人気ブログランキング |

2019年 05月 24日 ( 1 )

熊撃退スプレー

未使用のまま数年前に有効期限が切れた熊撃退スプレーを廃棄することにした。
ヒグマに遭遇したとき、しっかり操作できるか不安があったため、操作手順に従ってその処分予定のスプレーのガスを実際に噴出させた。

もちろん、戸外の広い場所で風上側から噴射させたのだが、大変な目に遭った。
すっかり拡散しないうちに近づいたらしく、目に激痛が走った。
すぐに水道水で丹念に洗眼し、目薬も差したが10分くらい目も当てられない、もとい、開けられず、ソファーに横たわって痛みに耐えていた。

確かにヒグマには強力な武器と実感したけれど、率直に言ってこれは諸刃の剣だ。

ヒグマと対峙したとき、10mくらい飛ぶそうだが、実質有効なのは数メートル以内らしい。
突進してきた際、冷静に至近距離から噴射できる自信は私にはないし、もしヒグマが風上から近づいてきた場合、ガスを浴びるのは自分のほうだろう。

もしそうなったときに新鮮な水が大量に手許にあるとは思えないから、しばらく死ぬような痛みを感じるかも知れない。

そんな状況も考慮するなら、熊撃退スプレーを更新するより登山用のポールの1本をウィペットにして、そのピック部分でヒグマの顔面を狙った方がまだましかも。

まあパニックに陥りやすい私には、ウィペットを持っていても果たして実際に攻撃できるのかはなはだ心許ないけれど。
f0138096_10380877.jpg

参考までに↓




by tarumae-yama | 2019-05-24 06:58 | アウトドア | Trackback | Comments(0)