人気ブログランキング |

2019年 06月 16日 ( 1 )

キャラバン登山靴、GK83_02とC1_02S

先日のブログで紹介したキャラバンの登山靴が届いた。

GK83_02は、旧モデルのGK83と基本的性能は変わっていない。
外見上の違いは、シューレーシングを金属フックに変更したくらい。
なので、キャラバンのオンラインショップやAmazonなどで30%以上値引いて売っているし、山友は秀岳荘から半額で買ったと言っていたから、旧モデルとは言えニューモデルと性能は同一なので、50%引きで買えるならかなりお買い得だと思う。

C1_02Sも、今までのモデルと全く変わっていないと思う。
ただ、靴底が摩耗したから、更新に合わせて傷害保険付帯のLIMITED COLORのモデルを買ったに過ぎない。
そして、どちらも新色のグリーンにした。
山は新緑の季節を迎え、緑色の靴で登ると足取りが軽くなるような気がして!??

ザンバランやドロミテ、コフラックなど外国製の登山靴も履いてきたけれど、株主優待該当品ということで10年以上前からキャラバンの登山靴ばかりになった。
その間、初級者用からフラッグシップモデルまで色々履いて来たし、今も5種類を使い分けている。

結局、C1_02Sはコスパは高いし良い靴だとは思うけれど、つま先を岩などにぶつけると衝撃がダイレクトに来る感じで、安全面から安心感は薄い。

以前のGK80などフラッグシップモデルは、高齢になりもう重荷をしょってテン泊をする機会がなくなった今、そこまでの靴は必要としなくなった。

キャラバンが、(お金のない)高校や大学の山岳部員に薦めるGK8Xは、私の足にはどうもしっくりこない。

だから多分だが、これから登山靴を更新する時は、GK83(シリーズ)のみにすると思う。
この靴は、かつてのベストセラーGK47のように、履いていて包み込むような安定感があり、信頼感すら覚える(個人的感想)。

まあ、キャラバンは登山靴を多種出しているので、自分の足にピッタリくる靴を選択するのが一番で、その上でデザインや色などが気に入るなら申し分ないと思う。

参考までに↓


f0138096_10230037.jpg
結婚記念日に届いたGK83_02(左)とC1_02S

f0138096_10230092.jpg
上のGK83の靴底は、もう危険なほどすり減っている

by tarumae-yama | 2019-06-16 07:44 | 登山 | Trackback | Comments(0)