2018年 11月 05日 ( 1 )

風不死岳と樽前山、2018.11.4

韓国で登ったのは岩山で、鎖やロープが連続していて気の抜けない、北海道では中々経験できないものだった。
それなりに面白かったとは思うものの、今日風不死岳と樽前山を登ってみて、やはり地元の山は馴染んでいる分リラックス出来て楽しめた。

今年は今のところ暖かく、支笏湖周辺の山はまだまだ夏山の様相だが、それでも樽前山へのゲートは予定通り11月12日に冬期閉鎖されるらしい。

8時過ぎ、7合目の駐車場に着いたときはほぼ満車に近かったけれど、今日は5合目での通行規制はなかったとのことだから、快晴の日曜日といえどもさすがに樽前山も終盤で、13日以降は健脚で山好きな者のみの静かな樽前山になるのだろう。

8時15分、すっかり落葉したお花畑コースから、先ず風不死岳を目指した。
北山への分岐標識の直前で千歳のFさんら二人組に追いついた。
初めての風不死岳とのことで、一緒することに。

鎖場の先で、pourinさんとご主人?、minamiさんなど数名のヤマッパーと続けざまにスライド。
そして、その後ろには千歳のYさんがにこにこ顔で立っていた。
Yさんとは、2月の徳舜瞥山以来だろうか。
また山に誘って欲しいとのことで、早速来週恵庭岳に行きましょうとなった。

そんな出会いが続いた頂上で、またまた見覚えのある女性が休憩していた。
やはりヤマップのMIKAKOさん(とrosaさん)で、今年の5月に恵庭岳でお会いして以来。
駒ヶ岳や有珠山など、昼食も摂らず30分以上もお話をしただろうか。

北尾根から下山するというMIKAKOさん達を見送り、軽く昼食を摂って樽前山に向かった。
風不死岳の登山口まで下りてきたところで、お花畑コースから下山するFさん達と別れ、そこから単独で東山へ。

今日は風不死岳も樽前山もそこそこの強風だったけれど、汗ばんだ身体には気持ちが良かった。
天気も上々で、羊蹄山こそ霞んでいたものの、支笏湖ブルーの支笏湖が本当に奇麗だった。
f0138096_10354286.jpg
すっかり落葉したお花畑コースで、支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_10362716.jpg
鎖場のMさんと下にFさん
f0138096_10371885.jpg
樽前山や恵庭岳でお会いしているヤマップのpourinさんとご主人?
f0138096_10373315.jpg
千歳のYさん(左)とバッタリ
f0138096_10380620.jpg
前方に風不死岳の頂上、何人かいるようだ
f0138096_10381053.jpg
MIKAKOさん(左)とrosaさん
f0138096_10381217.jpg
ニセピークから頂上に向かう登山者を入れて、支笏湖と恵庭岳
f0138096_10381520.jpg
風不死岳の中腹から樽前山
f0138096_10382109.jpg
鎖場を下りるMさん
f0138096_10382758.jpg
千歳のFさん達と別れ(樽前山の)東山へ
f0138096_10384287.jpg
分かりづらいが円内にお花畑コースに向かうMさんとFさん。東山の外輪から撮影
f0138096_10390250.jpg
東山に向かう二人組の登山者が見える
f0138096_10390490.jpg
強風のためか頂上から手を繋いで下山する父親と息子二人のファミリーを撮影
f0138096_10390887.jpg
外輪分岐から駐車場まで石狩市のAさんと一緒に下山。写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2018-11-05 11:06 | 樽前山 | Comments(2)