2018年 03月 12日 ( 3 )

漁岳でポールを拾う、2018.3.11

3月10日に漁岳に登ったzeropo7さんのヤマレコによると、滑落した方を介抱したとある。
途中、その方の持ち物を回収しながら。

ただ、ポールが1本見つからなかったそうだ。
それで、私が回収したポールについてzeropo7さんに問い合わせたところ、どうやらその方のものらしい。

ということで、もしもの期待を込めて私のブログのこの記事を見たなら、お返ししたいので非公開コメントで連絡先を教えていただきたい。
また、滑落者の友人か知人がいらっしゃるなら、是非連絡を取って欲しい。
f0138096_21113369.jpg
3月10日、オコタンペ山から漁岳

by tarumae-yama | 2018-03-12 21:16 | 北海道100名山 | Comments(0)

漁岳で怪我、2018.3.11

i-tomoさんとmasappoさんがヤマレコで報告を上げているけれど、私の事故にも触れているので、私も記事にすることにした。↓
もちろん、i-tomoさん達から事前に同意を求めてきてのヤマレコアップだった。
私としては情けなくも恥ずかしい出来事だから、触れないという選択肢もあったのだが、少しでも注意喚起になればそれも良いかなぁという心境である。

漁岳の尻滑りは何度も経験しているけれど、もっと雪が緩んでいたり高度をさげてからだった。
当然、怪我を予測して尻滑りをした訳ではない。
コースさえ思った通り滑っていくなら1175mピークとのコル辺りで停まるはずだった。

ところが、滑り出してコントロール出来ないほど一気に加速がついた。
アイゼンでブレーキをかけて少しスピートが落ちたようだが、膝を痛めるのを懸念して思いっきりブレーキをかけられなかった。
あとは、方向を変えるなどもうなすすべなしの猛スピード。
一度頭を反転してみたけれど、減速には全く効果なし。
防寒テムレスが摩擦熱で穴を空けただけだった。

次第に左岸の沢の方へ向かいだしたので、「あぁ、まずい!」と思い、これでどこまで滑り落ちるのかと。
一瞬、死んで妻の元に行くことになるのかもとの思いが、頭をよぎった。

その直後、灌木に激突してスピードが落ちた。更に滑り落ち出したけれど、必死になってアイゼンで停めた。

結果的に、灌木の枝が折れたおかげで、私の身体は致命傷にならなかった。
2mほど横にはもっと幹の太いダケカンバがあったから、それに激突したり、頭を打っていたなら即死か少なくとも重傷を負っていたかも知れない。

心配した同行者が下りてきたが、立ち上がることが出来たので、手を振って一緒に下山。
気が張って興奮していたせいか、我慢できないほどの痛みを感じず、ただ亀の歩みだったけれど何とか下山。

だが、帰宅すると、左足が大きく腫れていてズボンを脱ぐのも大変だった。
左右の脚に擦り傷で出来た血の跡が7,8カ所。

保冷剤と湿布、痛み止めの座薬で処置をしたけれど、翌日悪化していることを心配して、2階の寝室から1階の和室で寝ることにした。

翌朝、何とか歩けるけれど右足の膝を曲げることが出来なくなっていた。
右足も左足ほどではないものの腫れていた。

そんな訳で整形外科で診てもらうことにした。
レントゲンを10枚撮り、その後医師の触診などから、右足の腓骨骨折との診断だった。
ただ、幸いと言うべきか、骨にズレがないので、このままで自然に治るとのこと。
最大の懸念だった、靱帯の損傷はないとの話には心底ホッとした。

とりあえず、腫れや痛みが引くまで(おおよそ一月)登山は控える様にとの話で、鎮痛剤と湿布薬を出してもらって帰宅。
まだ、右足を引きずり、ズボンを履くのも大変だけれど、この程度で済んだことが嬉しい。
そして、丈夫に産んでくれた両親には感謝感謝だ。

その一方で、i-tomoさんとmasappoさんに迷惑と心配をかけたこと、本当に申し訳なく思う。
f0138096_14293829.jpg
写真では斜度のきつさが分からないけれど、黄色い円内の灌木に激突、枝が折れて減速できた。
奥の木にぶつかっていたなら致命傷になっていたかも。この木の所にポールが一本落ちていたから、同じように滑落した人がいたのだろう
f0138096_14302493.jpg
緑の円内に滑り落ちた軌跡。高度にして100m、距離としては152m程。当然だが、今まで経験したことのない加速とスピードだった。地図の上でクリックすると大きくなります


by tarumae-yama | 2018-03-12 14:45 | 北海道100名山 | Comments(18)

漁岳、2018.3.11ー速報版ー

ヤマレコのi-tomoさんから、山に行きませんかとメールが届いた。
行き先は白老岳や無意根山など候補に挙がったようだが、やはりヤマレコで有名なmasappoさんの希望する漁岳となった。

masappoさんとはヤマレコでメッセージのやりとりはあったものの、今日が初対面。
想像以上に素敵な女性だった。

朝は晴天だったけれど、頂上に到着前後から雪が舞って期待していた羊蹄山がどこにあるのかも分からない状況だった。

とりあえず、速報版として写真を6枚アップした。
珍しく、書きたいネタがいくつか溜まってしまったので、漁岳の報告が何時になることやら。
きっとまた、i-tomoさんとmasappoさんのヤマレコを紹介してお茶を濁すことになるかも(^^;)
f0138096_20364300.jpg
前を行く同行者。中央付近に札幌のトレランの8名パーティ。その中に以前イチャンコッペ山でお会いしたMさんがいた
f0138096_20364730.jpg
バックに白いオコタンペ湖と奥に支笏湖
f0138096_20365175.jpg
f0138096_20365480.jpg
トレランのパーティが頂上付近に見える
f0138096_20365893.jpg
スノーシューのまま頂上に向かうi-tomoさんとアイゼンに換装したmasappoさん
f0138096_20370314.jpg
頂上直下で下りてきたソロの男性は、何と札幌のIさんだった。オコタンペ山の頂上でシャッターを押してもらったり、上富良野岳の頂上でもお会いしている。前回お会いしたのは1年前の休暇村の温泉でだった(^o^)

by tarumae-yama | 2018-03-12 00:03 | 北海道100名山 | Comments(2)