2017年 11月 05日 ( 1 )

樽前山、2017.11.4

珍しくお菓子の頂き物が続き、この2日間で体重が2kg増えてしまった(^_^;)
それで、雲の多い天気ではあったけれど、ダイエット目的で樽前山へ。

雲が多いどころか、お花畑コースに進むと風こそ弱かったものの雪が降ってきた。
それが、稜線に上がると一転強風になった。
雪がその強風に乗ってつぶてのように顔に当たり、冷たさと同時に痛さを感じるほどだった。

稜線上には一部吹きだまりもあったけれど、今日は新しいスパイク長靴で大正解。
これから一番の難所になる、東山コース外輪山分岐までのトラバース部分も、底のピンが良く効いて不安はなかった。
だが、この区間は、雪質の状況次第ではアイゼンなしは危険かも。

もっとも、樽前山のゲートは、今年11月13日11時をもって冬期閉鎖に入るそうだから、それ以降樽前山に向かう登山者は初心者ではないと思うので、余計な心配かも知れない。

なお、苫小牧市役所のHPにはゲートの閉鎖についてまだ掲載されていないけれど、ヒュッテの管理人さんに直接聞いた話である。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_22372144.jpg
正面に932m峰
f0138096_22374794.jpg
雪化粧をした東山斜面、お花畑コースから
f0138096_22375381.jpg
苔も寒そう。奥に風不死岳。本当は風不死岳に登るつもりだったのだが、雲がかかっていたため樽前山に転進
f0138096_22375883.jpg
つららの奥に溶岩ドーム
f0138096_22380861.jpg
932m峰の尾根でソロの女性とスライド。苫小牧のNさんとか。ゲート閉鎖のことは承知していて今日が今年最後の樽前山だと
f0138096_22381180.jpg
珊瑚のよう。932m峰頂上にて
f0138096_22381550.jpg
f0138096_22382167.jpg
カップルの登山者は楓沢からやってきたと。奥に932m峰
f0138096_22383712.jpg
中央に西山が小さく見える
f0138096_22384117.jpg
左上に西山
f0138096_22384852.jpg
f0138096_22385373.jpg
支笏湖が霞んでいる
f0138096_22390423.jpg
雪雲の来襲でドームも見えず
f0138096_22390955.jpg
外輪山分岐までのこの区間は、雪が登山道を覆い斜度もきついので難所だが、まだ雪が柔らか目だった
f0138096_22391300.jpg
苫小牧市街。港の船も見える
f0138096_22391939.jpg
f0138096_22392471.jpg
f0138096_22393064.jpg
7合目の展望台。日が差してきて支笏湖ブルーが見られた


by tarumae-yama | 2017-11-05 07:57 | 樽前山 | Comments(4)