人気ブログランキング |

2018年 07月 27日 ( 1 )

富良野岳から上ホロカメットク山、2018.7.24ーその1ー

6時15分に十勝岳温泉の駐車場に到着したときは、案外スペースがあった。
これが晴天の週末なら、多分路肩駐車を強いられたかも知れない。
人気の山に平日登ることが出来るのは有難い。

家から出る時体重は今年一番重くなっていて、飲料水も4リットルも持ったから重いザックを担いで無事登頂出来るか不安だったのだが、富良野岳頂上まで想定外に早い2時間17分で到着。

ただ、途中のお花畑は、期待したほどではなく一寸ガッカリだった。
エゾノツガザクラもハクサンチドリも殆どなくて、楽しみにしていたハクサンイチゲは一株も見られなかった。

地元の人の話では、今年は雨が多かったせいで花が少ないようだとのこと。
まあそれでも、ハクサンボウフウやチシマノキンバイは最盛期で、尾根の斜面に圧巻の広がりだったのはさすが花の100名山だと思った。

他に、上ホロの避難小屋前のお花畑は中々見応えがあったし、上富良野岳から下山中、頂上直下のチングルマやエゾノツガザクラは瑞々しくて写欲をそそられた。
f0138096_13463705.jpg
6時半頃の駐車場の様子、平日だからまだ余裕がある
f0138096_13463774.jpg
アオノツガザクラ
f0138096_13463828.jpg
エゾコザクラ
f0138096_13463831.jpg
チングルマ
f0138096_13463818.jpg
ウコンウツギを前景に、左上に富良野岳、遠い!
f0138096_13463888.jpg
チシマノキンバイ
f0138096_13463968.jpg
エゾコザクラ
f0138096_13463974.jpg
尖りの十勝岳、左端に大雪の山並み
f0138096_13463913.jpg
チシマノキンバイ
f0138096_13463934.jpg
分岐にて、スタートから抜きつ抜かれつの札幌からの4人パーティ
f0138096_13505462.jpg
イワギキョウ
f0138096_13505794.jpg
ミヤマリンドウ?
f0138096_13510043.jpg
チシマフウロ
f0138096_13510390.jpg
斜面にハクサンボウフウとチシマキンバイの群落
f0138096_13510734.jpg
コマクサ
f0138096_13511063.jpg
奥の尖りは下ホロカメットク山
f0138096_13511468.jpg
左上に十勝岳
f0138096_13511751.jpg
ハクサンボウフウやチシマノキンバイ
f0138096_13520088.jpg
チシマフウロと奥に撮影中のYさん
f0138096_13520363.jpg
エゾルリソウ
f0138096_13520728.jpg
コケモモ
f0138096_13521094.jpg
雲の中から頭を出しているのは前富良野岳?、奥に夕張岳や芦別岳も見える
f0138096_13521476.jpg
札幌からの4人パーティ。左の3人は姉弟だそうで、右端のKさんは長女の友人。弟さんから上富良野岳の頂上で熱々のコーヒーをご馳走になった


by tarumae-yama | 2018-07-27 00:10 | 日本100名山 | Trackback | Comments(4)