人気ブログランキング |

2018年 12月 30日 ( 1 )

風不死岳北尾根、2018.12.28

登山口から全員アイゼンを装着した。

積雪は思ったより少なくスノーシューを車内に残すか迷ったけれど、吹き溜まっている所が多いことを懸念して携行することにした。
だが、中腹に来ても積雪や吹き溜まりはたいしたことがなく、早々と5合目標識の下にデポすることに。

北尾根を登っている間中、我々の頭上をごうごうと風が鳴いていたけれど、周囲の樹木が強風を遮ってくれた。
ただ、7合目辺りの風の吹き抜けるところでは強風に晒されて寒く、今日は気温が低かったこともあり一度もアウターを脱ぐことはなかった。

それでも、期待通り頂上は静穏と言って良いほどの微風で、太陽が出ていたなら温かいとさえ感じたかも知れない。
だが、頂上に到着する直前から雪雲が襲来し、我々は少々のおやつタイムでそそくさと下山を開始。

頂上からの眺望がなかったのは残念だったけれど、冬山らしい厳しさの一端を体験できて良かったとは思う。

なお、休憩を含めて登りに2時間23分、下りは1時間20分だった。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14400426.jpg
スタート前の同行者。スノーシューをザックに、アイゼンを装着して。8時43分撮影
f0138096_14400617.jpg
f0138096_14400906.jpg
f0138096_14401178.jpg
f0138096_14401557.jpg
5合目の標識の下にスノーシューをデポ
f0138096_14401849.jpg
うららさん(左)とぶるままさん
f0138096_14402145.jpg
f0138096_14402500.jpg
支笏湖の奥に恵庭岳
f0138096_14403134.jpg
f0138096_14403308.jpg
S村さん
f0138096_14405991.jpg
f0138096_14410295.jpg
f0138096_14410413.jpg
雪が降ってきて左端の樽前山が霞んでいる
f0138096_14410741.jpg
両手に花の私。S村さんの撮影
f0138096_14411061.jpg
f0138096_14411304.jpg
f0138096_14411632.jpg
f0138096_14411938.jpg
12時44分、無事下山


by tarumae-yama | 2018-12-30 07:51 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(2)