2018年 02月 16日 ( 1 )

幌平山と丸駒温泉入浴回数券、2018.2.15

強風下の雪山では短時間で自分のトレースさえ消えてしまう。
まして降雪やガスで視界が悪ければ、私の下山はGPSの軌跡頼みになる。
まあ、数日前に登った伊達紋別岳の様に、明瞭な主稜線上に登山道がある雪山なら視界が10mでも先ず道迷いはないと思うけれど。

同じ日に単独で北白老岳に登った山友は、下山時時々吹雪かれて視界が悪い状況下で、ログをダウンロードしたGPSアプリのスマホが使えなくなったらしい。
幸い、この山は高圧鉄塔沿いにルートがあるから、吹雪かれても鉄塔を目指したとのことだった。
それでも、自分の足跡すら消えている風雪の中では不安感で一杯だったろうと思う。
一時ルートを外したそうだから、もしかしてその時遭難が頭をよぎったかも知れない。

今日は、丸駒温泉に入る前に悪天を承知で幌平山に登った。
風雪が強くて自分のトレースが消えるほどなら、少しは山友の心理状態に近いものを感じるかもと思ったのだが、地形の複雑な恵庭岳冬尾根や漁岳ならともかく、国道脇で低山の幌平山では、冬山初心者でも先ず道迷いはしないだろうから、例えGPSなしで吹雪かれてもそんな精神状態にはなり得ない、か。
f0138096_21201237.jpg
この時点では降雪の中でも支笏湖がわずかに見えていた
f0138096_21201726.jpg
雪が強まって支笏湖がどこにあるかも分からない。右端の木に幌平山の頂上標識
f0138096_21202271.jpg
幌平山頂上。強い降雪と眼鏡が曇ってよく見えなかったので、下山は登りの自分のトレースから外れて途中まで古いトレースをたどってしまった(^_^;)
f0138096_21202767.jpg
支笏湖周辺の山に登った後、丸駒温泉に入ることが多くなった。
入浴回数券が半額のキャンペーンをやっているときに、山友に頼まれた5冊を含め最終的に12冊買った。使用期限がないのが有難い。回数券を持たない山友と入るときに融通するから、残り2冊半ほど


by tarumae-yama | 2018-02-16 06:56 | 登山 | Comments(2)