人気ブログランキング |

2019年 03月 30日 ( 1 )

丹鳴尾山、2019.3.29

ヤマップのnoriGさんと相方さんをお誘いして丹鳴尾山に登ってきた。
お二人とも私のブログの読者と聞いていた。
特に相方さんは、私のブログが更新された時点でタブレットのチャイムが鳴る設定にしている、熱心な読者であるらしい。
先日の、賞味期限を50日も過ぎた菓子パンを食べて正露丸を飲んだ記事にはお二人とも大笑いをしたそうだ。

そんな恥ずかしい話はさておき、
今朝も支笏湖周辺の山は、青空をバックに恵庭岳も風不死岳も朝日に輝いてとても奇麗だった。
だが、登りだしてから次第に雲が増し、頂上近くでは降雪が強くなって支笏湖はすっかり隠れてしまった。

頂上到着時は最悪の状況かと思いきや、雪雲が去った後に青空が広がり、昼食を摂りながら素晴らしい眺望を満喫した。
初登のお二人も感激の様子だった。

今回、我々は全員ワカンをザックにつぼ足で登り、お二人は途中からアイゼンを装着した。
気温が低かったので、下山時もつぼ足で埋まることはなかった。
ただ、途中笹漕ぎがあったから、丹鳴尾山はそろそろ終盤を迎えたと思う。

まあ、林道や作業道、残雪の多い沢地形などを上手く使うなら、まだ1週間から10日間は登れるかも知れない。
笹漕ぎをいとわないなら、それ以上過ぎても可能とは思う。
f0138096_17565504.jpg
青空の下、つぼ足でスタート。noriGさん(左)と相方さん
f0138096_17570022.jpg
笹漕ぎを強いられた
f0138096_17570448.jpg
尾根に上がり、斜度が増したので同行者はアイゼンを装着。私はつぼ足のまま頂上へ
f0138096_17570784.jpg
恵庭岳から紋別岳方面は雪雲が侵入してきている
f0138096_17571082.jpg
斜度の急なところでは斜面に亀裂が入っている
f0138096_17571217.jpg
風不死岳や樽前山にも雪雲がかかってきた
f0138096_17571504.jpg
風雪模様から青空が広がるめまぐるしい天気変化
f0138096_17571992.jpg
3月17日に登った時、中央の木に標識を付けた
f0138096_17574373.jpg
その標識の前で同行者
f0138096_17574657.jpg
中央付近に丹鳴岳
f0138096_17574802.jpg
雪雲が去って恵庭岳から紋別岳までクッキリ
f0138096_17575171.jpg
恵庭岳をバックに
f0138096_17575461.jpg
風不死岳と樽前山もよく見えるようになってきた
f0138096_17575632.jpg
1時間ほど前は全く視界がなかった白老3山や徳舜瞥山などが見えてきた
f0138096_17575921.jpg
下山時、お二人のバックに青空が広がる
f0138096_17580204.jpg
それも束の間、雪が降ってきた
f0138096_17580413.jpg
天気の変化が激しかったけれど、無事下山

by tarumae-yama | 2019-03-30 00:23 | 登山 | Trackback | Comments(4)