人気ブログランキング |

2015年 10月 10日 ( 2 )

風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日

今朝385回目の恵庭岳を目指したSさんから、風倒木のあまりの多さに5合目で引き返したというメールを受け取った。
3合目辺りで倒木を巻いたときに登山道を見失ったと言うから、新しい登山ルートを使い年内に400回達成を目指し、これからペースを加速するつもりがすっかり水を差された様子で、今年はもう諦めたとの事。

今回、恵庭岳には小樽からの6名パーティーの他に、やはり倒木のためゲートが閉まっていて樽前山から転進したソロの男性がいたとのことだが、皆さんはもっと手前で諦めたらしい。

今日は昼から紅葉の具合を見に樽前山に登るつもりだった。
Sさんのメールと電話で樽前山も登れないと分かったけれど、それでも倒木の様子などを撮ろうと出かけ、ゲートを越え歩き出して間もなくソロの女性が下りてきた。
状況を聞くと、30分ほど歩いたところで業者が倒木の処理をしていて、そこから引き返したとのこと。
重機まで入っていたそうだから、樽前山はこの連休中にも通行出来るようになるのかも知れない。

まあこれは登山者のためと言うより、ヒュッテ(に泊まり込み)の管理人さんが、噴火など万が一の際スムーズに避難できるようにするための緊急出動処理なのだと思う。

今樽前山は紅葉のピークだと思うけれど、7合目の駐車場まで通行出来るかは、苫小牧市役所のHPで確認してから出かけるのがよろしいかと。

ソロの女性から話を聞いた私はそうそうに引き返し、登れる可能性がある紋別岳へ向かった。
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_1749382.jpg

倒木の奥に樽前山から転進したソロの男性が写っている
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17495927.jpg

風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17501496.jpg

風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_1750282.jpg

風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17504593.jpg

風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17505753.jpg

小樽からの6名パーティー。イチャンコッペ山の駐車場から藪漕ぎをして大岩の上の登山道まで大変な思いをしてやって来たらしいが、下山中のSさんから登るのは難しいと言われ、一緒に沢を使って国道に出たそうだ。このあとイチャンコッペ山に向かったらしい。私のブログにパーティーの写真を載せることはSさんが了解を取ってくれたとのこと。上の6枚は全てSさんが10月10日恵庭岳で撮影したもの
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_1751242.jpg

樽前山へのゲートは閉まっている。10月10日13時過ぎの撮影
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17513540.jpg

ゲートのすぐ奥の処理された倒木
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17514451.jpg

歩き出してすぐにスライドしたソロの女性。遠く滝川からやって来て登れないのは残念という事で一緒に紋別岳へ
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_1751523.jpg

紋別岳もゲートのすぐ先に処理された倒木があったけれど、後は頂上まで全く問題なし
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_1752024.jpg

転身組を含め沢山の登山者とスライドしたが、最後のパーティーに何となっちさん(右から2番目)がいた。やはり樽前山から転進したと。左端は滝川からのCさん
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_175281.jpg

昨年12月21日イチャンコッペ山でお会いしたときの写真。左端がなっちさん
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17521551.jpg

黄葉している紋別岳の登山道、滝川のCさんを入れて
風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日_f0138096_17522479.jpg

紋別岳の頂上から逆光の支笏湖

by tarumae-yama | 2015-10-10 18:16 | 登山 | Comments(14)

恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-

風もなく暖かな西峰からの素晴らしい眺望に、何時までも留まっていたかったけれど、そうもいかず我々は後ろ髪を引かれる思いで下山開始。

途中、1,2ヶ所鹿道に引っ張られそうになったものの、すぐに修正しルンゼまでは20分で戻った。
ルンゼでザックから昼食だけ取りだし、本峰の頂上で景色を肴におにぎりをぱくついた。

眼の良いSさんが、中山峠を走行する車が見えると言う。
なるほど目を凝らすと、白い車が札幌方面に向かうのが見えた。
もちろん、無意根山も余市岳もクッキリだが、欲を言えば冠雪しているところを観たかった。

昼食後は体力も回復し、ノンストップで新しいルートとの合流点へ下山。
合流点から駐車場までは沢と作業道への登りだが、距離が短く傾斜も緩やかなので引き続き快調に歩けた。

今回のコースは、工事関係者に一切迷惑をかけないルートの上、想像以上に歩きやすく面白かった。
積雪状態になるまであと2,3回は来たいと思う。

山行記録
恵庭岳西峰10:40→ルンゼ11:00~11:10→本峰11:20~11:45(昼食)→第2見晴台12:01→第1見晴台12:17→沢との合流点13:06→駐車帯13:25

写真の上でクリックすると大きくなります。
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2011752.jpg

中央左の本峰を目指し下山開始
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2013567.jpg

細尾根上のナナカマドの実を入れて
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_201439.jpg

荒々しい本峰の頂上岩塔
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2015125.jpg

不安定な細尾根を下るSさん
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2015921.jpg

支笏湖ブルーが綺麗!
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_202797.jpg

この角度から見ると西峰のオコタンペ湖側はスパッと切れ落ちているのが分かる
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2021522.jpg

木のアーチをくぐって正面左側の本峰へ
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_202238.jpg

緊張の細尾根を越えルンゼに戻って来た。バックに風不死岳と重なるように樽前山
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2023032.jpg

本峰頂上直下から中央に紋別岳
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2023733.jpg

頂上岩塔のロープ場から正面に半時間前までいた西峰
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2024524.jpg

7月に新しく設置された頂上のロープを入れて
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2025325.jpg

写真撮影中のSさん
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_203259.jpg

頂上から、第2見晴台の下に広がる黄葉。右端に砂防ダムの建設現場が見える
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_21244320.jpg

上の建設現場をアップで。中央右に丸駒橋(黄色い円内)が見える。橋の上流側(赤丸内)と下流側でも工事中
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2032093.jpg

下山しようとする頂上のSさん
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_2032934.jpg

下山中、登り下り専用ロープ場近くの紅葉
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_204896.jpg

第1見晴台からの眺望
 恵庭岳、10月7日-西峰から下山編-_f0138096_204177.jpg

ピンクテープの木をくぐってすぐ左折すると新しいルートの沢に入る。工事現場(4枚上の写真の赤丸)が目の前にある
by tarumae-yama | 2015-10-10 07:23 | 北海道100名山 | Comments(0)