2018年 10月 02日 ( 1 )

石狩岳、音更山とユニ石狩岳、2018.9.29ーその1ー

仮眠を2時間取っただけで千歳の道の駅で同行者と合流し、東千歳から高速に乗り糠平温泉でトイレタイム。
その後、林道入り口までは眠気もなく順調だった。
ただ、林道は砂利でハンドルが取られやすいから、スピードと鹿の飛び出しには気を遣った。

私にとって、シュナイダーコースからは6年ぶりの石狩岳。
最初の石狩岳は、16年前妻を車内に待たせ、ポンユニイシカリ沢登山口からユニ石狩岳、音更山と登り石狩岳の頂上に立ったけれど、13時間を超えるピストンだった。
その時は8月の上旬で、持参した3リットルの水は暑さのために足りなくなり、下山時沢の水をがぶ飲みしたことが今は懐かしい。

ともあれ、6年前は駐車場がもっと先にあり、登山ポストから割と近くが渡渉ポイントだった気がしたのだが、今回は意外と渡渉点が遠かった。

そこからは6年前と同じルートだが、細尾根の笹が生長したのか、両側がすっぽりと切れ落ちて恐怖感を覚えたものだが、今回は意外なほど怖さを感じなかった。
ただ、斜度の急な登りが辟易するくらい延々続くと感じたのは、この6年でそれだけ体力が落ちたということなのだろうか。

それでも、4時間を見ていた石狩岳まで3時間半で登頂したから順調だった。
これで、音更山のほかにユニ石狩岳の登頂も視野に入った。

山行記録
シュナイダーコース駐車場05:14→分岐08:05→石狩岳頂上08:44→1967mピーク08:51
f0138096_18475405.jpg
f0138096_18475748.jpg
f0138096_18480051.jpg
f0138096_18480236.jpg
f0138096_18480594.jpg
まだ月がクッキリ
f0138096_18480875.jpg
f0138096_18481184.jpg
f0138096_18481597.jpg
Sさんと雲海
f0138096_18483592.jpg
幻想的
f0138096_18483818.jpg
f0138096_18484125.jpg
右上に石狩岳、同行者はペースが早い
f0138096_18484350.jpg
分岐の向こうに旭岳などの大雪の山並み
f0138096_18484616.jpg
音更山の上に波打つ上層雲
f0138096_18484991.jpg
葉を落としたダケカンバと大雪の山並み
f0138096_18485239.jpg
ハイマツの登山道を登る
f0138096_18485429.jpg
左上に石狩岳、途中で手を挙げる女性群
f0138096_18491530.jpg
チングルマの紅葉を入れて奥に石狩岳
f0138096_18491884.jpg
f0138096_18492111.jpg
f0138096_18492408.jpg
頂上到着。絶景!
f0138096_18492668.jpg
Mさんと二人で隣の1967mピークに立つ。バックにニペソツ山。chokkoさんの撮影
f0138096_18493042.jpg
1967mピークから石狩岳頂上でくつろぐ同行者
f0138096_18493267.jpg
右端にトムラウシ山、左に十勝連峰
f0138096_18493514.jpg
全員の記念撮影、ヤマップのchokkoさんの撮影

by tarumae-yama | 2018-10-02 07:48 | 北海道100名山 | Comments(6)