人気ブログランキング |

2018年 09月 01日 ( 1 )

丹鳴川遡行、2018.8.28

前回Aさんに案内してもらった丹鳴川遡行からまだ半月足らずだが、ぶるままさんを加え3名で再訪した。
前回の丹鳴川遡行↓


他に声をかけた山友は、沢靴が劣化していたり釣りの予定が入っていたりで、ご一緒出来ず残念だった。

ぶるままさんは、所属する山の会が開催した白老川での研修に参加したばかりで、今回が初の沢本番らしい。
沢靴もタイツ式のスパッツも、研修のために購入したとのことで、そのおニューのスタイルが初々しかった。

朝方まで雨が降っていたこともあり、前回より丹鳴川は増水していて、濡れているへつりでは足を滑らせぬよう緊張したけれど、まあトラブルもなく無事戻ってきた。

一時雨もぱらつくあいにくの天気だし、平日ということもあり、熊に出遭うことがあっても登山者に会うことはないと思っていたところ、何と同じHYML(北海道山メーリングリスト)の会員であるエバご夫妻が遡行してくるところに遭遇した。

彼は、4日前の24日にHYMLの会員と4名でこの丹鳴川を遡行し、源頭から藪漕ぎをしつつ5時間25分かけて丹鳴岳に登頂した、とメールが流れていたのを読んだばかりだからビックリだった。

そんな驚きの出会いがあった丹鳴川遡行だった。
f0138096_20451508.jpg
f0138096_20452574.jpg
f0138096_20452998.jpg
f0138096_20453261.jpg
f0138096_20453658.jpg
f0138096_20454060.jpg
水深のあるところは高巻きで
f0138096_20454425.jpg
濡れたへつりを慎重に
f0138096_20455145.jpg
f0138096_20461356.jpg
最初の二股。ここは右へ
f0138096_20461679.jpg
f0138096_20462076.jpg
f0138096_20462290.jpg
トリカブトを入れて
f0138096_20462575.jpg
f0138096_20462918.jpg
f0138096_20463268.jpg
f0138096_20463721.jpg
410m二股で地図を出してチェックと読図の研修
f0138096_20465955.jpg
410mの二股まで下りてきたところ、HYMLのエバさんと奥さんのペアに遭遇。エバさんは夕張岳の山荘の小屋番をやったり、定山渓の烏帽子岳の笹刈りの手伝いなどをしている。Aさんの撮影
f0138096_20470311.jpg
f0138096_20470864.jpg
f0138096_20471118.jpg
f0138096_20471578.jpg
苔が奇麗だった。ぶるままさんは虫がまとわりつくからと防虫ネットを被っている
f0138096_20471875.jpg
f0138096_20472243.jpg
入渓地点の「になるはし」が見えてきた
f0138096_20472540.jpg
「になるはし」を通過して駐車地点までもう20分ほど



by tarumae-yama | 2018-09-01 06:58 | 登山 | Trackback | Comments(2)