2018年 05月 11日 ( 2 )

久住山(大分県)

妻の叔父は、岩見沢市にある農業高校で教師をしていたのだが、中途退職し、どのようなつてがあったのか私は知らないけれど、遠く阿蘇の牧場で場長の職を得た。

その時代、妻はまだ幼かった子供二人と両親の5人で、叔父の勤務する牧場を訪ねたことがある。

そんな昔の思い出が懐かしいのか、久住山にはぜひ登りたいと言っていた。
それで、祖母山に二人で登った翌日の阿蘇山では、登山口周辺で一人ブラブラしていたけれど、その翌日は張り切っていてどこか楽しそうな久住山の妻だった。↓


久住山の頂上で観た光景から11年、あの時妻の胸に去来するものはどのようなものだったろうか、と今にして思う。
f0138096_16224864.jpg
阿蘇山から、麓のミヤマキリシマツツジ

f0138096_16225485.jpg
登山口の近くで妻を写す。上の2枚は2007年5月15日の撮影
f0138096_16230281.jpg
阿蘇山下山後、温泉パスポートを使って入った黒川温泉「山みず木」の温泉は、清潔なのに歴史の重みが感じられてとても良かった。露天風呂もロケーションが素晴らしくてまるで天国のようだった。妻ともう一度訪ねてみたいと思っていたのだが・・・
f0138096_16230620.jpg
f0138096_16231408.jpg

f0138096_16231858.jpg
f0138096_16232348.jpg
f0138096_16235666.jpg
f0138096_16235907.jpg
f0138096_16240170.jpg
f0138096_16240403.jpg
上の9枚は、2007年5月16日の撮影。写真の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2018-05-11 12:39 | 日本100名山 | Comments(2)

恵庭岳西峰とジャンダルム、2018.5.1ー同行者からの写真ー

3月11日に漁岳で骨折事故を起こしてから、今日で丁度2ヶ月が経った。
左足の腫れはまだ少し残っているものの、右足の腓骨骨折部分の痛みは全くなくなった。
すでに一月もしないうちから山に復帰していたけれど、つくづく元気に歩けていることが嬉しい。

すっかり遅くなってしまった。
5月1日に恵庭岳を一緒したSさんとぶるままさんから送られて来た写真を紹介したい。
f0138096_12580279.jpg
f0138096_12580598.jpg
f0138096_12580990.jpg
西峰の一番しんどい急斜面に取り付くぶるままさんと私
f0138096_12581318.jpg
本峰の頂上に立つ私をジャンダルムから撮影
f0138096_12581719.jpg
f0138096_12591245.jpg
上の6枚は、Sさんの撮影
f0138096_12594122.jpg
西峰の頂上直下
f0138096_12594379.jpg
西峰の頂上で昼食中
f0138096_12594641.jpg
本峰頂上で。上の3枚は、ぶるままさんの撮影


by tarumae-yama | 2018-05-11 06:56 | 北海道100名山 | Comments(0)