人気ブログランキング |

2019年 01月 22日 ( 1 )

多峰古峰山、2019.1.21

当初は北白老岳の予定だったのだが、強風と降雪予報に美笛峠を越えるのが不安で、手前の多峰古峰山に変更した。

その多峰古峰山も実施が危ぶまれたのだが、何と起床すると青空が覗いていて想定外に良い天気。風は予報通り強かったけれど。

林道のゲートからは週末のものか、途中までうっすらとトレースが残っていて、有難く拝借した。
だが、ヤマレコの報告通りかなりの雪不足で笹漕ぎが煩わしかった。
その上、稜線に出てから強風に伴う雪煙が顔を襲い、凍傷になるかと思うほど。

バイアグラ、もとい、バラクラバを持参しているもののメガネがすぐに曇るから中々使う気持ちになれない(宝の持ち腐れ(^^;))。

コルから頂上への最後の登りはトレースが消えていて、ラッセルを強いられた。
斜面の柔らかい雪にスノーシューが埋まり手こずったけれど、先頭を交代しながら何とかピークに立った。

頂上に立ってからしばらくすると、それまで支笏湖すら見えなかった眺望が、その奥の恵庭岳や風不死岳、樽前山などが徐々に見えるようになって来た。

今日は最悪吹雪で途中撤退も視野にあったから、強行して結果オーライだった。

山行記録
休憩を含め登りに1時間45分、下りは丁度1時間。

なお、今日の写真は全て防水タイプのコンデジで撮影。
レンズが雪まみれになってまた故障するのを懸念し、デジイチは家に置いてきた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_18384766.jpg
スタート前の同行者。左からS村さん、izumisawaさん、MIKAKOさん、うららさん
f0138096_18384924.jpg
この冬、こんな案内標識が付けられていた
f0138096_18385283.jpg
f0138096_18385522.jpg
もうすぐ稜線。写真からは想像出来ないけれど、ここまでと稜線歩きは、笹漕ぎを強いられてストレスだった
f0138096_18385956.jpg
頂上直下の斜面は雪が柔らかくて中々しんどい
f0138096_18390152.jpg
頂上にて。私の右に恵庭岳の頂上部が雲の上から出ている。全員防寒テムレスなのが可笑しい。izumisawaさんの撮影
f0138096_18390527.jpg
頂上から奥に進み、林の先にあるビューポイントへ。尾根から雪煙が舞っている
f0138096_18390805.jpg
バックにうっすらと風不死岳や樽前山が見える
f0138096_18391145.jpg
ビューポイントからまた頂上に戻り、そこで昼食
f0138096_18391417.jpg
中央に恵庭岳の頂上部
f0138096_18394386.jpg
樽前山の溶岩ドームがはっきりと見えるようになって来た
f0138096_18394537.jpg
風不死岳をバックに撮影中のS村さん
f0138096_18394959.jpg
f0138096_18395228.jpg
中央に2日前に登った748mピーク。右の一番高い山は紋別岳
f0138096_18395625.jpg
新しい頂上標識が取り付けられていた。制作者はNさんなのか
f0138096_18400193.jpg
こちらは縦長の古い頂上標識。文字が薄くなっていた
f0138096_18400583.jpg
下山開始
f0138096_18400872.jpg
恵庭岳を撮影中。快晴の天気になった
f0138096_18401034.jpg
風が当たらず、気持ちの良い林道歩き
f0138096_18401394.jpg
無事、下山。ゲート近くのこの標識も新しくなった?


by tarumae-yama | 2019-01-22 06:56 | 登山 | Trackback | Comments(8)