2018年 09月 07日 ( 1 )

北海道胆振東部地震、2018.9.6

9月6日午前3時8分、突然突き上げるような揺れに飛び起きた。
今まで経験をしたこともないような激しい揺れに、ベッドの上で思ったことは、家が半壊しもう住めなくなるのでは、と。

すぐに1階に下り、居間のTVの電源を入れた。
TVが台から落下していないのを不思議に思いつつ、TVからは震度が6で、震源地が海底の場合津波の恐れがあると。

その直後に停電になった。
余震におびえながらまたベッドに潜り込み、明るくなってから家の周りを点検したところ、驚いたことに基礎にも外壁にもヒビ一つなかった。

それから夜までが長かった。
多くの友人知人から安否確認の電話やLINEが入った。
開店時間を待ってカセットコンロ用のボンベとカップ麺などの食料品を買いに出かけたが、スーパーもコンビニもすでに長蛇の列。
購入を諦め、家にあるカップ麺やスパゲティ等の他に山用の行動食などで何とか3日ほど食いつなごうと考えた。

幸い、断水にはならなかったけれど、水も止まる可能性があるかもとのことで、飲み水用とトイレ用などのために、ペットボトルや浴槽に出来るだけ貯水した。
(1階のウオシュレットは停電中は水を流せないが、2階の30年前のトイレは、レバー一つで排水出来た。これは有難く、旧式のシンプルさの素晴らしいことを再認識した)

情報は、携帯やカーナビのワンセグを視ることで最小限の状況を知ることが出来た。
震源は千歳から近い厚真町で、北海道では初めての震度が7だという。
そして、大規模な土砂崩れで亡くなった方や行方不明の方が多数いる、と。
(我が家は納戸の書架が倒れたせいで、食器が3つ4つ割れたのみだった)

そんな大惨事をTVで目の当たりにしながら、ローソクの明かりでカップ麺の夕食を摂って早々とベッドに潜り込んだけれど、余震のたびに目が覚めて中々眠れない一夜だった。
f0138096_21504394.jpg
6日の夜の居間、テーブルの上は雑然としているけれど、ローソクの他にランタン。11年前に日本100名山巡りで本州へ遠征に出かける際に購入した物。カセットコンロ用と同じボンベを使用
f0138096_21504363.jpg
愛車のトランク内のソケットにインバーターを繋ぎ、同居の息子と私のスマホに携帯電話の3台を充電しているところ。このインバーターも11年前に本州へ山登りに行く際、持参のモバイルPCの充電用に購入した物

by tarumae-yama | 2018-09-07 22:11 | 日々の出来事 | Comments(8)