2018年 07月 23日 ( 1 )

樽前山、2018.7.20

12日ぶりに、午後から樽前山の外輪を半周してきた。

お花畑コースでは、その時から結構状況が変わっていて、先ずミヤマホツツジが目についた。
ノリウツギや、目立たないもののモウセンゴケが可憐な白い花を付けていたし、ノギランもひとかたまりになって咲いていた。

今、樽前山の主役はタルマエソウだと思うけれど、ピークは過ぎつつある。
それでも、東山ルートの外輪分岐から樽前神社奥宮にかけてはまだまだ見応え十分だった。
むしろ、群生が今最盛期になっていると言うべきかも知れない。

とは言うものの、記事のアップまで少々時間が経ってしまったので、もう終盤になっているような気がしないでもない。
f0138096_20175998.jpg
支笏湖は霞んでいる。ミヤマホツツジを入れて
f0138096_20180574.jpg
ノギラン
f0138096_20180899.jpg
このハナヒリノキは葉が色づいている
f0138096_20181172.jpg
マルバシモツケは花が終わり、殆どこんな状況
f0138096_20181486.jpg
スライドした札幌からのKさん。隣りの女性と結婚が決まっているとのこと。いかにも幸せそうだった
f0138096_20181721.jpg
東山をバックにタルマエソウ
f0138096_20182215.jpg
コメツツジ?
f0138096_20183565.jpg
このマルバシモツケだけ一輪花が咲いている
f0138096_20190351.jpg
溶岩ドームをバックにタルマエソウ
f0138096_20190607.jpg
イワギキョウ、蜂が入り込んでいる
f0138096_20190886.jpg
コケモモの実
f0138096_20191111.jpg
これも溶岩ドームをバックに
f0138096_20191550.jpg
手前のタルマエソウは色が濃くて鮮やか
f0138096_20191928.jpg
まだコマクサが咲き残っていた
f0138096_20193161.jpg
華やかなタルマエソウ、左上に西山
f0138096_20193425.jpg
このタルマエソウは色が白っぽい
f0138096_20193776.jpg
写真では分かりにくいが、東山の南斜面には群生しているタルマエソウが最盛期
f0138096_20194039.jpg
前を行く下山者。平日の午後からの樽前山は、殆ど登山者に会わず静か
f0138096_20194341.jpg
国道から道道に入って樽前山に向かう途中、道路脇に咲いていてヤマアジサイ

by tarumae-yama | 2018-07-23 07:44 | 樽前山 | Comments(4)