人気ブログランキング |

2019年 03月 15日 ( 1 )

イチャンコッペ山と幌平山、2019.3.14ー速報版ー

支笏湖のライブカメラで、快晴の青空をバックに恵庭岳がクッキリなのを見て、山の予定はなかったのだが、急遽イチャンコッペ山に登ろうと家を出た。
藻岩山に向かうつもりのS村さんが、予定を変更して一緒してくれた。

この日、彼は軽アイゼンとスノーシュー、私は2シーズンぶりにワカンを使った。
何時もスノーシューを使っているので、久しぶりのワカンがこんなにも軽いとはワカンなかった(^^;)

帰宅して数えてみると、イチャンコッペ山は丁度今回で90回目だった。
延々と21年かけての回数だが、その気になれば夏にも100回達成は可能とは思うものの、Mさんの羊蹄山登頂100回とはレベルが違いすぎて、名前を出したMさんには失礼か。

ともあれ、誰にも会わない我々だけのイチャンコッペ山だったけれど、幌平山の頂上近くで隊長Oさんが黙々と雪崩テストをやっていた。

それにしても今日は素晴らしく視界の良い日で、支笏湖周辺の山々のスカイラインが、これ以上望みようのないほどクッキリだった。

200枚以上撮影したので、選択に迷い速報版としては15枚と多い。
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22292718.jpg
夏道を外し、冬季限定の外輪を歩いてみた
f0138096_22293240.jpg
625m?のポコから、S村さんのバックに恵庭岳、右に幌平山、右端に真っ白な漁岳
f0138096_22293524.jpg
中央の上に徳舜瞥山やホロホロ山まで見える
f0138096_22293754.jpg
イチャンコッペ山の頂上は目前
f0138096_22294097.jpg
冬用の新しい頂上標識が設置されていた
f0138096_22294386.jpg
これだけ眺望の良い日は一冬に何日あるだろう?
f0138096_22294672.jpg
旧反射板ピークから夏道を通らず、ダイレクトに幌平山の北東尾根を目指したが、山岳用のスノーシューでもスリップギリギリの斜度。写真では伝わらないかも
f0138096_22294962.jpg
旧反射板ピークを見上げるS村さん。ピークから作業道までまっすぐ下りてきた
f0138096_22301067.jpg
幌平山の北東尾根を登る。支笏湖の奥に真っ白な樽前山と右に風不死岳
f0138096_22301327.jpg
稜線の雪庇が落ちている
f0138096_22301624.jpg
奥に恵庭岳の頂上岩塔が見える
f0138096_22301975.jpg
幌平山には初めて登ったというS村さん。minoricoさんが作成した標識はアカゲラ?に突っつかれていた
f0138096_22302358.jpg
幌平山の頂上近くで雪崩テストをしていた隊長Oさん
f0138096_22302632.jpg
下山は3人一緒に
f0138096_22302963.jpg
先頭を行く隊長Oさん


by tarumae-yama | 2019-03-15 00:48 | 登山 | Comments(2)