人気ブログランキング |

2019年 04月 29日 ( 1 )

野塚岳とオムシャヌプリ、2019.4.28ー速報版ー

千歳のUさんと二人で南日高の野塚岳とオムシャヌプリを登って来た。

もう時期的には遅く、笹漕ぎと、下山時は気温が上がってズボズボ埋まりまくり、野塚岳からオムシャヌプリの間は、行く手を何カ所も大岩が遮っていてハイマツ漕ぎを強いられ、ヘロヘロになって下山した。

とは言うものの、オムシャヌプリまでは快晴の天気、そして野塚岳の頂上近くでは思いがけず霧氷や樹氷が見られ、青空をバックに心洗われるような光景。
そしてこの日は、遠く十勝連峰まで見える大展望に、思わず叫びたくなるほどの感動を受けた。

私は6年ぶり4度目の野塚岳だったが、オムシャムプリは初登頂。
この歳になっても、日高の山を追加できたことがとても嬉しい。

Uさんは、野塚岳もオムシャムプリも未踏だったとのことで、格別感動した様子だった。

今回も殆ど徹夜状態での強行軍(往復6時間の運転はUさんがやってくれたけれど)。
とりあえず、速報版として10枚ほど写真をアップし、明日は昼まで寝てようと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。

f0138096_21351013.jpg
左上に目指す野塚岳
f0138096_21351058.jpg
青空をバックに樹氷がとても奇麗
f0138096_21351030.jpg
感動的な光景
f0138096_21351094.jpg
遠くに楽古岳
f0138096_21351004.jpg
野塚岳初登頂のUさん。バックにトヨニ岳
f0138096_21351156.jpg
私も記念に
f0138096_21351195.jpg
野塚岳からオムシャヌプリを目指す
f0138096_22072411.jpg
写真では足取り軽い印象だが、アイゼンを装着してのハイマツ漕ぎは、斜度があるだけに転ばぬよう緊張を強いられる
f0138096_21351196.jpg
凄いスピードで追いついたソロの男性は、ランエボさんだった。私は初対面だが、ヤマレコやヤマップで私の顔を覚えていたらしく、tarumae-yamaさん!?と。i-tomoさんとは山友だそうで、私もi-tomoさんとは山を何度か一緒したことがある。何とも山の世界は狭い。正面の写真はNGとのことで、後ろ姿を。左上にオムシャヌプリ
f0138096_21351149.jpg
中央に目指すオムシャヌプリ
f0138096_21364080.jpg
オムシャヌプリの頂上にて。中央付近に野塚岳。ランエボさんに撮ってもらう


by tarumae-yama | 2019-04-29 00:21 | 北海道100名山 | Comments(4)