2018年 09月 10日 ( 2 )

恵庭岳頂上岩塔崩落、2018年9月10日

今日、恵庭岳に登った隊長Oさんが帰宅途中、我が家に寄って頂上岩塔の一部が崩落していたと教えてくれた。
隊長Oさんの了解を得てその時の写真も提供してくれたので、危険な状態を登山者の皆さんに知ってもらうためブログで紹介したいと思う。

なお、恵庭岳の第二見晴台から先は立入禁止と思っている方がいるようだが、第二見晴台には立入禁止の看板はありません。
法令による(立入禁止の)規制はないのです。

登山は自然のリスクを知力、体力、技術力で克服し山頂に立つスポーツ文化でエベレスト登山がその一例です。
自然のリスクを自己判断し、頂上岩塔に立つことは法令違反ではありません。
とは言うものの、非常に危険な状況になっているため、注意喚起であることをぜひ汲んでいただきたい。

蛇足だが、2016年6月上旬、頂上岩塔のデベソ岩が崩落したとき、北海道新聞社から写真入りで記事になったことがあり、それに関連して私もブログで紹介した。↓
その後の記事も参考のために紹介したい。↓


写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_19420251.jpg
隊長Oさんが今日(2018年9月10日)撮影したもの。崩落前までは緑線のように歩いて頂上に立つのだが、今回緑線の左側がすっかり崩落し、赤線のように登り、頼りない灌木の根を押さえるようにして頂上に立ったらしい。白い円内に亀裂が入っているように見える。2013年6月23日に撮影した2枚下の写真にある緑色の2重丸の岩付近も崩れ落ちているのが分かる。黄色の2重丸の岩が落ちると、ロープを登っても頂上標識のある所へは行けないと思われる
f0138096_19425227.jpg
隊長Oさんの写真を見ると、緑色の円内の岩を含めオレンジ色の線から左側の岩は全て崩落し、もうオレンジ線のようには登れない。この写真は2016年5月22日の撮影
f0138096_19433385.jpg
上の写真の撮影時点で緑色の2重丸の岩は崩落しているのだが、付け根の土も今回の地震で崩れ落ちている様子。この写真は2013年6月23日の撮影
f0138096_20084677.jpg
赤色の円内が頂上、緑色の円内にデベソ岩が載っていた。右端にジャンダルム。赤色と緑色の円の間から崩落していて岩塔の色が変わっている
f0138096_20085121.jpg
ルンゼに向かう登山道の上に崩落した岩が堆積している。登山者のいない時間帯の地震だったのが何よりだった
f0138096_20085560.jpg
頂上岩塔のロープを登り切るとテントが一つ分張れる平らなスペースがあるけれど、多分その場所の亀裂だろう
f0138096_20085831.jpg
頂上標識のすぐ近くにも亀裂らしいものが見える(白色の円内)
上の4枚も隊長Oさんが2018年9月10日に撮影したもの


by tarumae-yama | 2018-09-10 20:19 | 北海道100名山 | Comments(12)

紋別岳、2018.9.1ー同行者からの写真ー

いろいろバタバタしていて、9月1日に登った紋別岳の同行者から送られて来た写真を紹介出来ないでいた。
この時より紋別岳の秋は深まっていると思うけれど、SさんとH原さんの写真をアップしたいと思う。

なお、6日に恵庭岳に登った隊長Oさんの話では、台風21号の影響で恵庭岳の風倒木が2合目から3合目の間で多いらしい。
その時の雨と、この日夜明け前の北海道胆振東部地震の影響が重なり、登山道には落石もあるとのこと。

恵庭岳へ向かう登山者は、一層の注意が求められると思う。
f0138096_17462833.jpg
f0138096_17463044.jpg
f0138096_17463494.jpg
上の3枚は、Sさんの撮影
f0138096_17470282.jpg
f0138096_17470584.jpg
f0138096_17471174.jpg
f0138096_17471407.jpg
支笏湖の温泉街に住むYさんは、二人の女性を引率中とのこと
f0138096_17471761.jpg
ヒゲのSさんは希少種の野鳥を見に来たと。上の5枚は、H原さんの撮影


by tarumae-yama | 2018-09-10 07:34 | 登山 | Comments(4)