2018年 04月 22日 ( 1 )

感動の恵庭岳西峰、2018.4.17ーその2ー

西峰の頂上からの眺望にすっかり満足したため、アーチの木の所から下山したのだが、どうやら隊長Oさんはジャンダルムにも登りたかったらしい。

ロープが埋まっていなければ、アーチの木からジャンダルムの頂上まで20分もかからないだろうから、気持ちを汲むことが出来ず申し訳なかったと思う。

大沢からの尻滑りがとても楽しかったので、羊蹄山を一緒したM夫妻にその話をしたところ、夫人は興味を示したから、雪の解ける前に一緒に尻滑りをしようと思う。
その時は、隊長Oさんも参加してくれるだろうか。
f0138096_16062734.jpg
f0138096_16063378.jpg
中央やや右の雪上に我々のトレースが見える
f0138096_16063735.jpg
f0138096_16064019.jpg
f0138096_16064496.jpg
アーチの木は目前。中央上にジャンダルム
f0138096_16071038.jpg
アーチの木の所からダブルアックスで下りる
f0138096_16072849.jpg
左上に西峰、右上に北峰。その間に尻別岳と羊蹄山
f0138096_16073043.jpg
大沢の源頭部に立つ隊長Oさん
f0138096_16073301.jpg
支笏湖を眼下に大沢を下りだす
f0138096_16073677.jpg
直後にスリップ
f0138096_16074095.jpg
ピッケルを使って数メートルで停止
f0138096_16074359.jpg
中央上に本峰頂上岩塔。その基部から下りてきた
f0138096_16074870.jpg
雪を繋いで大沢左岸の尾根を目指す
f0138096_16075149.jpg
左岸尾根に取り付きだした隊長Oさん
f0138096_16083281.jpg
左岸に取り付く頃から埋まりだしたので、アイゼンからまたスノーシューに換える
f0138096_16083564.jpg
ここからの写真は、オリンパスの防水カメラで撮影。前方に火口壁。壁からの落石が続いているようだ
f0138096_16083784.jpg
火口底を歩いて第一見晴台へ
f0138096_16084071.jpg
第1見晴台の岩場をスノーシューのまま上がり、もう少し登り返して北尾根にトラバース
f0138096_16084314.jpg
北尾根の最後の急斜面を私は尻滑りで下りたが、隊長Oさんはスノーシューで
f0138096_16084642.jpg
このすぐ先は駐車場

by tarumae-yama | 2018-04-22 00:29 | 北海道100名山 | Comments(2)