人気ブログランキング |

2016年 12月 08日 ( 2 )

恵庭岳、12月8日-速報版-

同じ千歳在住のizumisawaさんからメールが来て、今月山に行ける日が書かれていた。
以前にもブログで紹介したけれど、夏は忙しい彼とは冬季限定?の山友。

早速、izumisawaさんとはFacebook繋がりのOBATAさんに休みの日を連絡して、都合のつく日に一緒しましょうとメールを出した。
他にSさんとH原さんにも。

その結果、皆さん8日が都合がつくとのことで、今日の恵庭岳が実現した。

Sさんとizumisawaさんは、昨年2月12日にOBATAさんと恵庭岳に登っているし、H原さんは、今年5月2日に漁岳でOBATAさんと一緒しているから、彼女には全員顔見知りである。
もっとも、私を含め同行者がOBATAさんと登るのは随分久しぶりと言えるかも知れない。

山報告は後日と言う事で、とりあえず速報版として写真を5枚アップした。
恵庭岳、12月8日-速報版-_f0138096_1831545.jpg

H原さんを先頭に、Sさん、izumisawaさん、OBATAさん
恵庭岳、12月8日-速報版-_f0138096_1832828.jpg

第1見晴台で、雪が降っている
恵庭岳、12月8日-速報版-_f0138096_1834326.jpg

第2見晴台の近く
恵庭岳、12月8日-速報版-_f0138096_1835285.jpg

同上
恵庭岳、12月8日-速報版-_f0138096_184480.jpg

第2見晴台到着。気温-11℃、強風で雪煙が舞う。奥に頂上岩塔
by tarumae-yama | 2016-12-08 18:10 | 北海道100名山 | Comments(4)

有珠山、12月3日-その2-

オガリ山から有珠新山へは稜線歩きだが、左側は火口へ切れ落ちているからあまり縁を歩く訳には行かない。
だが、前方に広がる景色は素晴らしい。

有珠新山の頂上はなだらかで女性的だが、小有珠から眺めると斜面から迫力のある噴煙が出ていて、荒々しくも実にダイナミックな印象を受ける。
そして、小有珠自体も火山の息吹を肌で感じられるような魅力がある。

小有珠から林道への下り方は、尾根の斜度とショートカットを考え、各自の技量が試されるようで面白い。

山行記録
オガリ山12:22→有珠新山12:42→小有珠13:28→ゲート前14:40
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20521752.jpg

オガリ山から前方の有珠新山へ。眼前に展開する景色が素晴らしい
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20522895.jpg

中央に小有珠。その上に西山。左手に太平洋が広がる
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20523746.jpg

有珠新山から小有珠へ
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20524758.jpg

有珠新山から急斜面を下りて小有珠へ。中央右に北屏風山
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20525525.jpg

有珠新山の荒々しい急斜面を下りるUさんと後ろにM夫人
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_205332.jpg

小有珠への登りに入った。後ろに噴煙を上げる有珠新山の斜面
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20531262.jpg

小有珠に向かう途中の岩の上で記念写真
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20532058.jpg

後ろに有珠新山
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20532917.jpg

有珠新山の斜面
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20534193.jpg

大きなザックを担ぐ姿は亀のようだと言われたM夫人。乗っている岩は羊の顔に見える?
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20535340.jpg

バックに有珠新山
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_2054280.jpg

有珠山、12月3日-その2-_f0138096_2054139.jpg

奥に室蘭岳が見える
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20542289.jpg

小有珠の頂上に到着
有珠山、12月3日-その2-_f0138096_20543053.jpg

小有珠の頂上のM夫妻

by tarumae-yama | 2016-12-08 07:04 | 北海道100名山 | Comments(0)