 ( 1 )

富良野岳~上ホロカメットク山、2019.7.7ーその1ー

M夫妻と芽室町のKさんの4人で、富良野岳と三峰山、上富良野岳、上ホロカメットク山に登ってきた。
このメンバーで登るのは3月4日の丹鳴尾山以来。
その山で一緒だったSさんは、まだリハビリ中で参加出来ず残念だった。

2週間前にも私は、富良野岳~上富良野岳に登っているけれど、当然その時とは花が代わっていた。
前回は、ショウジョウバカマやキバナシャクナゲ、ミネズオウなどが主役だった。
今回は、エゾノハクサンイチゲが最盛期だった。
エゾコザクラソウもエゾノツガザクラも沢山咲いていた。
コマクサも分岐の所でピークを迎えようとしていたけれど、チシマノキンバイやトカチフウロはこれからだろうか。
他にも沢山の種類の花が咲いていたけれど、詳しくないので、ボロが出る前に花名を挙げるはこの辺で止めておこうと思う(^^;)

ただ、今まで見落としていたのか、ジムカデを上富良野岳で見たのは嬉しかった。
上ホロカメットク山の避難小屋近くの花園は、一寸早かったけれどそれでもエゾコザクラやエゾノツガザクラが沢山咲いていて、十勝岳をバックに素敵な景色だった。
ここは私のお気に入りの場所だ。

この日、400枚を超える写真を撮った。
全てが納得の写真ではもちろんあり得ないが、それでも瑞々しい花が多かったし、出会った人もフレンドリーで話に花が咲いたし、以前忠別岳でお会いしたことのある人にもスライドした。
そんな花とそんな人との写真を、これから2,3回に分けてアップしたいと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_17345016.jpg
f0138096_20115901.jpg
中央に目指す富良野岳
f0138096_17345475.jpg
富良野岳まで雪渓は2カ所
f0138096_17345894.jpg
f0138096_17350507.jpg
十勝岳の左奥に、雲海に浮かぶ大雪山
f0138096_17350888.jpg
f0138096_17351211.jpg
f0138096_17351558.jpg
三峰山との分岐地点でおやつタイムの同行者。左端の女性は札幌からのTさん。彼女の登山靴はgoroのオーダーメイド製。東京まで足形を採りに行ったそうで、そんな登山靴の話で盛り上がった。ちなみに、M夫人の登山靴はご主人と同じキャラバンのGK83で、今日は初履き。大満足な履き心地だったらしい
f0138096_17351815.jpg
f0138096_17352165.jpg
f0138096_17354702.jpg
f0138096_17355011.jpg
エゾノハクサンイチゲが見頃を迎えていた
f0138096_17355481.jpg
f0138096_17355700.jpg
f0138096_17360131.jpg
ショウジョウバカマはもう終盤
f0138096_17360416.jpg
エゾノハクサンイチゲがピーク。M夫妻と前方に富良野岳の頂上部
f0138096_17360765.jpg
f0138096_17361094.jpg
f0138096_17361235.jpg
エゾコザクラを前景にM夫人
f0138096_17361552.jpg
頂上から下山して来たTさんとスライド。富良野岳まで2時間かからずという健脚の持ち主
f0138096_17364300.jpg
下山していくTさん。左上の十勝岳まで行って上富良野岳から下山したらしい
f0138096_17364532.jpg
登山口で挨拶した札幌のIさんともスライド。彼女も早々と下山して行った。上ホロカメットク山まで足を延ばすらしい
f0138096_17364947.jpg
f0138096_17365333.jpg
f0138096_17365581.jpg
富良野岳頂上のM夫妻。左端に十勝岳
f0138096_17365962.jpg
頂上の同行者
f0138096_17370256.jpg
頂上で。M夫人と芽室町のKさん
f0138096_17370581.jpg
f0138096_17370904.jpg
f0138096_17371280.jpg
富良野岳から下山中にスライドした女性に見覚えが。お互いにどこで会ったか山の名前を挙げつつ、突然思い出した。5年前の8月2日、忠別岳でお話をした東川町のガイドのA木さん(右から2番目)だった。彼女とは翌年の6月26日にガイド中の風不死岳でも出会っている。今回もガイド登山らしい


by tarumae-yama | 2019-07-09 07:17 | 北海道100名山 | Comments(2)