2018年 07月 05日 ( 1 )

読書三昧

前線の停滞で、北海道はまるで梅雨のような天気が続き、身も心もカビてしまいそう。
登山に行けず、読書三昧のこの頃だ。

最近は中村うさぎの本を立て続けに読んでいる。
まあ、この歳になっても女心や感情を理解しているとは言えそうにない。
「毒婦たち」からは、逆に男の心理を客観的に観ることができたかも。
これらの中で、宮部みゆきの「返事はいらない」は、小説だからジャンルが違うものの、肩肘張らずに楽しめた。

話は変わるけれど、昨日、2ヶ月毎に薬を出してもらっている医院に行ってきた。
ここは、生前妻も慢性膵炎などで通っていた医院でもあるのだが、登山が趣味の40代の看護師さんとは特に心が通じていたようだ。

その看護師さんが、帰り際に通路で珍しく私に話しかけてきた。
口止めされていたのだけれど言いつつ、妻がこの看護師のNさんに、「夫が山に出かけてばかりで、一人留守番をしているのが淋しいです」と。

妻が直接そのような気持ちを私に訴えたことが一度もなかったから、Nさんからそう聞いて、自分の鈍感さにいたく動揺した。

今更取り返しがつかないけれど、何とも情けなくも切ない。
f0138096_13522568.jpg
図書館から借りて来た古い本ばかりだが、2週間で読了した

by tarumae-yama | 2018-07-05 07:22 | 日々の出来事 | Comments(0)