2018年 06月 09日 ( 1 )

樽前山、2018.6.5ーその2ー

樽前山は花のシーズンを迎え、週末が晴天なら6時過ぎには7合目の駐車場が一杯になって路肩駐車を指示され、更にそこも一杯なら5合目のゲートで待たされることになるのだろう。
タイミングが悪ければ、2時間も待たされるかも知れない。
まあ、私は毎日が日曜日だから、同行者がいない限りわざわざ週末には登らないけれど。

前置きが長くなった。
先日のオロフレ山でも経験したことだが、ヤマレコなどを見てお目当ての花を観賞に出かけても、高山植物は1週間から10日もすれば入れ替わっているから、当てが外れることも多い。
幸い樽前山に限れば、私は自宅から30分強で7合目の駐車場に着くので、毎週でも通うことを苦とは感じない。

これからエゾイソツツジやマルバシモツケの群落が咲き乱れ、その後この山を代表するタルマエソウが終盤を迎えるまでは定期的に歩きたいと思う。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_20104474.jpg
お花畑コースは出だしからウコンウツギが満開になっていた
f0138096_20104766.jpg
ヒュッテ前の林の中は、ウコンウツギの群落が見事
f0138096_20105042.jpg
お花畑を進むSさん
f0138096_20105398.jpg
エゾイソツツジ
f0138096_20105661.jpg
正面は風不死岳、今頃は樽前山では見られないシラネアオイがピークかも
f0138096_20110099.jpg
タルマエソウが蕾を持っていた
f0138096_20110360.jpg
マルバシモツケが咲いているのを一株だけ見た
f0138096_20110613.jpg
イワヒゲ
f0138096_20112276.jpg
エゾイソツツジと奥に溶岩ドームが少しだけ頭を出している
f0138096_20112630.jpg
同上、イワヒゲ
f0138096_20112901.jpg
f0138096_20113293.jpg
f0138096_20113580.jpg
932m峰に向かう登山者
f0138096_20113876.jpg
支笏湖と奥に霞んでいるけれど紋別岳
f0138096_20114121.jpg
f0138096_20114485.jpg
羊蹄山が何とか見える
f0138096_20120126.jpg
もう終わりのコメバツガザクラを前景に溶岩ドーム
f0138096_20120429.jpg
ナガバツガザクラ?
f0138096_20120733.jpg
ナガバツガザクラ?。千歳のWさんに咲いているところをメールしたけれどちゃんと発見できたかな?
f0138096_20121096.jpg
コケモモの蕾はまだ小さくて固い
f0138096_20121364.jpg
ウコンウツギを入れて左上に東山の頂上部
f0138096_20121606.jpg
白花のコマクサ
f0138096_20121812.jpg
f0138096_20122131.jpg
ストライプが薄くなってきたコメバツガザクラ


by tarumae-yama | 2018-06-09 07:49 | 樽前山 | Comments(4)