2018年 03月 08日 ( 1 )

丹鳴尾山と鳴尾山、2018.3.7ー速報版ー

タイトルの山はどちらも未踏だというぶるままさんを誘い、この冬丹鳴尾山は登っているけれど、その先の805mピークの鳴尾山にはまだ登っていないM夫妻も加わり、4名で二つのピークを踏んできた。

3時間かけて鳴尾山まで登ったものの、降雪のため視界は良くなかった。
それでも、丹鳴尾山まで戻ってきたところで青空が広がり、支笏湖ブルーの支笏湖と対岸の山が見えるようになった。

そして、ままあることだが、下山すると恵庭岳も風不死岳も頂上までクッキリとその雄姿を現した。
そう言えば、風不死岳では先月の28日から恵庭市の男性が一人で登ったまままだ下山していないということで、捜索隊が入っているらしい。
我々が駐車地点まで戻ってくると、ヘリの音が聞こえたのは空からも捜索しているのだろう。
もう1週間以上経っているから生存は難しいかも知れないけれど、奇跡を信じたい。

とりあえず、速報版として写真を5枚アップしようと思う。
f0138096_20324107.jpg
丹鳴尾山頂上直下の急斜面を登る同行者
f0138096_20324448.jpg
丹鳴尾山頂上に到着
f0138096_20324613.jpg
丹鳴尾山頂上で、正面に鳴尾山
f0138096_20325042.jpg
紋別岳を手のひらに載せる?ぶるままさん
f0138096_20332665.jpg
日の当たるところでは支笏湖ブルーが奇麗だった。対岸に風不死岳と樽前山。写真の上でクリックすると大きくなります

by tarumae-yama | 2018-03-08 00:18 | 登山 | Comments(0)