2018年 02月 11日 ( 1 )

シリセツナイ山とモラップ山、2018.2.10

今日(10日)は6名で白老3山の予定だったのだが、悪天のために延期。
だが同行予定のM夫妻から、雨でなければ悪天でも幌平山辺りを登りたいと言う。

結局、未踏だというシリセツナイ山を登ることになった。
午前8時前に集合場所の紋別岳の駐車場に着くと、すでに雪が降っていて視界が悪いにもかかわらず3台の車が停まっていた。

天気は下り坂という予報に、M夫妻と合流後、早速スノーシューでスタート。
直後に早々と下山してきたのは、何と日高門別町の医師のMさんだった。
以前、子息のHiro君達と一緒に恵庭岳やイチャンコッペ山などを登っている。
Mさんのブログ↓



紋別岳の保全道路を1200mほど歩いてから520m峰へ繋がる尾根に取り付いた。
頂上は樹木に遮られて展望がないシリセツナイ山に登るのはよほど山好きな者と思っているけれど、前日のものかスノーシューの跡が520m峰を越えシリセツナイ山まで続いていた。

降雪のせいもあって途中眺望がなく、写真を殆ど撮らず黙々と登った結果1時間少々で頂上到着。
このまま下山したら休暇村の温泉入浴時間まで1時間以上も待たなくてはならない。
そこでM夫妻は、これまた未踏のモラップ山にも登りたいと。

急遽そんなことになり、頂上からピストンすることなく支笏湖小学校裏へ延びる南尾根を使って下山。
下りはわずか25分ほどだった。

それから車で昔スキー場があった先まで移動し、早速スノーシューを装着、50分ほどでモラップ山の頂上。
下山もあっと言う間で、二つの山を登っても4時間かからなかったけれど、湿り雪でスノーシューが重く、結構足にきた山行だった。

終始雪とガスのために殆ど眺望がなかったものの、おしゃべりを楽しみながら気持ちの良い汗をかくことが出来た。

それにしても、M夫人の「天気の良い日は眺望の良い山に登り、こんな悪天の時は眺望のない山にすると全然悔しくない。」という発想には妙に納得してしまう。
f0138096_18113132.jpg
スタート直後スライドしたのは何とMさんだった。M夫妻とは初対面
f0138096_18113463.jpg
保全道路から右の尾根に取り付く
f0138096_18113922.jpg
520m峰を下り、コル付近からシリセツナイ山への登りで撮影
f0138096_18114158.jpg
途中の小さな雪庇の上に立つM夫人
f0138096_18114484.jpg
ピンクと緑色のテープがあるだけのシリセツナイ山頂上。樹木のために展望が利かない
f0138096_18114701.jpg
頂上でマスクをしたM夫人
f0138096_18120046.jpg
頂上から支笏湖小学校裏に続く尾根を下る
f0138096_18120306.jpg
下った先は、支笏湖温泉街の郵便局と駐在所の間に出る。郵便局の屋根のつららが凄い
f0138096_18120619.jpg
途中はしょって、モラップ山の急な尾根を登る
f0138096_18120961.jpg
コル部分に出た。奥に支笏湖が見える
f0138096_18121248.jpg
支笏湖を右手に見ながら頂上までもう少し
f0138096_18121530.jpg
広い頂上に到着。新しい標識がつけられていた
f0138096_18123757.jpg
f0138096_18124063.jpg
すぐ近くに古い標識がある
f0138096_18124348.jpg
f0138096_18124602.jpg
モラップ山の頂上でM夫人からいただいた(バレンタインデー)チョコ
f0138096_18124952.jpg
悪天だしこんなマイナーな山だから誰にも会わないと思っていたところ、千歳在住のヤマッパーさんとスライド。明日のための下見登山とか
f0138096_18125316.jpg
無事下山。写真の上でクリックすると大きくなります。オリンパスの防水カメラTG-850で撮影

by tarumae-yama | 2018-02-11 00:31 | 登山 | Comments(6)