2018年 10月 29日 ( 2 )

「ゆのみの湯」2018.10.29

25日に発売になった温泉(?)雑誌「HO」に、半額や無料で入れる温泉が108軒も載っていた。
何時のも月は概ね50数軒だから、何と倍にもなる。
多分、胆振東部地震で落ち込んだ観光客を取り戻そうとのキャンペーン的な意味があるのではと思う。

それならばと、その雑誌を手に早速苫小牧にある温泉「ゆのみの湯」に出かけてきた。
無料になった分、名物のホッキ寿司とハスカップソフトクリームを食べてきたから、ほんのちょっぴりだが貢献出来たかも知れない。

ここの温泉はオープンしてすでに19年も経つらしいのだが、その頃、温泉好きな妻と行こうと話をしていたのに、その約束を果たせなかったのが心残りだ。
それでも私達夫婦は、南は屋久島から北は稚内や利尻・礼文島まで実に多くの温泉を愉しんだと思う。

露天風呂から樽前山を眺めながら、妻と出かけたそんな温泉の幾つかを思い出していた。
f0138096_17023232.jpg
f0138096_17031882.jpg
苫小牧の名産であるホッキ貝を使った寿司
f0138096_17024661.jpg
苫小牧はハスカップの産地でも有名。そのハスカップジャムをかけたソフトクリーム


by tarumae-yama | 2018-10-29 17:09 | 温泉 | Comments(0)

読書週間

10月27日から読書週間が始まった。
何時も暇なりに本を読んでいるので、読書週間がスタートしたからといって改めて手にする訳ではないけれど。

先日読んだ本を写真に載せた。
ラーメンやソバなどと同じで、自分がとても美味しいと思ったものを友人達全てが同意してくれる訳ではないから、それと同様、私の読書感想を載せても意味がないのかも知れない。

ただ、「青くて痛くて脆い」と「ロンリネス」は千歳の図書館の予約ランキングの10位までに入っていた本だから、それなりに評価されていると思う。

実際、前者は3分の2までは面白いとは思わなかったけれど、終盤はグイグイ引き込まれた。
だが、直木賞作家の桐野夏生の後者は、男女の恋愛感情の機微に触れる表現には感心するものの、物語の結末には何とも言えない後味の悪さが残った。

写真の他の2冊は、航空物が大好きなので、書架から適当に借りてきた本だが、「パイロットが空から学んだ一番大切なこと」は、ビジネス入門書のようで、期待したほどでもなかった。
それでも、「山の頂き 波の上」は、元航空自衛隊救難ヘリのパイロットが著したもので、困難な気象条件の中での決死的な救出活動の表現には臨場感があって興奮した。
f0138096_12202019.jpg
蛇足だが、27日は孫1号が通う小学校の学習発表会があり、強い雨と強風の中嫁さんの親共々観に行ってきた。
入学してまだ半年の1年生64名による歌の上手なことに感心したけれど、4年生の孫の成長ぶりを目の当たりにして、私の隣りに妻がいないことが本当に淋しいし無念と感じた。
 
孫の写真が天国の妻に届くことを願って
f0138096_12394099.jpg
4年生の出し物は、劇「オズの魔法使い」で、劇の最後は全員で合唱
f0138096_12395533.jpg
その合唱に孫がピアノで伴奏を
f0138096_12401063.jpg
5年生の出し物は器楽演奏と踊りで、金髪の子の「ダンシングヒーロー」の踊りは、他の子を圧倒するダントツの上手さだった
f0138096_12403344.jpg
帰宅途中、虹が見られた。妻も見ただろうか


by tarumae-yama | 2018-10-29 07:26 | 日々の出来事 | Comments(2)