人気ブログランキング |

2018年 10月 19日 ( 1 )

恵庭岳西峰、2018.10.17

夏山シーズンも終盤になり、8時の登山口には先行者の車が1台のみ。
寒気と放射冷却のせいか、恵庭岳の北斜面の登山道には霜柱が見られた。

先行者は第2見晴台で食事をしていて、少しのお話の後、我々はもうその先には誰もいない西峰に向かった。

アーチの木のあるコルで昼食とコーヒータイムを持ったけれど、その最中に本峰からの落石の音が聞こえた。
多少時間はかかっても、安全を考え迂回路を使ったのは正解だった。

Iさんは第1見晴台から先は未経験で、この夏から山を始めたばかりのMさんは当然のように恵庭岳は初登だという。

台風21号による倒木は、9日より更に処理が進んでいて随分歩きやすくなったものの、胆振東部地震による落石が登山道にもあり、中々手強い恵庭岳だったと思う。
だが、笑顔の二人からとても楽しかったとの感想があったのは何よりだった。

この日もビックリの出会いがあった。
下山中の4合目付近で追いついたソロの男性は、恵庭市のSさんだったのだが、2年前に江別の女性が遭難したとき、非番で捜索中に発見した警察官のことを記事にしたことがある。
その記事を見たSさんから、Facebookで紹介したいので了承してもらいとの非公開コメントをもらった。↓

そのSさんには前年の11月4日、樽前山のお花畑で挨拶を交わし、写真を撮らせてもらっていた。
だから、Sさんとは3年ぶりの再会だが、”tarumae-yamaさんでしょう?”と言われ、私を覚えていてくれたことが嬉しかった。

ただ、丸駒温泉の入浴時刻に遅れそうだったため、殆どお話出来なかったのが残念だった。
結局、丸駒温泉には6分遅れだったけれど、途中、Mさんが電話を入れていたので、快く受け付けてくれた。

なお、コルでの昼食時間も含め西峰まで3時間56分、下りは2時間47分
f0138096_13033483.jpg
f0138096_13033941.jpg
第1見晴台にて、Mさんの持っているのは最新式の動画カメラのGoPro7
f0138096_13034105.jpg
第2見晴台から
f0138096_13034451.jpg
本峰岩塔からの落石の危険を避けるため迂回路を使って西峰へ
f0138096_13034790.jpg
霜がびっしりの葉

f0138096_13034957.jpg
アーチの木のあるコルに到着
f0138096_13035271.jpg
コルで昼食とコーヒーブレイク
f0138096_13035654.jpg
バックに中峰と本峰
f0138096_13041443.jpg
初登の西峰に立つ同行者
f0138096_13041671.jpg
バックに西峰
f0138096_13041922.jpg
バックに支笏湖、奥に風不死岳と樽前山
f0138096_13042196.jpg
第3見晴台
f0138096_13042563.jpg
天狗の鼻
f0138096_13043013.jpg
f0138096_13043260.jpg
4合目付近で追いついた男性は恵庭市のSさんだった。3年ぶり
f0138096_13043634.jpg
f0138096_13043835.jpg
f0138096_13044019.jpg
登山口付近の紅葉

by tarumae-yama | 2018-10-19 07:47 | 北海道100名山 | Trackback | Comments(10)