2018年 05月 04日 ( 1 )

恵庭岳西峰とジャンダルム、2018.5.1

今年は、どうやら支笏湖周辺の山の雪解けが早いようだ。
この後、晴天を待って漁岳に骨折のリベンジ登山をしたいと思っているのだが、笹漕ぎハイマツ漕ぎ覚悟でなくては頂上に立てないかも知れない。

昨年は5月9日に漁岳に登っているけれど、頂上手前の1175mピークのトラバースは笹が出ていて苦労させられたから、雪解けの早い今年はもうすでにそんな状況になっているかも。

偶然だが、記録によると昨年も同じ5月1日、恵庭岳西峰やジャンダルムにH原さん達と登っていた。↓

その時のブログの写真を見ると、オコタンペ湖はようやく氷がわずかに溶け出したばかりだし、奥の小漁山や漁岳などの残雪は豊富に見えるから、やはり今年の雪解けは早い。

我々が登った5月1日以降天気は下り坂になり、GW後半のスタートは、発達した低気圧の接近で北海道は太平洋側を中心に大雨に見舞われ、山も一段と雪解けが進んだことだろう。

結果的に、我々が登った積雪期の恵庭岳は、5月1日がぎりぎりだったのかも。

山行記録
ゲート前08:05→尾根取り付き08:29→952mポコ付近にスノーシューをデポ→アーチの木があるコル10:34→西峰10:55~11:22(昼食)→本峰頂上11:50~12:00→アーチの木12:07~12:15→道道13:17→ゲート前13:36

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15124579.jpg
今回は、オコタンペ山取り付き地点の向かいから尾根に取り付く
f0138096_15124862.jpg
つぼ足で登るSさん
f0138096_15125347.jpg
アーチの木があるコルに到着
f0138096_15125612.jpg
コルの反対側はフキノトウ畑。支笏湖は殆ど見えない
f0138096_15130025.jpg
前方に尖った西峰
f0138096_15130340.jpg
頂上直下のロープのある急斜面で、余裕のぶるままさん
f0138096_15130733.jpg
初登頂の西峰に立つ
f0138096_15131067.jpg
f0138096_15133046.jpg
オコタンペ湖の氷は殆ど溶けていた
f0138096_15133375.jpg
漁岳の奥に無意根山や余市岳などが見える
f0138096_15133675.jpg
f0138096_15133978.jpg
本峰頂上岩塔やジャンダルムをバックに
f0138096_15134281.jpg
風はなく温かで穏やかな西峰でのんびりくつろいでからジャンダルムへ
f0138096_15134522.jpg
ジャンダルムに立つSさん
f0138096_15134864.jpg
私はジャンダルムには登らず、本峰の頂上へ
f0138096_15135132.jpg
本峰の頂上から、ジャンダルムの二人を撮る
f0138096_15141336.jpg
支笏湖と中央に紋別岳
f0138096_15141677.jpg
少し霞んでいるが、羊蹄山をアップで
f0138096_15141957.jpg
f0138096_15142246.jpg
本峰頂上とジャンダルムをバックにフキノトウ
f0138096_15142552.jpg
アーチのある木から下山開始
f0138096_15142867.jpg
右下に同行者。左上に西峰
f0138096_15143286.jpg
f0138096_15143550.jpg
無事、下山



by tarumae-yama | 2018-05-04 07:59 | 北海道100名山 | Comments(9)