人気ブログランキング |

2016年 03月 16日 ( 2 )

あの日から一月

妻が逝って今日で丁度一月が経つ。

家で涙することは少なくなって来たものの、生身の妻にもう一度逢いたい!という気持は募る一方だ。
例え病に伏していても体温を感じ、願わくば笑顔を見たい、と。

偶然の一致なのか、今日仏壇が届いた。
妻の希望どおり、家具調の明るい色合いだから気に入ってくれたなら嬉しい。
 あの日から一月_f0138096_1326463.jpg

仏具もセットしてもらいとりあえず1枚。パンが好きだった妻には明日からご飯ではなくパンを供えようと思う
 あの日から一月_f0138096_13261286.jpg

KOKIAの「ありがとう」のCDを注文したとブログに書いたけれど、CDが届いたのが逝く前日の夜だったため、妻に聴かせることが出来なかった。月命日の今朝、臨終の8時40分の前に届くよう、妻の携帯に「ありがとう!!」とメールした。妻にメールするのは退職以来初めての事で、四十九日が済めば妻の携帯を解約しようと思う。
写真は、KOKIAの実姉のバイオリニスト吉田恭子のCDを山友のN君が届けてくれたもの。これから毎晩じっくり書かせてもらおうと思う
 あの日から一月_f0138096_13262516.jpg

同じ市内に住む幼友達が夫人を伴い、たびたび花や総菜などを持って顔を見せてくれる。有り難くも嬉しい。
先日、彼が自ら捏ねた蕎麦を食べに来てとのことで、昼食をご馳走になりに行ってきた。息子さん達と一緒でお喋りも肴にとても美味しかった。友人宅で撮影
by tarumae-yama | 2016-03-16 13:59 | 登山 | Comments(6)

イチャンコッペ山、3月14日

2月8日に5名で登った樽前山以来、山から遠ざかっているという山友のれいこさん。
前日に紋別岳から幌平山への縦走登山をしたばかりだが、ご一緒する事に。
今回はなぜか同行者を得られず、写真の中の妻と3人でのイチャンコッペ山だった。

支笏湖や奥の風不死岳、樽前山は霞んでいたけれど、青空が広がり風も穏やかでのんびり歩きが心地良かった。
とは言うものの、前日の縦走途中ではイチャンコッペ山方面に沢山のトレースを見ていたのに、その後の新雪が踏み跡をかなり消していた。
まあ、ラッセルと言うほどではなかったけれど、重めの雪質で帰宅後どっと疲れが出た。

写真の上でクリックすると大きくなります。
イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12223929.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12224928.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12225972.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_1223713.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12231637.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_1223244.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12233390.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12234264.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12235233.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_1224620.jpg

イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_1224167.jpg
イチャンコッペ山、3月14日_f0138096_12355770.jpg

唯一スライドした札幌からのSさん、Mさん
by tarumae-yama | 2016-03-16 07:04 | 登山 | Comments(0)