人気ブログランキング |

2019年 01月 09日 ( 1 )

有珠山、2019.1.7

Sさん、ぶるままさんと登山口の駐車場で合流し、そこから車で林道のゲートまで行ったのだが、除雪がされてなく、途中で前進後退を何度か繰り返してようやくたどり着いた。
まるで砕氷船のチャージングのようだった、と書けば一寸大げさか。

ともあれ、全員スノーシューを装着してゲートをくぐったのだが、トラックか重機のトレースが林道に延び、その上に5cm程の新雪が乗っていた。

トレースはラッキーと思ったものの、タイヤとスノーシューの幅が中々合わずシンクロさせるのに苦労した。
そのトレースを使ってもこの林道歩きはそこそこの傾斜と距離があり、北屏風山到着まで2時間半以上もかかってしまった。

だが、北屏風山からの眺望は息を飲むほど感動的なものだった。
湖の青さと空の碧さが格別素晴らしかった。
羊蹄山がクッキリと見えていたならパーフェクトだったのだが、この時期そこまで望むのは贅沢というものだろう。

北屏風山からの景色を堪能し、我々は次に大有珠を目指した。
一度林道まで下り、登山道があるわけではないので、そこからどのようなコース取りをするかは先頭を行く者の経験や考え方次第。

今回は体力が旺盛なぶるままさんが、脛まで沈むラッセルをしながら、そして林の中をルートファインディングしながらグイグイ尾根へと先導してくれた。

その後先頭を交代しながら大有珠の頂上に立った。

山行記録
林道ゲート09:13→北屏風山10:56→大有珠12:25~12:53(昼食)→オガリ山13:08→有珠新山13:30→林道ゲート15:10

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16010152.jpg
支笏湖を通過するとき、恵庭岳が朝日を浴びて赤く染まった
f0138096_16010564.jpg
北屏風山に向かうKさん、その前方はぶるままさんか
f0138096_16010857.jpg
北屏風山の頂上で写真を撮る同行者
f0138096_16011087.jpg
北屏風山から林道に下り、林の中を通って大有珠へ。ルートファインディングしながら先頭はぶるままさん
f0138096_16011365.jpg
バックに洞爺湖の中島
f0138096_16011606.jpg
ひたすら大有珠へと
f0138096_16011920.jpg
同上
f0138096_16012234.jpg
大有珠が近くなってきた
f0138096_16012475.jpg
もう少し
f0138096_16012795.jpg
大有珠の頂上で手を挙げるぶるままさん
f0138096_16015203.jpg
頂上の同行者
f0138096_16015586.jpg
大有珠の頂上で昼食後、オガリ山を目指す。バックに大有珠
f0138096_16015751.jpg
オガリ山に到着。雪庇に注意が必要
f0138096_16020038.jpg
オガリ山から火口を覗く
f0138096_16020303.jpg
最後のピークの有珠新山へ
f0138096_16020688.jpg
左上に目指す有珠新山
f0138096_16020991.jpg
中央のやや左上に有珠新山
f0138096_16021297.jpg
有珠新山の頂上で、バックに大有珠。左からKさん、ぶるままさん、なつこさん
f0138096_16021435.jpg
大有珠から下山、正面に北屏風山、その左奥に西山
f0138096_16021745.jpg
無事、下山



by tarumae-yama | 2019-01-09 07:36 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(4)