人気ブログランキング |

2019年 05月 05日 ( 1 )

暴風の樽前山、2019.5.3

車に自転車を積み込んで樽前山へ。
ゲート前に8台、5合目のゲート近くにも苫小牧方面からやってきた車が8台停まっていて、今日は結構な登山者が樽前山へ向かっている様子。

自転車でゲートから5分も進んだろうか、トレランスタイルで駆け下りてきたメンバーの一人から「tarumae-yamaさん!(本当は本名で)」と声をかけられた。
何と、冬季限定山友のizumisawaさんだった。
この冬は、1月に多峰古峰山を一緒したわずか1回のみだったけれど。

上は20m/sくらいの強風が吹いていると教えてくれた。
確かに高度が上がっていくと風のゴーゴーという音が強まり、今まで何度か自転車で7合目のヒュッテまで漕いでいるけれど、向かい風の強さにさすがの電動アシストも歯が立たず、初めてヒュッテ前の急坂を押す羽目になった。

前回4月24日に登った時より雪解けはかなり進み、もう東山外輪分岐手前の残雪のトラバースだけ気をつければ、夏靴で全く問題ないと思う。
その部分も、モーラップ側のゲートが開放されるGW明けには快適な夏道になっていることだろう。

前回はお花畑コースから東山まで登ったので、今回は樽前神社奥宮を経由して西山までのピストンだった。
西山の尾根でコメバツガザクラの咲いているのを今年初めて見た。
道道脇にはスミレが咲いていたし、樽前山もいよいよ春を迎えた。
f0138096_13440542.jpg
7合目の展望台の上で最初にスライドしたカップル。東山の頂上を目前に強風のために引き返したと。はるばる帯広からやってきたのに残念だったろう
f0138096_13441088.jpg
支笏湖ブルーが奇麗
f0138096_13441610.jpg
東山ルートの登山道も大部分は雪がなくなっている。外輪分岐手前の残雪を渡るソロの男性が小さく見える
f0138096_13441939.jpg
このカップルは西山に向かったようだが、爆風のために樽前山神社奥宮から引き返したそうだ
f0138096_13442130.jpg
右端に羊蹄山、左上に目指す西山
f0138096_13442492.jpg
樽前神社奥宮で昼食を摂っているとソロの男性がやってきて昼食を摂りだした。千歳の21歳の自衛官と言うことであれこれ話をしたが、運転免許を持っていない(当然車も持っていない)ため部隊からバスを乗り継いで来たらしい。支笏湖のバス停から国道沿いのゲートまで結構な距離だから20kmを超える行程を歩くことになるのかも。帰り道、途中でピックアップして千歳のバス停まで送って上げようとしたのだが、誰かに送ってもらったのか会えずじまいだった。彼は東山に登った後、西山には行かず神社奥宮から下山して行った。バス停の時刻が15時半とのことで
f0138096_13442735.jpg
f0138096_13442958.jpg
上の2枚、西山の尾根で見かけたコメバツガザクラ
f0138096_13443288.jpg
f0138096_13443553.jpg
上の2枚は、西山の頂上から撮影
f0138096_13445641.jpg
f0138096_13445902.jpg
f0138096_13450184.jpg
東山からカップルが下山中
f0138096_13450426.jpg
そのカップル。女性は今日が登山初体験だと。暴風の樽前山に強烈な印象が残ることだろう。素晴らしい景色にやみつきになるか、それとももう登山はこりごりと思うか
f0138096_13450861.jpg
左上の風不死岳は、雪が殆ど消えたように見える
f0138096_13451144.jpg
ヒュッテ前でのんびりひなたぼっこ?の管理人さん。あんパンをプレゼントし、しばしあれこれ雑談を
f0138096_13451347.jpg
下山途中、福寿草が数株咲いているのを見つけた。樽前山には50年以上前から登っているけれど、この山で福寿草を見るのは初めてでビックリした



by tarumae-yama | 2019-05-05 00:16 | 樽前山 | Trackback | Comments(2)